脱出ポッドの創作 その4


脱出ポッドボディ後部の創作を始めました。

中央の白い大きなパーツは【エアフィックス 1/144 アポロ サターンV】です。そしてそれに付くチャコールグレーの小さなパーツは

【ハセガワ 1/700 アメリカ海軍 航空母艦エセックス】です。このキットは昨年4月に投稿しました『タイ・アドバンストX1 パーツ解析 その5』の記事内で紹介しています。

つまりこの時から漠然とではありますが、既に脱出ポッドの創作を考えていたのです。

 

さて、早々にパーツの幾つかを取り付けましたが、この作業は一旦これで終わりです。と言うのも次に取り付けるパーツを私が持っていないからです。笑

ピンクで示したパーツ。ボディ後部を構成するパーツの中で最も重要とも言えるこの大きなパーツは【オーロラ 1/93 シーラボIII】です。

これはもはや伝説と化しているキットですね。過去にヤフオクに出品されたことがありますが5万円で落札されています。勿論私は持っていません!

レジンの複製キットが現在販売されていて、金銭的に頑張れば手が出せる価格ではありますが私は頑張ることが出来ません。笑 なので頑張って自作することを選択しました。

幸いにも「Escape pod」で画像検索すると、沢山のこのパーツ画像を見付けることが出来ました。そこから形状やサイズを割り出しました。

当初1つを精巧に作り、それを複製する考えでいました。ただ最初の1つの完成度がイマイチで、もう1つを作ってみたらそれもイマイチで。笑

それで3つ目を作っている時点でもう複製する気も無くなりまして。4つ全てを作り終えて改めて見てみたら、自分で言うのも何ですが、これが中々どれもまぁいい出来だったのです。笑笑

 

そして次に自作したのがこのパーツです。

この画像からは正確なパーツの形状が見えませんね。このパーツは新しく出来た海外の友人から教えてもらいました。

【MAX 1/35 M1-A2 155mm 榴弾砲】です。こんなキット、人に教えてもらわない限り自力で見付けることなんて不可能でした。ネット検索したところ確かにありました。

 

このキット。上の外箱の画像からして海外の物のように見えますよね。ところが今回この記事を書く為に調べてみたら、このキットは日本製でした。

1970年代初頭に誕生し消えていった幻の模型メーカーMAX社。驚くことにあの日本アニメ界の巨匠大塚康生さんが企画部長をされいたそうです。何者なんだ大塚さんて!? 笑

ただここで疑問に思ったことは、こんな無名のメーカーのキットを何故ILMのスタッフは手に入れることが出来たのか。70年代後半にアメリカ国内に流通していたとは思えません。

さらに調べてみたらその謎が解けました。MAX倒産後その社の金型の幾つかは海外に渡ったようです。ILMのスタッフが手にしたのは多分このキットだと思われます。

 

で、このキットも私は持っていませんので自作しました。沢山ある手持ちのキットの中から、サイズに合った大小のドーナツ状のパーツを見つけ、無理矢理合体させました。

丁度これを作っている時に、偶然にもマックス社のキットがヤフオクに出品されました。どうしようかと迷ったのですが、自作したパーツがこれまたいい出来でしたので入札するのは辞めました。

 

と言うことで、何だか今回の記事は自画自賛ばかりしていますね。笑 改めてボディ後部のパーツを解析すると持っていないパーツばかりで、しばらくパーツの自作が続きます。

ではまた。

“脱出ポッドの創作 その4” への3件の返信

  1. お世話さまです。

    出だしは馴染みのあるキットでしたが、途端に入手困難なキットが登場しましたね。

    SEALABⅢの部品ですが、ネット画像の解析と再現度は流石ですね。
    ただ、当方の手持ちの部品と形状が異なるようです。生産時期の差異か解釈の違いか判りませんが、参考に画像を添付します。

    それと、マックス模型はモデルグラフィックス誌創刊号と2018年に刊行されたホビージャパン・ビンテージ誌に記事が掲載されていました。それでもマックス模型の顛末には不明瞭な点が多く、1970年代に米国で販売されたキットがエアフィックスかイタレリかピアレスか判りません。
    現在、金型はイタレリが保有していて、AT-STにはロケット弾発射器・ネーベルヴェルファーが使用されていたので、牽引車のシュタイアーRSOもAT-ATなどに部品が使用されているかもしれませんね。

    それでは!!

  2. スミマセン、SEALABⅢの部品形状の件、貼付画像上段の部品と勘違いしていました。
    お騒がせして申し訳ありません。
    尚、左側の部品番号が2と2Aで右側が3と3Aになります。

    また、同部品に載っているボタン状の部品は恐らくコレではないかと、併せて画像を貼付します。

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      ありがとうございます。色んな情報をお持ちで、とても参考になります。

      私のSEALABⅢもどきのパーツはネットの画像から採寸した物ですので、
      実物をお持ちの方の目で見たらきっと色々ツッコミどころがあるに違いありませんね。
      こいつの出来栄えはもう完成度70%の範囲内と言うことで、既に自分なりに折り合いを付けております。笑

      それから下の画像のボタン状の物はM8 Munitions Carrierのパーツですね。
      これも自作を考えていましたので、今回鮮明な形状とサイズを知ることが出来て大助かりです。ありがとうございます。
      但しこれを忠実に再現するのは中々難しそうですね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。