排気ダクト 創作その2

悪戦苦闘しています。

前回の記事で専用のヤスリを作って整形(「成形」ではなく「整形」の方が意味が近い気がします)を進めていたのですが、これがどうにもうまくいかないのです。汗

ヤスリもいくつか追加しました。

私が拘っているのは(自分で勝手に拘っているだけですけど)この、テーパーの角度が変わるこのライン。

折角自分で作るのですからDeAGOファルコンのパーツにはないこのラインをどうしても表現したかったのです。

だのにどうしてもこのラインが綺麗に出てくれないのです。

その原因が、外周の上辺下辺それぞれが同心円になっていないからだと言うことは理解しているのです。前回プラ板をリンク状に切り出して重ねた際に微妙に中心がズレていたのでしょう。なんせ目測で貼り合わせただけですからね。

それでも整形を繰り返せばなんとかなるだろうと考えていました。しかしフリーハンドの限界を知った私は結局また旋盤に戻ることにしました。

「旋盤」よりも「ろくろ」と呼んだ方がしっくりきますね。

今回は切削ではなく紙ヤスリによる整形作業なので削りカスや掃除機の騒音の問題はありません。紙ヤスリに付けた水の飛沫だけは注意しましたけど。

但しこの方法でも問題の解決にはなりませんでした。冷静に考えれば、これでは表面は綺麗にはなりますが同心円のズレは直りませんよね。

で、最後に辿り着いた方法がこれです。

突貫作業で作ったこのゲージを見ていただくと私のヤケクソ感がどれだけのものだったか分かってもらえると思います。笑

でも、ちゃんとカッターの刃を貼り付けてゲージのエッジが擦り減らないようにしている所が偉いでしょ。

そしてこれが救世主になってくれました!

このゲージにタミヤパテを盛り付けて指でろくろを回転させることで、盛り付けと削り出しの作業が同時に行え、あっと言う間に出来てくれました。

「この方法に辿り着くまで長かったなー。そして辿り着いてからは早かったなー」と言うのが私の今の感想です。笑

で、私が拘ったこのラインも綺麗に出てくれました。

このくだりに何日も掛けて長く引っ張りまして申し訳ありませんでした。

どうか、今日のこの画像が前回の記事の最後の画像と全く違わないじゃないか!と言うツッコミはご遠慮ください。笑

 

ところでところで。

昨年末に購入ボタンをポチっと押した品々が、遥か太平洋を越えてやっと我が家に届きました。これらのキットの紹介もしたいと思っていますが、それはまた別の機会にします。

排気口ダクト 創作その1

新年を迎えて早半月が経とうとしています。皆さん、ご無沙汰していました。やっとフリーの休日ができました。

今回からマンダラの解析と創作をスタートさせようと考えていたのですが、自分の中で前から気になっている案件がありました。排気口ダクトの創作です。

これをまず完成させないと先に進めないように気がして、「次の休みにはこれを作るぞ!」と決めていました。

 

先に結論を書きますと、かなり手こずっています!

この記事ももっと早い時間に投稿しようと考えいたのですが、こんなに遅くなってしまいました。で、完成したのかと言うとまだ今日1日では完成しませんでした。仕方がないので今日の記事では途中経過を書きます。

そもそも記事タイトルに「その1」と書いている時点で完成していないのはバレバレですけど。笑

 

今日までにどの様な方法で排気口ダクトを創作するかをあれこれ考えていました。それは3Dプリンターでの出力やレーザーカッターを使用する等のデジタルな発想では全く無く、プラ板を重ねて作る積層法か、ペーパークラフトの様に展開図を引いて組み立てる方法か、はたまた旋盤による創作かなど超アナログな発想です。笑
因みに旋盤とはこれです。「旋盤」なんて偉そうに書いていますがただ単に小型扇風機をバラして作った簡単な物です。
手前にあるのは掃除機のノズルです。この方法の最大の難点は削る時に出る音と掃除機の音が半端無くうるさいことです。それと中心をドーナツの様に刳り抜こうと考えるとこの方法ではダメだと気付き早々に辞めてしまいました。

 

展開図を引いてもみましたが、これをプラ板で組み立てるとなると紙のように簡単には出来そうにないと気付きました。(早く気付けよ!)

裁縫の型紙の様にこの展開図をプリントアウトし、それをガイドにしてプラ板をカットしようと考えたのですが、この様な組み立て作業ではプラ板の厚みがネックになるんですよね。紙のように簡単に曲がってもくれないし。

で、落ち着いたのが積層法です。なかなか地味で手の掛かる作業なのですが複製する際にも形崩れしない強固な物が作れると判断しました。

 

以前引いた排気ダクトの図面から使用するプラ板の厚さや外周の直径を割り出し、1つ1つサークルカッターを使ってプラ板から切り出しました。あー指先が痛い。汗

これを重ねて排気ダクトのベースを作りました。正確に採寸したつもりでいましたが、こうして接写画像を見てみると明らかに不揃いで雑ですね。

これが手作業の限界です。但しILM スタッフがかつてSW 旧3部作で撮影モデルを製作していた当時も当然3Dプリンター等無かった訳で、今の私がやっていることあまり違いは無いでしょう。実際ネットの画像で見られるESBファルコンの排気口ダクトはかなりゆるい作りで、eBay等で見る3Dパーツ等は形が返って正確で整い過ぎている気がします。

とまぁ、長々と綺麗に作れない言い訳と正当性を書き綴るのは程々にして先に進みましょう。笑

 

このパーツの外周にタミヤパテを何回かに分けてスパチュラで盛り付けていきました。デコレーションケーキに生クリームを塗る様な要領です。

この場合はプリエステルパテを使うべきなのでしょうが、久しぶりに使おうと引き出しから取り出してみたら永年劣化でカチカチになっていました。笑

そしてこれが今回の創作のポイント。排気口ダクトのテーパー部分の形を整える為に作った専用のヤスリです。

この画像では何なのかよく分かりませんね。これをこの様にして形を整えていきます。側面に紙ヤスリを貼っています。

と!ここまではある程度考えていた通り順調に進んでいたのですが、ここから綺麗な面出しが出来ずに苦労しています。汗

このヤスリもこの後改良を重ね、パテを塗っては削り、サーフェイサーを吹いては削りの繰り返しです。

今日中に完成させて自慢気に画像をアップさせることを考えていたのですが諦めました。納得がいくまでこの作業をもう少し繰り返すつもりです。

ではまた。続く。

マンダラ 解析と創作その4

マンダラのパーツ解析と創作をすると予告してから随分日にちが経ちましたね。早く本腰を入れてスタートしないとそろそろ皆さんから『マンダラヤルヤル詐欺』と言われてしまいそうです。汗

ですのでここで少し「ちゃんと準備は進めてますよ」と言う証拠の画像をお見せしておきます。

これは「週刊ミレニアムファルコン」のパッケージを加工して作った簡単なパーツ収集トレーです。これに「週刊ミレニアムファルコン」の創刊号に付いていた平面図(スキャナーで一度取り込み色変換した後プリントアウトしています)を置き、その上から弱粘両面テープを貼ってパーツの付け外しが出来るようにしています。

このトレーに見つけたパーツをペタペタと貼っている時が堪らなく楽しい!(あっいや、大丈夫です。変なオジさんでは決してないですよ。)

 

他にもこんなにあります。普段は場所を取らない様に重ねています。

見た目が随分悪いトレーですが、いずれパーツの付け替え作業が進めば不要になって捨てるだけの物なのでお金を掛けずに作りました。見た目に反して中身はとても高価なものですよ。笑

 

さてさてそれでは次に、昨年末にコメントをいただいてましたこの四角いパーツについてお話します。

見れば見るほどただの四角ですね。笑

こんな特徴のない単純な形の物が逆に見つけ難いんですよね。ですのでせめてサイズだけでも把握しようと少し回りくどいことをしてみました。

この四角いパーツのすぐ横にある【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】の起動輪のサイズを測ります。尚、このパーツは外周にあった歯を全て切り落としています。

この起動輪のサイズを基に四角いパーツのサイズを測ってみました。

これで四角いパーツのサイズが分かりました。2つの画像でパーツの一辺のサイズが違いますが、これはあくまでおおよそのサイズですので気にしません。

それよりもこちらの方が気になります。ただの立方体だと思っていたら上面の形が僅かに台形になっています。ですがこれで逆にこのパーツに特徴が見つかりました。

それと海外のモデラーの方がフルスクラッチされている画像を見ると、このパーツの成形色が薄いグレーであることも分かりました。これはタミヤのウォーターラインシリーズのキットによくある色です。これらの特徴とサイズを考慮してパーツ探しをしてみました。

そして見つけたのがこのパーツです。

【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】のパーツ27と28です。サイズ形はぴったりです。そしてこのパーツには大きな凹みがありことが分かります。それでもう一度、別角度からの画像を探して確認してみました。

するとありました。凹みが。起動輪とフンクワーゲンのメッシュ枠の陰になってこの凹みに今まで気付きませんでした。

 

このパーツは私にとっても最後まで解析できていない物でしたので、これでスッキリしました。多分これでマンダラのパーツは全て分かったのかな?きっと。

ただ、解析が済んでもまだ手に入れることができていないパーツがいくつかあります。まぁそれを踏えまして、そろそろスタートいたします。今しばらくお待ちください。

2018年 あけましておめでとうございます。

2018年が明けて既に1週間が過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

きっと多くの方が、年末年始の休み明けからのこの3連休をゆっくりと過ごされているのでしょうね。

なんだかんだと忙しい日々を送っている私としては羨ましい限りです。いやいや、本当は忙しいことに感謝しなくてはいけないのですが。

と、新年からグチっぽい書き出しになってしまいました。ごめんなさい。

私の年末年始は年賀状を書く暇も無い程に慌ただしい毎日でした。と言いたいところですが、よくよく考えれば「最後のジェダイ」を2回も観に行く暇があったのですからそれは単なる勘違いでしかありません。

相変わらず前書きが長くて申し訳ありません。

 

では今年最初の投稿は、唐突ですがこのキットの紹介をします。じゃーん!

【エアフィックス 1/144 アポロ サターンV】です!

実はこのキットはまだ手に入れていなかったので、昨年末に自分自身へのクリスマスプレゼントとして近所の模型屋さんで購入しました。

「ネットで買った方がお得では」と考える方も多いと思いますが、送料やキットの状態、そしてプレミア価格等を考えれば、店頭で定価で購入することは決して損な買い物ではありません。

それにそもそも私は考えが古いのか、ネットショッピングがどうにも好きではありません。

購入ボタンを押してからその商品が届くまでのあのタイムラグが嫌いです。その商品を手に入れた喜びをどの時点で感じていいのかがはっきりしません。

更にカード決済の場合は、商品は手に入れているのにまだお金を支払っていない状況がなんとも気持ち悪くて嫌いです。

 

と、いつまでこの無駄話は続くのかと思われていますね。ごめんなさい。本題に戻ります。

同じアイテムで【モノグラム】からリリースされているキットがありますが、こちらはまた違う造形のようで、比較すると面白そうなのですがあいにく私は持っていません。

ネットの画像を拾って掲載させていただくと、細部の処理は【エアフィックス】のキットの方がいいようですね。

左が【モノグラム】、右が【エアフィックス】です。ロケット本体の形状に関しては違いが分かりません。

【モノグラム】のキットは「新たなる希望」のYウイングに使われていると、以前に紹介した82年6月号のホビージャパン「そしてまたSTAR WARS」特集の中で書かれいますので、私の頭の中には「新たなる希望」は【モノグラム】、「帝国の逆襲」は【エアフィックス】と言う考えがずっと昔からあります。

撮影用モデルの製作時期が違うので、その時にILMスタッフが揃えた市販模型の種類も違っていたのでしょう。と!思っていたのですが、今回この記事を書く為に軽く検証してみるとそうとも言えなくなりました。

Yウイングの画像が掲載されている『スター・ウォーズ・クロニクル ビークル編』のページに直接【エアフィックス】のパーツを置いて見比べてもみても、これが【モノグラム】の物なのかその違いが分かりません。

パーツ上部にあるスリットのモールドの向きが、ロケット本体の中心から変わっている様子は完全に【エアフィックス】の物と一致するのですが。

 

話が初めから脱線していますね。これ以上の検証は辞めにしてこのキットのパーツがESBファルコンのどこに使われているかを書いていきます。(私のブログでキットを主体にしたパーツ解析は初めてですね)。

マンダラではこの2つ。

バーニアのこの部分は、他の方のブログで既に紹介されているようにシンメトリーではなく、同じ向きの物が使われています。

このパンサーのキットのお尻に付くサターンVの先端部分は複製をしないとキットのままでは足りません。

 

マンダラの他にもレクテナ・ディッシュの中央部に使われています。

ただ下の2つの画像を見比べるとダボ穴の形状が微妙に違って見えるのですが… 皆さんのご意見はいかがですか?

金型が改修されたとの情報もありますが、これは旧版のキットを確認しないと答えが出せません。

そして最後はこちら。あまり目立ちませんが下面後方のこの部分に小さいバーニアが使われているようです。

 

正直な話、これらのパーツであればどれも複製するのはそんなに難しい作業ではありませんので、シリコンで型取りをした後にキット自体は転売することも考えられるのですが私はそれはしません。

その理由は以前にも少し書きましたが、撮影用モデルサイズのAT-ATを創作するためにこのサターンVの胴体が必要なのです。

この計画はまだまだ先の話ですが、いつか叶えるために大事に持っておくことにします。(デカくて邪魔ですけど)。

 

因みに画像はAT-ATの腹部のパーツで、【サターンV】の白いドーム型のパーツの上に【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のホイルが付き、更にその上に【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦 フッド】の煙突パーツが付くと、この様に簡単にこの箇所のディテールが完成します。

 

AT-ATとESBファルコンは製作時期が同じである為、使われているキットの多くが同じで、且つパーツのかぶりは少ないのです。

ですのでAT-ATの創作は、DeAGOファルコン用に購入したキットの残ったパーツの再利用にもなり、とてもエコだと言えます。笑

 

と、新年最初の投稿なのに読み返してみるとファルコンに関して何も新しいことを語っていないですねー。

こんな調子で今年もやっていきます。どうぞよろしくお願いします。それでは最後に締めの一言を申し上げて終わりにしたいと思います。

「このファルコン。今年中には完成しません‼︎」笑笑