マンダラ 解析と創作その3(追記)

昨日のブログが今年最後の更新だと判断し、年末の挨拶をさせていただきましたが、まだまだ続きます。笑

私の問い掛けに沢山の方々が応えてこださり、とても嬉しく思います。

ありがとうございました。

一人でパーツとにらめっこをしていた時とは全く違う今のを状況が嬉しくて嬉しくて。もっと早くブログを始めていればよかったと思っています。

 

皆さんからいただいた答えは【タミヤ 1/35 アメリカ陸軍M551シェリダン空挺戦車】でした。キットの正式名称が長いので【M551シェリダン】としましょう。

いやー持っていました。【M551シェリダン】のキット。それなのに全く気付いていませんでした。私の目は節穴でした。

こうして並べてみると【4連装高射機関砲38型】のパーツとは大きさが随分違いますね。ネットの接写画像ばかりを見ているとスケール感が分からなくなりますよね。実際のパーツを目にした時「小っさ!!」と驚いたことが幾度もあります。

 

すっきりしました〜。これで年が越せます。(とは大袈裟過ぎますね)。

ではまた!

 

あ、サーバーの調子がおかしくて、コメントをくださった皆さんにご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした。

それから【タイレル フォード F-1】の記事がtaraさんとアントマンさんのブログの内容とそれぞれカブってしまい、こちらも申し訳ありませんでした。

【タイレル フォード F-1】のキットとパーツについて

もしかしたら今年最後の投稿になるかも知れませんので、まだまだ書いていきましょう!(でも時間的にこれが最後の投稿でしょうか)。

先日、taraさんのブログ「taraの憩いの部屋」で【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のキットについて書かれた記事を拝見し、私の持っているキットも見ていただきたいと思いました。

taraさんがブログで掲載されている画像とほぼ同じで笑ってしまいますが、これが私の持っている【タイレル フォード F-1】のキットです。昨年近所の模型屋さんで見つけて購入しました。

右の画像にある「©︎1973」の年号が何を表しているのか私は知りません。住所は「恩田原」。本体価格は7,000円でした。(10%値引きされていました)。

お店のご主人が「エッチングパーツが付いていない分お得だよ〜。この金額じゃあもう買えないよ〜。」とおっしゃられていて、「ネットでは買えるよ〜」と心の中でツッコミを入れた覚えがあります。笑

デカール裏面の数字は「1994年11月製」ってことですか?英語表記の住所はまだ「OSHIKA」のままなんですけどね。そして説明書のイラストには四角いモールドは描かれていません。

以上が私の持っているキットですが、いかがでしょうか?

 

それではついでに、このパーツが流用されているESBファルコンの画像を見てみましょう。

この画像のパーツは、ピンクの矢印で示した四角いモールドが小さく、ブルーの矢印の凸の横ラインがキットの端まであります。これは【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のパーツの特徴です。

 

で、反対側も同じ【タイレル フォード F-1】のパーツが使われているのかと思いきや…

違いました。

四角いモールドが大きく、横のラインが途中で終わっています。

これはフォードエンジンを使用しているタミヤ 1/12スケールのF1キットにある共通のパーツです。多分この画像のパーツは「タイレルP34シックスホイーラー」か「J.P.S.Mk.Ⅲ ロータス78」の物だと思います。

 

て、ことで。もうこんな時間!

明日も仕事ですので、これで終わりにしたいと思います。

それでは皆さま良いお年を!

マンダラ 解析と創作その3

次に「マンダラ 解析と創作その2」で紹介しましたパーツの上に付くのがこの3つのパーツです。

①の2つは【エッシー 1/35 SD. KFZ. 10/4】のパーツです。海外のモデラーの方がこれを【タミヤ 1/35 20mm対空機関砲38型】のパーツと間違えられているのをよく目にします。

確かに似てはいますけど。

 

そして問題は②のパーツです。残念ながら私はこれが何のキットの物か未だ判明できていません。

海外の掲示板を拝見するとこれを【タミヤ 1/35 20mm4連装高射機関砲38型】のパーツとしている記事が多くあるのですが、私にはこれがどうしても同じ物に見えません

中央上部の丸いダボ穴らきし部分の形状の違いですとか、2本の足の部分が【4連装高射機関砲】は僅かにテーパーになっている所など。また、上の画像のピンクの円で囲った部分のディテールもこのパーツにはありません。

ご存知の方は是非ご一報くださいませ。

 

蛇足ですが、今回の記事で記載した【対空機関砲】と【4連装高射機関砲】は画数の多い漢字ばかりで、更にどちらも20mm38型なのが非常に紛らわしく、書いてる私もたまにどっちがどっちか分からなくなる時があります。

因みに【タミヤ 1/35 20mm対空機関砲38型】のキットは只今販売を休止しています。

マンダラ 解析と創作その2

ご無沙汰しています!

私のブログを気に留めてくださっている方々には本当に申し訳ない気持ちで日々を過ごしていました。学生さんや一般職の方々はもう冬休みですね。私の方は大晦日の夜までやるべき仕事がまだまだ列を成している状況です。汗

今日は今年最後のフリーの日です。年賀状を書くことはもうすっかり諦めてしまいましたので、最近気になっていたことを可能な限り書き綴っていこうと考えています。

 

「更地化」。最近知った言葉ですが正にそうですね。笑

このマンダラの更地化がこんなに骨の折れる作業だとは思いませんでした。まぁ確かにこのファルコンの中で一番大きなプレートですから仕方がないことではありますが。

ただこんな画像を何度も掲載していても楽しくありませんので、そろそろパーツの解析に本腰を入れていこうと思います。(最近海外の方にも読んでいただけている様ですが、例えばこの「本腰を入れる」と言う言葉はどう訳されるのでしょうね。笑)

 

先日BOBAさんからコメントをいただいたマンダラの中央部分、一番パーツが密集した「タガメ」と呼ばれる部分の更に中央部分。「木の扉」の様な形をした【タミヤ 1/35 マルダー1Aミラン】のパーツの下がどうなっているかが私もすごく気になっていましたので、まずのこの記事から書きます。

昨晩、the RPFに掲載されているいくつかの記事と、私が持っているESBファルコンのネット画像全てに目を通し、なんとかこの部分のパーツを見つけることが出来ました。

画像のダークイエローのパーツは、お馴染みの【タミヤ 1/35 20mm4連装高射機関砲38型】の物です。今回は他のパーツとの兼ね合い等を考え明るい成型色の物を選びました。正にSNS映えする色です。笑

非常に分かりづらいのですが、僅かに見えるピンクのラインで囲った部分の形状からこの部分のパーツが【4連装高射機関砲】であることは間違いありません。

Photoshopを使ってこのパーツをタガメに重ねてみました。

この画像から【4連装高射機関砲】のパーツと他のパーツとの位置関係が明確になり、どの部分をカットすれば良いのかが判断できます。

 

次はこのパーツ。

①【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16スカイクリーナー】

ピンクの部分がカットされています。

②【タミヤ 1/35 ドイツ ハノマーク兵員輸送車】

オレンジの部分は本来不要な部分なので切り取ってしまいがちなのですが、ESBファルコンではこれらもディテールの一部として使われることがとても多いですね。

これらを組み合わせた画像です。

先に書いた様に、the RPFに掲載されている記事とESBファルコンのネット画像から、下部に【4連装高射機関砲】のパーツが付くのも間違いないでしょう。このパーツは上部の厚みが非常に薄く、私は裏面の突起を削り落としている際にポキっと割ってしまいました。皆さんも加工の際はお気を付けください。

ひとまずこの部分は以上です。

今日中にもう少し投稿できそうです。また書きます。

質問にお答えします。(解る範囲で)その4

ご無沙汰しています。やっと今日は、ほんの少しですが記事を書く時間ができました。

私のブログにコメントをくださるアントマンさんが、自身のブログ「30年の「夢」をつくる!」で左舷連絡路下面のパーツに関する問いかけをされたいるのを拝見しました。

アントマンさんのブログに直接コメントをすればそれで済むことではあるのですが、ここで画像を添えてお話する方が分かりやすいのではと考え記事にさせていただきました。

 

まずはこちら。オレンジのラインで囲ったパーツは【タミヤ 1/35 チャーチル・クロコダイル戦車】の物です。参考にされている画像では少し飛び出た部分が別パーツの様に見えますがこれは1つのパーツです。

次はこちら。グリーンのラインで囲ったパーツも【チャーチル・クロコダイル】で、先に紹介しました上のパーツと同じランナーにあります。

元はこの様な形をしています。このパーツの上と横に「ハセガワ1/72 カール」のパーツが付きますね。

 

次のピンクで囲ったパーツですが、この箇所の形状はDeAGOファルコンのディテールがネットで見るESBファルコンの画像と大きく違っています。

私はネットの画像からこれを【タミヤ 1/35 ハノマーク兵員輸送車」のパーツと判断したのですがいかがでしょうか?(因みに右にある【エッシー】のベージュのパーツはただ横に添えているだけで正しい位置ではありません)。

 

最後にブルーのラインの箇所ですが、アントマンさんと同様にこのディテールが何のパーツの流用なのかがまだ分からないために、このプレートの解析と創作が中途半端な状態で止まっています。

分かり次第削り取ろうと考えていて、周辺のパーツはどれも仮止めの状態です。

実は私の机の上はこの様な投稿待ちのプレートで溢れていてゴチャゴチャしています。汗

ただ急げないの私の性分なので、皆さんどうか気長にお待ちくださいませ。笑