パーツの追加が出来ました。

ヨドバシカードのポイントが貯まっていたので、先日仕事帰りにそのポイントで【タミヤ 1/700 航空母艦ホーネット】と【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】を手に入れてきました。

いやーポイントっていいですよね。これじゃあ町の小さな模型屋さんは勝てないですよね。厳しい事を書きますが。

 

で、前の記事で不十分だったパーツが追加できました。嬉しい!

【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】の「ガンダムの手」のパーツと

【タミヤ 1/700 航空母艦ホーネット】の「洗濯板」のパーツ。

この箇所の洗濯板(若い人知ってますか?)のような四角いパーツが【ホーネット】の物である明確な情報は見つけられていないのですが、下の画像やキャベツひろしさんのブログに掲載されているMRファルコンの画像を拝見すると、これに間違いないでしょう。このパーツの上部の微妙なハミ出し具合とかも。笑

 

次にどの箇所のパーツを解析しようかと色々考えていたのですが、実は最近、片付けなければいけない頼まれ事がいくつかあって記事を書く時間が取れていません。

今後しばらく投稿できない日が続くかと思いますが、どうか宜しくお願いいたします。

次はここにしようかと準備を少しずつ進めているところでした。次回をお楽しみに。

 

上面右舷前方の穴メカ 解析と創作その2

前回の記事で分からなかったロボットの手のようなパーツは、nagatama51さんからいただいた情報で【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】の物だと判明しました。
nagatama51さん、ありがとうございました!

私にはこれがガンダムの手に見えて仕方がありません。笑

 

さて、この穴メカで私が気になったのは、穴の深さが実物のESBファルコンと大きく違うことです。

穴メカの中央を縦にカットした断面を簡単なイラストにしてみました。

可愛いイラスト。多少デフォルメしています。

DeAGOファルコンの穴メカは、深さが均等でファルコンのボディに沿ってネジ止めされますので、穴メカ自体が若干斜めになっています。

それに対してESBファルコンの穴メカは、手前は【エアフィックス パンサー】のパーツがボディの縁に密着する程浅く、逆に奥が深くなっていますので、穴メカ自体が水平に近い状態にあります。

上のイラストの緑色の部分、DeAGOファルコンの奥の壁面に付く【4輪装甲偵察車Sd.kfz222】のパーツは、その穴の浅さに合わせて極端に小型化されていますが、実際のパーツはそれに比べてとても大きく、更にこのパーツが付いている壁面上部にはまだ隙間があります。

 

 

そして次に、この穴の縁にある補強装甲プレートの厚みも気になりますので、ここはガンプラの工作でお馴染みの「うすうす攻撃」をします。

ネットにあるESBファルコンの画像を参考にしてプレートとプレートの間を削り込み、本体の端からプレートがはみ出している感じを表現するとグッとリアルになります。

 

創作の最後はお決まりのサーフェイサーです。

Beforeと

afterです。

まだ、不十分な部分もありますが、この穴メカの創作はこれで取り敢えず終了とします。パイプ類の取り付けは本体を一通り組み立てた後に行います。

 

 

上面右舷前方の穴メカ 解析と創作

また新しい箇所のパーツ解析をします。相変わらず堅苦しいタイトルになっていますが、つまりはコクピット横の穴メカのことです。

この箇所のパーツ解析はもう既にキャベツひろしさんのブログ「初めの第1歩」で詳しく紹介されていらっしゃるので、私のブログではもう割愛してもいいかなと考えたこともありました。

でも考え直しました。私には私なりの伝え方が有るはずだと思いますから。

とか言っておきながらもう既に付け替え作業はここまで済んでいます。笑

 

①【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm対空機関砲38型】

②【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車Sd.kfz222】

③【タミヤ 1/700 イギリス海軍戦艦 キングジョージ五世】

④【ハセガワ 1/72 ドイツ 600ミリ自走臼砲「カール」貨車付】

⑤【ハセガワ 1/450 空母 赤城】

⑥【タミヤ 1/25 ソビエト 襲撃砲戦車 SU-100 ジューコフ】

⑦【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

⑧【タミヤ 1/12 フェラーリ312T】

⑨【エアフィックス 1/76 パンサー タンク】

⑩【エアフィックス 1/76 スコーピオン タンク】

⑪【タミヤ 1/35 ドイツ パンサー中戦車】

⑫【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.ロータス78】

そしてこのピンクに色付けした2つがまだ不明なパーツです。どなたかご存知ないですか?

 

さて、②のパーツの殆どは【4輪装甲偵察車Sd.kfz222】と【無線指揮車フンクワーゲンSd.kfz223】の共通のパーツです。

2つのキットの箱絵を見ると分かるように両車はほぼ同じ車体をしています。僅かな違いは車体上部にアンテナがあるか20mm機関砲があるかです。

⑥【SU-100 ジューコフ】のパーツの上に付いている十字形のパーツはこの20mm機関砲の機銃台で【4輪装甲偵察車Sd.kfz222】にだけある物です。それ以外の3つが【フンクワーゲンSd.kfz223】との共通パーツです。

 

同じように、③のパーツの殆どが同型艦【 キングジョージ五世】と【プリンス・オブ・ウェールズ】の共通パーツなのですが、この箇所の右上に付いている艦橋のパーツだけが2艦微妙に形が違います。ほんの僅かな違いです。

左が【 キングジョージ五世】で、右が【プリンス・オブ・ウェールズ】です。

ネットのESBファルコンの画像を見ると確かにこの箇所には【 キングジョージ五世】のパーツが付いているのですが、はっきり言ってどっちのパーツでもいいと思います。両サイドをカットすれば同じ形になりますから。

 

⑨【パンサー】の左脇にある⑦【4連装高射機関砲38型】のパーツは他の箇所にも流用されているのですが、そのどのパーツも同じ部分がカットされています。

画像の真ん中のパーツがカットされた部分で、それを裏返したのが右の物です。このカットされた地味な四角い部分が実は超人気パーツで、ESBファルコンに大量に使われています。

このパーツは1つのキットから僅か2つしかとれない希少部位です。まるで高級肉です。笑

上の画像の左の板バネ部分の方がよっぽどメカっぽくてカッコいいのですが、ESBファルコンにはほんの数個しか使われていないのですから、とんでもなくコスパが悪いです!

 

と、今日はここまでにしておきます。

あれ? 順番だと今回は「昇降ランプ上部プレート」のパーツの付け替え作業ではないかと思いませんでしたか?

忘れていません。頑張って削っています!笑

 

質問にお答えします。(解る範囲で)その2

先日書きましたの【タミヤ 1/35 Ⅲ号戦車】のパーツと【永大 1/8 ポルシェ】ミッションケース下のパーツ解析に関しまして、間違った回答をしていたようですね。笑

仕切り直しです。

nagatama51さんからいただいた質問の内容は、全く反対側のこの【Ⅲ号戦車】の輪パーツの中にあるパーツですね。

これは【タミヤ 1/35 イギリス戦車 チーフテンMk.5】のドライブスプロケット(起動輪)です。

ESBファルコンにこの【チーフテンMk.5】のパーツが使われている箇所はそんなに多くないのですが、同時期に製作されたAT-ATにもこのキットは使われていますので、当時のILMの棚に【チーフテンMk.5】のキットが置いてあったのでしょう。

因みに、サイズ違いの【タミヤ 1/25 イギリス陸軍中戦車 チーフテン】のパーツも、少なからずESBファルコンに使われています。1つのキットから沢山のパーツを流用していただかないとコスパが悪いですよねー。(「キットを買っているのはアンタの勝手だろ」って言われそうですが)。

下が無加工のパーツで、上が加工したパーツです。ESBファルコンの画像を見ると、このように外側の歯車部分を切り落として使われていますね。

この起動輪のパーツは左右分ありますので、更にこの2つを加工してDeAGOファルコンのメインスイッチに使えるように可動式にしようと考えています。

 

それから2つ目のご質問は、【永大 1/8 ポルシェ】ミッションケースの下に垂れ下がっているパーツでしたね。

ここには2つのキットのパーツが使われています。まず1つは【エアフィックス 1/76 マチルダ】です。

エンジンルーバー部分を切り出すために、画像の【マチルダ】は既にバラバラにしてしまっていますが、この車体のお尻部分が使われているのがお分かりいただけますよね。

そして次のパーツは【ハセガワ 1/72 自走臼砲 カール 貨車付】の物です。下が無加工のパーツで、上が加工したパーツです。

上のESBファルコンの画像の、【マチルダ】のパーツの隙間から僅かに見える【カール 】のパーツのダボ穴を参考に、両サイドをカットしました。

このパーツはキットに2つあるのですが、ESBファルコン上面後方のマンダラ部分に2つ流用されていますので、ここで使うには複製するかキットをもう1つ手に入れる必要があります。何しろ【カール 】のパーツはESBファルコンに大量に使われていますので1つのキットだけでは話になりません。

 

 

これは私がこのプログを始めた頃に書いた言葉です。

「私の解析は今後いろんな箇所に飛びます」「ゆっくりのんびりタラタラと、自分が出来るペースで進めていきたい」。

つまり私のプログには計画性がありません。創作過程は「週刊スターウォーズ ミレニアムファルコン」の販売ペースとも全くリンクしていませんしね。笑

ですので誰かが「この箇所のパーツを教えて」とおっしゃられるなら、その箇所の解析をすることは私にとって何の苦にもなっていません。ただ解析する順番が変わっただけに過ぎないのですから。

もしかしたらその情報が別の方に喜んでもらえる物になっているかも知れませんし、それが私も知らないパーツだったとしても、このプログに書くことで他の誰かから情報がいただけるかも知れませんよね。

 

と、ここまで書いていたら、正にtaraさんから同じ内容の情報をいただきました!ありがとうございます!

これです!私の理想とするブログは!これからも皆さん、どんどん教えてください。私の知らないパーツの情報を!

あれっ、いいことを書こうと思っていたのに私利的な言葉で締め括ってしまいました。笑

質問にお答えします。(解る範囲で)

お久しぶりです。

咳だけが残り、もはや風邪とは別の何かを患っている気がして焦っていたのですが、その咳も最近殆ど落ち着いてきましたので一安心です。(まだ安心できないかな?)

それはさておき。先日、当ブログのコメントにていただいたご質問に、「解らないパーツがあればお尋ねください」と気軽に提案しましたが、早々に言ったことを後悔しています。汗

早速ご質問をいただきましたが、まるでテストを受けているようで大変緊張してしまいました。

ですので解る範囲で、あくまでも解る範囲で!お答えいたします。(大事なことは二度言います)笑

では、最初のご質問から。

この左舷の後方側壁の「輪パーツの中のパーツ」をお答えすればよろしいのでしょうか?(読解力が低くて申し訳ありません)。

流用されているのは、左から、輪のパーツ2つがどちらも【タミヤ 1/35 ドイツ Ⅲ号戦車】。グレーの小さい円状のが【タミヤ 1/700 シャルンホルスト】で四角い板状のが【タミヤ 1/700 プリンス・オブ・ウェールズ】の甲板のパーツです。(この2つは高橋清二さんのコラムで紹介されています)。そして一番右のパーツも【タミヤ 1/35 ドイツ Ⅲ号戦車】の物です。

一番左のパーツは輪の内側に突起がありますので、それを削り落さないともう1つの輪が中に入りません。加工前の画像がこれです。

因みに、一番右の輪のパーツも丁度右舷の後方側壁に使われています。

 

もう1つのご質問は同じく左舷の【永大 1/8 ポルシェカレーラRSR】のミッションケースの下面にあるパーツに関してですね。この箇所のパーツ解析をまだ行っていませんでしたので、正直今回初めてよく見ました。笑

こちらも申し訳ありませんが「板と切り欠きのある1/4筒状のパーツ」がどれを指すのかよく理解できていないのですが、ぱっと見3つのパーツが何か判りましたのでご紹介します。

ベースの四角い板状の部分は【タミヤ 1/35 チャーチル】の本体の一部で、その上に半分にカットされた【タミヤ 1/35 チャーチル】のキューポラが付いています。

そして下の画像にはあってDeAGOファルコンでは再現されていない円状の小さいパーツは【エアフィックス 1/76 マチルダ】のコマンダーハッチです。

その他の5つ穴のある横長のパーツと【 マチルダ】のコマンダーハッチの下に隠れています2本の円筒のパーツは、すぐにどのキットの物か思い浮かびませんでしたので詳しくまだ調べていません。

 

いかがでしょうか。お探しのパーツはこれでしたか?

今回の投稿で、本当にまだまだ自分が知らないパーツが沢山あることを痛感しています。

そもそもお探しのパーツは、色々調べられた上で判明できていないパーツなのでしょうから、私も知らない確率が高いパーツ達に違いありませんよね。

今後も微弱ながら努力させていただきたいと思います。