上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その6

では穴メカから離れて次にこのパーツです。

これは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】のブラジル産キットのパーツです。

画像のパーツの左がそのブラジル産です。こんな言い方をすると怒られるかもしれませんが、意外にも右の国産キットより形のメリハリがしっかりしています。笑

このパーツは左舷マンディブル側面にも使われていますね。

このパーツから穴に繋がるパイプは手元にちょうどいい径のアルミ線があったのでそれを使いました。線の太さは1.2mmです。

ESBファルコンの船体には様々な太さのパイプが付いています。同じ太さの物だけにしていない所にILMスタッフの拘りとセンスを感じます。それによってそれぞれのパイプに意味があるのだと想像させてくれます。

それらを再現する為には1.2〜1.5mm径の金属線を揃えれおく必要がありますね。私は今回アルミ線を使用しましたが模型店では一般的に真鍮線が多く売られています。銅線も含めどれが使い勝手がいいのか後日検証してみることにします。

それから上の画像を見ていただくと分かりますが、私はどうもこのDeAGOファルコンの補強装甲プレートの位置の違いが気になって仕方がありません。

全てを修正しようとするともうキリがないのですが。困ったものです。自分の性格が。笑

 

それからもう1箇所。

穴の上端から中央砲塔に繋がるパイプのこの部分。DeAGOファルコンの物は単なる筒状になっていますが、ESBファルコンの画像を見るとちゃんとディテールがあり何かの流用パーツであることが分かります。

これは【タミヤ 1/35 アメリカ軽戦車M14ウォーカーブルドック】の砲身のこの部分です。

ただしこれを取り付けるのはまだ船体を組み立てた後にしておきます。

 

さて、これでこの穴メカとその周囲の解析と創作が終了しました。ところで前の記事で保留にしていた棒状のパーツですが。

もうこれはお手上げです。解析のしようがないのでイメージ先行で【タミヤ1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】のアンテナの一部を取り付けておくいことにしてしまいました。汗

新しい情報待ちと言うことで、これで終わりとします。

で、久しぶりに「締め」の儀式としてサーフェイサー吹きをしました。

くーーーっ 気持ちいいーーーー!!

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その5

今日は久しぶりに何も予定の無いフリーの休日でした。

暑くも寒くも無く、湿度も低く花粉も飛んでいない。私にとってとてもいい季節になりましたので、以前の私でしたらバイクで志賀島まで走って大好きなテトラポッドを眺めていた所なのですが、今の私は違います。

今日は朝からこの「上面右舷後方の穴メカ」の締めをしようと考えていました。

 

この「上面右舷後方の穴メカ」のパーツ解析とそのパーツの付け替え作業もいよいよ大詰めです。と言うか、こんなに長くなるとは思っていませんでした。

この箇所を鮮明に写したネット画像が極端に少なく、それに伴い海外のモデラーから得られる情報も少ない為、解析に随分手こずってしまいました。

このピンクのラインで囲った部分の解析が出来ていませんでしたね。

【エアフィックス 1/76 (1/72)シャーマン】から伸びる2本のC型鋼を流用パーツだと判断し探していたのですがなかなか見つけることができませんでした。それで再度プラストラクト等の建築模型用材料にこの様な形の物がないか調べ直した結果。なんと見つけることが出来ました!

「プラストラクトのC型鋼は白」と言う思い込みをずっとしていたのが、その考えがそもそもの間違いでした。このABS製のC型鋼は上の画像のように濃いグレーをしています。

これである確信を得る為に、いつもの様に画像からサイズを割り出してみることにしました。

イエローのラインで示したパーツのサイズは分かっていますので、そこからオレンジのサイズを割り出すとこの画像にあるC型鋼は幅が約4.9mm、厚みが約1.7mmであることが分かりました。するとこの数字に極めて近いサイズの物がありました。と言うことでこれにまず間違いないようです。

で、それがこれです。早速手に入れました。【プラストラクト C-6 ABS製  C型鋼】です。(手書き表記!)

 

このC型鋼を使って完成させた穴メカがこれです。

横から見てもやはりこれで間違いないようですね。

 

ではパーツの解析です。

C型鋼に挟まれている①のパーツは【タミヤ1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】または【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車Sd.kfz222 】。

このパーツの下部に付いている②のパーツも①と同じキットの物です。ピンクのラインでカットされています。ただこのパーツに関しては海外の掲示板などを見ても誰も再現している人が見つからず、これが正しいのか正直自信がありません。「これかな〜〜」レベルですので間違いと分かった場合は直ぐに付け直すつもりでいます。

③【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】はなぜかパーツの裏面を表にして貼り付けています。ILMスタッフの目にはこのダボや押出しピン跡が立派なディテールに見えたのでしょう。笑

そして④はタミヤの戦艦系キットのオンパレードであるこの穴メカの中で唯一の【エアフィックス1/600 HMSベルファスト】のパーツです。

 

今回の記事で終わらせようと考えていましたが、まだまだ書きたいことがありますので一旦ここで休憩です。

続きはこの後すぐ!笑

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その4

ご無沙汰しています。久し振りの投稿です。では。

まだ不十分ではありますが穴の中のパーツ解析と創作を一旦終了とし、先に穴の周辺を仕上げていこう考えました。まずは「上面右舷前方の穴メカ」でも行ったように補強装甲プレートを薄く削ります。

ネット画像からファルコンのボディに空いた本来の穴の大きさを解明し、その穴の縁からどれだけ補強装甲プレートがはみ出しているのかを表現していきます。

この作業、地味ですけど案外好きなんですよね。これを行うことでグッとESBファルコンらしくなります。

Beforeと

afterです。

プレートとプレートの隙間や、真横から穴を覗いた時に見えるボディの縁も出来る限りESBファルコンに忠実に再現しました。

裏側から見るとかなり雑な処理をしてはいますが。

 

補強装甲プレートの加工が済みましたので、次にそこに付く幾つかのパーツの解析をします。

穴の両サイドに付くパーツは、右が【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】、左が【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦プリンス オブ ウェールズ】です。

最近撮られたESBファルコンの画像では残念ながらこの左のパーツは外れて失くなっています。

2つの四角いパーツも【プリンス オブ ウェールズ】で、これは姉妹艦である【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦キングジョージ五世】のキットにもあります。

 

下辺の中央に付くのは【タミヤ 1/20  タイレルP34  シックスホイーラー】

その左横に付くのは【タミヤ1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】または【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車Sd.kfz222 】のパーツです。

この部分だけがカットして使われています。

続く。

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その3

残りのパーツの解析をします。

①【タミヤ 1/12 タイレル フォードF-1】または【タミヤ 1/12 J.P.S.MkⅢ ロータス78】または【タミヤ 1/12 タイレルP34 シックスホイーラー】

②【タミヤ 1/12 75年フェラーリ312T】

③【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】または【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車 Sd.kfz222 】

④【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】

⑤【タミヤ 1/700 日本軽巡洋艦 阿賀野】

⑥【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】

 

①のパーツは F1カーのDFVエンジンのパーツです。’60〜’80年代のF1カーはどのチームもフォードのエンジンを搭載していましたので、タミヤのキットにもこのパーツが共通で付いています。

左のパーツは上に挙げた3つのキットに共通にあり、ESBファルコンに流用されているのもこのパーツなのですが、真ん中の【シックスホイーラー】と右の【ロータス】には、左のパーツとは別にこのような少し違うパーツが一緒についていて、実際に使うのはこちらのパーツのようです。

つまり左のパーツは共通パーツとして付いてはいるのですが、【タイレル フォード】以外のキットでは使われずに余ってしまう悲しいパーツなのです。笑

 

②【312T】には似た形のパーツが3つあります。インジェクションポンプです。

その内の2つ。真ん中と右のパーツが使われています。

ここにもまたILMスタッフの拘りなのか単なる遊びなのか真相は分かりませんが、パイプに繋がる腕の何本かを切り落とす加工がされています。

 

④のパーツは実は海外のモデラーさんからの受け売り情報です。申し訳ありませんがこのパーツが確認できる画像はまだ見つけられていません。汗

 

⑤のパーツは【タミヤ 1/700 日本軽巡洋艦 矢矧】にも同じようなパーツがあります。

上のパーツ解析画像の右にある【312T】の上に付いているパーツは【阿賀野】【 矢矧】どちらの物か判断が付かないのですが、左にある【信濃】と並んで付いているパーツは両キット微妙に形が違います。

左が【阿賀野】、右が【 矢矧】のパーツです。

この「スターウォーズ・クロニクル」の写真からなんとか判断すると【阿賀野】のパーツに見えますよね。

ですので【312T】の上に付いているパーツも【阿賀野】と私は判断しました。

それにしてもこの青いコード邪魔ですよねー。笑

 

最後に2つ。この穴メカの流用パーツで解明できていない物があります。1つはその【阿賀野】の下にあると思われる棒状のパーツです。

DeAGOファルコンにもしっかりモールドがあるのですが、あまりにも形に特徴が無さ過ぎて何のパーツなのか判断の仕様がありません。

もう1つは【エアフィックス シャーマン】から伸びる2本のレールのようなパーツです。

【プラストラクト C型鋼】に似た形の物があるのですが、「スターウォーズ・クロニクル」を見ると濃いグレーの成型色をしているので、きっと何かのパーツなのでしょう。すぐに見つけられると思っていたのですが以外にも手こずっています。

ご存知の方がいらっしゃいましたらどうかコメントをお願いいたします。

続く。

 

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その2

それでは次に、この穴メカの流用パーツの解析をしていきます。この穴には沢山のパーツがぎゅっと詰まっていますので2回に分けて解析します。

①【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦プリンス オブ ウェールズ】または【タミヤ 1/700  イギリス 戦艦キングジョージ五世】

②【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦グナイゼナウ】

③【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦フッド】

④【エアフィックス 1/76 (1/72)スコーピオン タンク】

⑤【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】

⑥【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】

⑦【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦グナイゼナウ】

⑧【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

 

タミヤの戦艦系キットのオンパレードですね。ご覧のように穴の右側はパーツがはみ出して付いています。

①の【プリンス オブ ウェールズ】と【キングジョージ五世】、②の【シャルンホルスト】と【グナイゼナウ】はそれぞれが姉妹艦なのでキットにも共通のランナーがあり、このパーツはその共通ランナーにあるパーツですが、⑦は【グナイゼナウ】固有のパーツです。

 

イエローの円で記したパーツは、私は【 信濃(旧版)】の機銃の銃身部分をカットした物と判断したのですがいかがでしょうか。

ここにこのパーツが付いているのは、1995年に竹書房から刊行された「スターウォーズ・クロニクル」に掲載されているこの写真のみです。その後にスターウォーズ展で撮影されたと思われるネット画像には写っていませんので、撮影後に紛失した物と思われます。

上のパーツ解析の画像では⑧【4連装高射機関砲38型】のパーツが分かりにくいと思いますが、このように組み合わさり、イエローのラインでカットされて取り付けられているようです。

「ようです」とあやふやな書き方をしているのは、このパーツの上に他のパーツが被さっているため解析に自信がないのです。

ちょっと短いですがキリがいいので今日はここまでにしておきます。

 

ところで、皆さん。「スターウォーズ・モデリングアーカイブⅡ」はもうご覧になられましたか?

欲を言えばもう少し制作過程の写真を大きくしていただき、PGファルコンとAT-ATに関してのページがあっても良かったのではないかと個人的には思ったのですが。それを差し引いても大変満足のいく内容だったのは間違いありません。

私もこの本のように、事細かな創作過程の画像をブログに掲載したいと思っているのですが、いつも作業に夢中になって写真を撮るのを忘れてしまうんですよねー。

続く。