マンディブルの穴メカ 解析と創作その2

マンディブルの穴メカのパーツ解析はまだまだ途中なのですが、今日はこれまでに発見した幾つかのパーツを箇条書きにして紹介します。

 

発見その1:「逆、逆!」

G穴とA穴に在るこの2つパーツ。とても特徴的な形をしていて、これが【エアフィックス 1/76 (1/72)スコーピオン タンク】の発煙弾発射機だと言う事は、既にご存知の方も多いのではないでしょうか。

このパーツは左右向きの違う形が2つあり、パーツNo.14がG穴、 13がA穴にそれぞれ付いているようです。

と、思っていたら…

実際は逆に付いてます!笑

 

発見その2:日本製

C穴に在るこのパーツは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】です。

このキットには「ブラジル製」が在り、ESBファルコンには「ブラジル製」のキットのパーツが使われていると以前に紹介しました。

画像の左のパーツが「ブラジル製」で右が「日本製」です。この2つのパーツの違いの1つにダボの大きさがあります。「日本製」の物はとても大きいですよね。

では実際のESBファルコンの画像で確認してみると…

はい、見事に「日本製」でした。笑

と言う事は、このパーツは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】の物ではなく、共通のランナーを持つ【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】の物かも知れません。

 

発見その3:複製が雑で使えない。いや、だから使える。

画像の3つの穴には他の箇所では流用されていない珍しいキットのパーツが使われています。【エアフィックス 1/24 P-51D ムスタング】です。

とても大きなキットなのですが、その中で今流用されていることが確認できているパーツはわずかにこれだけです。

複数使われているようなので取り敢えず複製してみたのですが、よく調べたところ実際3つの穴に使われているのは、どれも上片方のパーツばかりでした。んーなんてコスパが悪い!

それにこのパーツは表面に突起が多く、複製する際にその部分がうまく抜けずに大変苦労しました。

「こんな複製パーツじゃあ使えないなー」と一人愚痴を言いながら、これもまたESBファルコンの画像で確認してみると…

ESBファルコンに使われいる【ムスタング】のパーツも複製された物のようなのですが、その複製がとんでもなく雑!

複製時にほとんどの突起部分に空気が入っていたようで、綺麗に抜けていないのです。

と言う事は、使えないと思っていた複製パーツは逆にこれでOKってことですよね。笑

 

発見その4:地味パーツのオンパレード

とにかく存在が地味なパーツがそこかしこに使われていて、それを見つけ出すのがとても大変です。よくこんなパーツを使う気になったなーと思います。笑

これらのパーツはどちらも【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦 フッド】の物です。

【フッド】のキットには今までに何度も目を通してきましたが、こんなパーツがあったなんて全く気付いていませんでした。実際のパーツはとても小さくDeAGOファルコンでは完全に省略されていてます。

次のこれらのパーツも地味ですよね。これらも実際はとても小さなパーツです。

①【タミヤ 1/700 日本軽巡洋艦 阿賀野 あがの】

②【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 グナイゼナウ】

③【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦 フッド】

地味な上に国籍も排水量も違う戦艦なのに、なぜかそっくりなパーツが複数あって実に悩ましいです。

【阿賀野】も【フッド】も、このマンディブルのそれぞれの穴メカに多数のパーツが使われていますので、『同じキットのパーツはその近くにも使われている』と言う法則が通用しません。

A穴、B穴にある「も」の形をしたパーツは【阿賀野】の物のようですよね。と言う事は近くにある砲身も【阿賀野】の物でしょうか。E穴にある「も」の形をしたパーツは【フッド】ぽいなー。

 

と、まーこんな感じで解析を進めている途中です。こんなランダムな解析もいいもんですね。思いついた順に適当に投稿するのも。

長くなりましたが最後にもう1つ。こんな発見もありました。

発見その3でDeAGOファルコンの3つの穴パーツを並べた時に気付いたのですが、それぞれの穴の径が随分違いますよね。

こうして重ねてみると更にその違いがよく分かります。果たしてこれは正解なのでしょうか?

そもそも集めたパーツをDeAGOファルコンの物と比較すると、全体的にどれもDeAGOのディテールは実物のパーツより微妙に小さいのです。んー悩ましい。この件については更なる検証が必要です。

 

と言う事で、突然ですがしばらくお休みします。次回の投稿をどうぞお楽しみに!

マンディブルの穴メカ 解析と創作その1

大変ご無沙汰しています!

前回投稿したのは丁度あの豪雨の日だったのですが、今はもうすっかり猛暑の続く本格的な夏日に変わってしまいました。

この暑い中、先日立て続けに映画を2本観てきました。場所は私の行きつけの「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」です。

私はこの映画館の最上階から見えるこの景色が大好きです。この商業施設の名前の由来の通り、人工のグランドキャニオンそのものです。あ、本物のグランドキャニオンは見た事ありませんけど。笑

 

まず観た映画はやはり「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」です。素直な感想を書けば、確かに楽しめる作品でした。でも、1回観ればいいかな。笑

ミレニアムファルコンの例のシャトルですが、私はもっと劇的な演出があるのだとばかり思っていました。

ヒロインのキーラがその後のスター・ウォーズ作品に登場しない事から私は、彼女がシャトルに乗り込み自分の身を犠牲にしてハン・ソロ達を助ける… なんてストーリーがあるのではと勝手に想像していました。笑

もう一本は「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観ました。こちらの感想は「恐竜が人を襲う映画はもういいかなー」です。笑

 

と、久しぶりに前書きが長くなってしてしまいました。最近は船体円周の奥行きを修正する作業をひたすら続けていました。

右舷と左舷の前後、そしてその上下の補強装甲プレートの縁の加工と、同じ事をずっと続けていたらさずがに飽きてしまいました。笑

それで次の創作として、ドッキングベイ辺りにボディの上下を固定するフレームの様な物を自作して取り付けようと考えていたのですが、何だか久しぶりにパーツ解析がしたくなりましたので、作業の手を休めマンディブルの穴メカのパーツ解析をすることに決めました。

 

今後このマンディブルの穴メカについて記事を書き進める上で、まず自分なりのルール付をすることにしました。なにしろ左右上下8箇所もありますから、自分でも今どの穴のパーツを見ているのか分からなくなることが頻繁にありますから。

まず、それぞれの穴にアルファベットの名前を付けました。これで今後、例えば私が「A穴」と書けば、それは「左舷マンディブル上面前方の穴」を指します。笑

 

それで只今、絶賛パーツ集め中です!

DeAGOファルコンのパーツのディテールが実物と違い過ぎていて辛い!笑

まるで昆虫採集をして標本を作っているようです。夏休みっぽくていいかな。

例えが「昭和の少年」過ぎて伝わりませんね。笑

フォルム検証 船体円周の奥行き問題その3

どうしても気に入らない補強装甲プレートの縁を、思い切って「ニセモノの縁」に沿って切り落としてしまいました。もう後には戻れません。笑

補強装甲プレートの厚みを均一に綺麗に削って薄くするのは大変だと判断したので、本体の円周から飛び出たこの部分はプラバンで作り直す事にしました。

画像のクリーム色に見えるのは、補強装甲プレートの厚み約5mm程をカッターの刃を立てて削ぎ取った箇所です。

それと同時に裏面も同じように削ぎ取り、円周の縁を刃物の様にしました。

削ぎ取り作業は削りカスがハンパなく出るので、掃除機を脇に置いて行いました。

 

そうして出来上がった物をもう一度組み上げてみました。割愛しましたが、この削ぎ取り作業は下の面も同じ様に行っています。

画像では微かな隙間が出来ていますが、刃物の様に削った円周の縁と「ニセモノの縁」がピッタリ揃いました。最終的には接着剤でこの両方の縁は隙間無く綺麗に接着するつもりです。

そしてこの部分に自作した補強装甲プレートを貼り付けてみました。破損の恐れがあるので今はまだ完全には付けません。仮付けです。

なかなかいい感じ。てか、すごくいい感じです!

自作したプレートと本体との境目をパテ埋めして消せば、ほぼESBファルコンと同じ船体円周が再現出来そうです。

ちなみにこの補強装甲プレートを下面に仮付けしてみるとこの様になります。

ただし本当の取り付けはまだまだ後になりそうです。いろんな所にぶつけて破損しそうですから。(それはそれでリアルな仕上がりになるでしょうけどね)笑

若干削ぎ取り作業が面倒ですが、これはかなり満足のいく結果が出ました。この方法で全円周頑張ります! (若干では無いかなー)笑

続く。

フォルム検証 船体円周の奥行き問題その2

この前の週末は雲は多いものの時折日が差し、まずまずの天気だなぁと思っていたのですが、午後ふと遠くに雷音が聞こえたので窓の外を見てみると、真っ黒い雨雲と大きな「雨の塊」が迫って来ました。

ほんの数分後には真っ暗になって、大粒の雨に囲まれてしまいました。

そして数分後にはまた日が差してきました。「ゲリラ豪雨」と言う程ではなく、単なる「通り雨」ってやつですね。関東甲信越地方は既に梅雨明けしてしまいましたが、これって梅雨明け間近の最後のあがきなのでしょうか。

 

まぁそれはさておき、前の記事で私は船体円周の奥行きを修正する為に外殻プレートは使用しないと書きました。このプレートが付く位置まで円周の横メカが付く壁を深くします。

その為にはこのプレートをネジ止めする突起と、プレートと船体のフレームを止めているネジ山を無くしてしまう事にしました。

スッキリ削り取ってしまいました。プレートとフレームを固定するネジを外してしまいましたので、この部分の固定方法はまた後に考える必要があります。

 

ここに付く壁にはプラバンを使います。湯煎をしてファルコン船体の円周に合うRを作ります。

使用しない外殻プレートを3枚を瞬間接着剤でくっ付けてRを作るガイドを作りました。

これにプラバンをクリップで固定して沸騰しているお湯に浸けます。両端は綺麗にRが出来ないので、長めに作って後でカットする事にしました。

画像では分かりづらいのですが、プラバンに微かなRが付きました。コの字の切り込みはプレートが当たる部分です。これに船体円周の「ニセモノの縁」を取り付けます

「ニセモノの縁」と言ってもただのプラバンを細い扇状にカットした物ですけどね。このピンクに色付けした箇所です。

プラバンの幅は黄色の【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】のパーツの大きさに合わせています。厚みは0.8mmとしました。

非常に細かい拘りですが、0.5mm厚と0.3mm厚の2枚のプラバンを貼り合わせています。プレートが当たる部分の厚みを薄くしました。

 

湯煎して作った「横メカが付く壁」に、この「ニセモノの縁」上下2枚を接着した物がこれです。

コの字の切り込み部分と円周の縁の薄くした部分が、きっちりプレートにはまって固定されています。

船体上面を被せてみました。なかなかいい感じにESBファルコンと同じ円周の深さを再現する事ができました。

ただ、まだこれでは納得できません。

リアルに再現すればする程、余計にこの「ニセモノの縁」から飛び出した補強装甲プレートの厚みが気になります。

どうにかしてあの薄い補強装甲プレートの縁を再現したい。何処かにぶつけてパキッと折れて無くなってしまう程のあの薄い補強装甲プレートを。笑

つづく。

フォルム検証 マンディブル2mm問題

梅雨の晴れ間。気持ちいい風が部屋を抜けていきます。

暑くもなく寒くもなく、引きこもるには丁度いい季節です。笑

 

以前、マンディブルの上下幅を2mm増やす作業について書きましたが、今回の船体の組み立ての際にやはり問題が発生しました。

左右のマンディブルの間に付くこの外殻フレームは、船体の前方部分をマンディブルに密着させる役目を持つとても大事な物です。ですので出来る限り残しておきたいと考えているのですが、あいにくこのままではネジ穴が揃いません。案の定その差約2mm。笑

てことで、前の記事でも書いたように辻褄合わせが必要になったのですが、よく見るとこの出っ張りを無くせばいい事に気付きました。このピンクの部分です。

「えっ、そんな安易な考えでいいの!?」と思いつつも削り取ってしまいました。笑

この出っ張りはマンディブルと円盤状の本体が接する左右上下4箇所ありますが、Pカッターを沿わせて削れば簡単に無くす事が出来ました。

はい、これで今度はちゃんとネジ穴が揃いました。

 

そうすると今度は円盤の縁がマンディブルに必要以上に当たるのです。この部分です。密着し過ぎて若干無理しています。

まぁそう簡単に問題が解決するとは思ってはいませんでしたが、私にとってこれは好都合な状態です。

私はこの縁の補強装甲プレートの厚みが前から気に入らなかったので、これを薄くすることで問題が解決するので逆にありがたい事です。

で、1箇所だけですが薄くした結果がこれです。すごく見栄えが良くなりました!

正に「雨降って地固まる」です。梅雨の時期だけに。笑笑

続く。