上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その7

さて、この穴メカも当初の予定ではこんなに時間と手間が掛かるとは思っていなかったのですが、創作を続けている内にどんどん拘りが出てきまして。このままでは永遠に終わらないのではないかと思えてきました。笑

そろそろケリを付けなくてはいけませんね。この穴メカは後はパイプを取り付ければ一応の完成とするつもりです。

前の記事でこの穴の奥にパーツが在ることはお伝えしていますが、残念ながら左側の大きなパーツが何なのか解明出来ませんでしたので、仕方なく自作することにしました。

作ってみて感じたのは、実際のパーツもこうやって何処のキットの一部を切り出しているのではないかと言う事です。

 

それよりも私が気になったのは、このパーツの右上の角にある接着跡です。右側のパイプにも同じ跡がありますね。

これはESBファルコンが作られた当初はあって、その後に紛失した2本のパイプがそれぞれ付いていた跡です。

パイプの太さは1.5mmと判断し、早速取り付けてみました。

左奥に在るこのパーツは【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦 フッド】のようです。パーツが写っているこの画像1枚だけで判断してますけどね。笑

で、パイプの取り付けが終わりました。

この画像では穴の周辺の補強装甲プレートにかなり手を入れている事が分かってもらえますね。

赤いパイプが2mm径の銅線、黄色いパイプが1.5mm径の真鍮線です。光沢があるせいかそれぞれのパイプが太く野暮ったく見えるので、完成と言う意味ではないのですがここで早々にサーフェイサーを一度吹いてみます。

んー目の錯覚ではなくやはり太いですね。真鍮線のパイプが違っているようですので一段階細い物に替えてみます。

市販の金属線を探した結果1.2mm径の銅線を手に入れる事が出来ましたので、穴の中の1.5mm径の真鍮線はこれに付け替えました。紛失したパイプもこの太さで復元しました。

穴の底面を2段にした事で、前は決まらなかった穴の左下にある2本のパイプがこれでちゃんと平行に並びました。

 

今回は穴メカの創作と同時にこの穴の周辺の修正もしていました。穴の上下に付いているパーツの解析をしておきます。

①【タミヤ 1/35 アメリカ M551 シェリダン空挺戦車】

②【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】

③【ハセガワ 1/72 ドイツ 600ミリ自走臼砲「カール」貨車付】

④【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】の固有パーツ

【カール】以外のパーツはどれも加工がされています。特に【シェリダン】のパーツはなぜわざわざそこを削り落とす必要があったのか、その意図がよく分かりません。笑

加工されたパーツとされていないパーツを並べてみました。因みにこの穴の上下のパーツから穴メカに伸びているパイプはどちらも1.5mm径の真鍮線を使用しました。

穴上のパーツから更に中央砲塔に繋がるパーツの解析と創作はまた後日にします。

 

資料のネット画像を見れば見る程DeAGOファルコンの補強装甲プレートの位置や形が大きく違っていてとても悩ましいです。

まだまだ手を加えたい箇所は沢山あるのですが、どこかで折り合いを付けないと終わらないので今回の創作は一応ここまでにしておきます。(あっさり)笑

「がらくた市」に行ってきました。

今日は近所の模型屋さんで半年に1回開催される「がらくた市」に行ってきました。私のブログではおなじみの(過去の記事にちょくちょく登場している)ホビーボックスさんです。

これはお客さんから持ち込まれた不要キットをお店が代行販売する恒例のイベントで、私にとってはとても大事なイベントです。私が持っているキットの多くはここで購入した物なのですから。

これらはこれまでの「がらくた市」で手に入れたキットの一部です。

大体の価格帯はこんな感じです。画像にあるタミヤの【無線指揮車フンクワーゲン】や【4連装高射機関砲38型】などはいくつ持っていても構わないので、毎回あれば必ず購入しています。

 

今日もいくつかのキットを手に入れる事ができました。その中の1つがこれなのですが、

【タミヤ 1/700 日本軽巡洋艦 熊野(旧版)】 価格は驚きの100円!

その理由として考えられる事は、なんとパーツのいくつかがランナーから切り離され組み立てられていました。笑

だからと言ってパーツの欠損があるわけでも無く、お目当のパーツはちゃんとランナーにありましたので、私にとっては全くノープロブレムな一品です。笑

 

てことで、梅雨入りしているにも拘らず晴天にも恵まれ、欲しかったキットを安価で手に入れることも出来ましたし、私にとってはこのイベントは「がらくた市」ではなく正に「お宝市」です。

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その6

前回の記事で大袈裟な予告をしてしまいました。正直そんなに煽る程の事で無いのです。ごめんなさい。

では、どんな事実に気付いたのかと言いますと、前回までにこの様な創作をしていましたが

事実はこうだったのです。

この穴の底面は1枚のフラットな物ではなく、画像の様な2段になっているのでした。

ネットでよく目にするこのメジャーな画像も、注意して見るとちゃんとその面の境目が写っていました。

この境目の外側は影が大きく、底面が深くなっていることが今更ながら分かります。別の画像にもその境のラインはちゃんと写っています。

更にこの画像を見ると、それぞれの底面が平行ではない事が分かります。

【タミヤ 1/12 DFVエンジン】パーツのライン(ピンク)と、その横にある【タミヤ 1/35 20mm4連装高射機関砲38型】のパーツの付いている角度(オレンジ)が違います。

この2つのラインの角度差を再現すると、かなり大きく創作し直す必要がありました。

穴の上側の壁面の高さ(つまり穴の深さ)は、結果今までよりも約3倍近くになりました。

この2段の面の再現はDeAGOファルコンだけでなく、MRファルコンでも見落とされていますので、やる価値は大いにあると思います。

これまでは右舷の穴メカに比べフラットで単調な印象があったこの左舷の穴メカですが、案外立体的であったことが分かりました。全てのパーツを一旦綺麗に外すのはとても大変な作業でしたが、それでもやり直して良かったと思います。

 

と。ここまでの記事は当初書く予定にはしていなかった内容で、今回書こうと思っていた本題はここからです。笑

ファルコンの船体には数え切れない数のパイプが付いていますが、私はこれらを出来れば全て自作して付け替えようと考えています。(先が長いなー)

ですのでこの時点でちゃんとした検証を一度しておきます。ちょうどこの穴メカには紛失した物も含め沢山のパイプが付きますから。

 

あまり多くの素材の物を揃えても仕方がないので、よく模型製作に用いられる3種類の金属線、アルミ線・銅線・真鍮線を比較検証してみます。

まずその前に今回ご紹介するのが、こちら【自作ベンダー】です。(テレビショッピングか)笑

市販品に丁度良い物が無いせいか、多くの方が自作されているのをネットで目にしますので、私もオリジナルの物を用意しました。

材料は ◎長さ15cmのスチール製ステー ◎ステンレス製M4ボルト ◎M4ナイロンナット ◎M4ばね座金 ◎4mmと5mmのスペーサーです。

仕事帰りに東急ハンズで購入しました。近くのホームセンターよりも若干単価が高いかも知れませんが、それでも1,300円程度で立派な物が揃いました。これの作り方や使い方はネットを検索してみてください。笑

と言って全て省略してしまうもの不親切ですので、一応使い方の画像を載せておきます。ここに金属線を挟み2本のステーを広げると、はい。曲がりました。

私のこのベンダーの特徴は支点となるボルトをギリギリまで削って細くし、曲げた時に金属線のRが出来るだけ小さくなる様にしています。

強度が気になる所ですが、ステンレス製のボルトを使用していますので、ESBファルコンに見られる2mm径程度のパイプを作るには問題ありません。多分。

 

このベンダーで曲げたそれぞれの金属線です。

素材の色を見ていただくと分かると思いますが、左からアルミ線・銅線・真鍮線です。見比べやすい様に先端にサーフェイサーを吹きました。

素材の硬さによって曲げた箇所のRの大きさに違いが出ました。またアルミ線は柔らかい為、加工が容易な反面どうしても曲げ部分が減肉します。(ピンクの矢印)

上の結果から、2mm径のパイプを再現する場合は主に銅線を使用するのがいいようです。画像のイメージに一番近いと感じます。

次に1.5mm径の物を比較しようと考えたのですが、残念ながらこの太さの銅線を購入することができませんでした。

一番右はアルミ線です。あまり目立ちはしませんがやはり曲げ部分が減肉しています。その他の2本はどちらも真鍮線です。一番右はベンダーで曲げた物ですが、やはりRが大きくなってしまいました。真ん中の真鍮線はペンチを使って出来るだけRが小さくなる様に曲げた物です。但しペンチを使うとどうしても、曲げる箇所を見定める事が困難で失敗ばかりしてしまいます。

上のESBファルコンの画像と比べると、真ん中の真鍮線とアルミ線の中間ぐらいのRがちょうど良さそうですね。これを再現するにはやはり1.5mm径の銅線を手に入れるか、別のサイズのベンダーを作る必要があります。

と、ここまで記事を書いていたら、私の中のもう一人の私がこう言いました。「細かい事を気にし過ぎ!」って。笑

続く。

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その5

前回の記事で主だったパーツの取り付けは終えてはいましたが、この穴の奥に更に隠れたパーツがあることには気付いていました。

左手にはっきり見える直方体のパーツが意外にも何のキットの物なのか分からずにいるのですが、その後ろにあるパーツや右奥のパーツは分かりました。

①【エアフィックス 1/76 (1/72)スコーピオン タンク】

②【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦プリンス オブ ウェールズ】または【タミヤ 1/700  イギリス 戦艦キングジョージ五世】

③【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】固有のパーツ

④【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 グナイゼナウ】

十字のパーツはタミヤの戦艦のアンテナだと思われますが、どのキットの物か判断が付きません。私は【プリンス オブ ウェールズ】のパーツを選びましたが、ネットの画像のパーツはこれよりも少し細く見えますね。

実際に取り付けてみるともうほとんど見えません。笑

 

これはもう自己満足の世界ですので見えなくてもこれで良しとして、次にパイプの取り付けをします。

ここに使われているのは径2mmと1.5mmの太さの物のようです。画像では穴の右上にあるパイプの取り付けはもう済んでいます。

ESBファルコン製作時の画像を見ると、色んな素材のパイプが使われているようですね。手前のパイプは色から判断して銅線のようです。

ただ、上記の太さのアルミ線が手元にありましたので、今回もこれを使う事にしました。

 

で、ここで問題が発生しました。

ネットの画像に倣って穴の左下にある2本のパイプの取り付け作業を進めていたのですが、どうしてもパイプの角度が決まりません。

調整を何度も繰り返してもネットの画像の様にはなりません。その原因を色々探っている過程で、今まで気付かなかった事に気付いてしまいました。

続く。

 

で、次回予告。

『驚愕のやり直し!! 一体何が起こったのか!? あなたはこの事実に気付いていましたか?』の巻。笑笑

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その4

同じ要領で残り3枚のプレートも採寸しました。

また別の角度から撮られて画像から、このプレートの間にある直方体のパーツも同様に採寸しました。

前回の画像の説明も分かりづらかったと思いますが、もうこの画像に関しては説明不可能です。笑

全然伝わっている気がしません。自分だけが分かっている状態なのかも知れませんね。汗

そしてこれがトレースしたラインを基に作図したプレートです。実際はもっと歪んでいてこんなに綺麗ではありませんが、その歪みまでは逆に再現できませんでした。

ではこのデータをどうするのかと言いますと、これから先の作業は超アナログです。

この作図したデータを1/10に縮小し、コピー用紙にプリントアウト。

それをプラ板にペーパーセメントで貼り付けてカットしました。簡単。

こうして出来上がったプレートがこれです。4列に並ぶプレートの内側2枚を1.0mm厚、外側2枚を0.5mm厚のプラ板で作成しました。

 

これでほぼこの穴メカに必要なパーツが揃いましたので、DeAGOファルコンのこの穴のベースに取り付けていこうとしたのですが、早々に問題が発生しました。

ベースの上下幅が足りない為にパーツが入らないのです。画像は既にその幅を広げる加工を済ませた物ですが、元のベースより上方に約15mm長くしています。

そうなるとこの穴ベースが船体の外殻フレームに干渉してしまいますので、こちらの加工も必要になりました。

まず穴ベースを上方に延長した為、この四角いコネクタとネジの頭がパーツに当たってしまいますし、斜めから穴メカを覗くとこれらが丸見えになってしまいます。

ですのでこの位置を移動させました。コネクタを外したままでは強度が下がってしまいますし、幸いこのダイキャストのフレームはそれほど硬くはないので、ネジ穴を新たに作るのに苦労はしませんでした。

また、穴ベースを留めるビスの突起も移動しました。

その他にもいろんな加工が必要でしたが、これ以上書き続けてもただの苦労話になってしまいますので割愛します。笑

 

なんだかんだと穴メカの創作の下ごしらえに時間が掛かってしまいましたが、次はいよいよ楽しいパーツの取り付け作業です。

その前に加工が必要なパーツが残っていました。それぞれ左が加工されたパーツです。わざわざパーツの一部を切り落としていますが、そのままでも特に問題はなかったと私は思うのですが…

で、いざパーツの貼り付けを始めると一瞬で終わってしまいました。これです。

手作りした4枚のプレートは綺麗な平行にはなっておらず、実際のESBファルコンの穴メカの様にあえて曲げて取り付けるのがリアルに仕上げるコツです。笑

続く。