上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その3

さて、今回の穴メカの創作で一番書かなくてはいけないのが、この穴の中央に大きく構える謎のパーツですよね。

いくつものコの字の切り込みが入った4枚のプレートがあります。これを見てすぐに頭に思い浮かぶのがこのパーツです。

【タミヤ 1/35 ドイツ8輪装甲 Sd.kfz232】です。このパーツはILMスタッフの大のお気に入りで、ANHファルコンのあらゆる箇所に流用されていますしYウイングやスレーブ1でも目にすることが出来ます。

(これに関しては「スターウォーズ・モデリングアーカイブ」に、鷲見博さんが書かれた興味深いコラムが掲載されていますので、是非ご覧になってください)。

 

ANHファルコンの具体的な流用箇所を挙げると主にここになります。

ここからは私の妄想になりますが、映画「帝国の逆襲」製作時にこれらの箇所をESBファルコンでも表現しようと考えたILMスタッフはこれに代わるパーツを探したと思われます。

ですが残念ながら見つかりません。で、こう考えたのだと思います。「無い物は作ろう!」

ESBファルコンでもANHファルコンとほぼ同じ箇所にこれによく似たパーツがありますが、どれもコの字の切り込みの位置や大きさが違い、同一の物ではないことが分かります。

これはきっとパーツの統一の図面等は引かずに、その箇所毎にILMスタッフが自由に(適当に)作ったのだと思われます。

で、そんな自由に作られたパーツ1つ1つを、約40年後に出来るだけ忠実に再現しようと真面目に考えているオジさんがいます。笑

 

今回もいつもの様にネット画像からこのパーツを採寸します。

私はこの作業を行う為にいつもAdobeのIllustratorとPhotoshopの2つのソフトを使用しています。今回はいつもより詳しくその方法を書きたいと思います。

この穴メカに関しては数多くの画像がネットにありますので、その中から採寸に適した物をピックアップしました。この穴を真横から写した、解像度が高くピントの合った画像です。

それとは別にこの様な画像も用意しました。(まぁこれは特別必要なものでは無いのですが、今回この作業工程を説明するのにいいかなと)

これらの画像に写っている「DFVエンジン」のパーツの大きさをIllustrator上で揃えます。また採寸しやすい様にプレートの角度を水平に調整しました。

そして画像全体のサイズを実寸の10倍に拡大しました。ですので画像に写っているスケールの目盛り1cm(10mm)は実際は100mmあります。

ではパーツの採寸をします。4枚あるプレートの右から2番目のプレートをピンクのライントでレースしました。ただこれでは他のパーツに隠れて見えない箇所があります。

ですので、この穴を反対側から写した画像を同じ様にIllustrator上に配置してブルーのラインでトレースしました。(ラインの色に特別な意味はありません)

このラインを前の画像にコピペし、Illustratorのシアーツール等の機能を使って見えない箇所を補完しました。

2つのラインは完全には合致していませんがその差は僅かなものです。画面上の1mmのズレは実際ではほんの0.1mmでしかなのいですから。

分かりづらい説明で申し訳ありません。これでこのプレートの採寸は終了とします。

 

凄く手間の掛かった難しい事をしているように見えますが、ここまでに掛かった時間はそんなに長くはありません。自分的にはこの作業を楽しんでいますよ。いや、ホントに。笑

続く。

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その2 訂正

前回の記事で「錨」のキット名を間違えて表記していましたので訂正いたします。

②のパーツを【シャルンホルスト】としていましたが、正しくは【ネルソン】でした。

ごめんなさい。【シャルンホルスト】はドイツの戦艦でしたね。

 

因みにどうでもいい情報ですが

同じイギリスの戦艦でも真ん中の【ネルソン】だけは「探照灯」の形が全然違うんですよ。

てか、ホントにどうでもいい情報でした。ごめんなさい。

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その2

前回の記事で解析した大きなパーツの隙間を埋めるように小さなパーツが複数配置されていますので、今日はそれらを解析していきます。

これらは全てタミヤ 1/700 戦艦系キットのパーツです。

①【プリンス オブ ウェールズ または キングジョージ五世】

②【阿賀野】 ③【 信濃(旧版)】

 

続けてこのパーツの解析もします。

縦に並ぶ3つのパーツの内、上の「探照灯」と下の「錨」はそれぞれよく似たパーツが複数ありますので並べて見比べてみました。

①【阿賀野】 ②【信濃(旧版)】 ③【 大和(旧版)】

どれもタミヤ 1/700 日本の戦艦の物ですが、こうして見ると流用されているパーツは【阿賀野】である事が分かります。

 

次に「錨」です。

タミヤ 1/700 戦艦系キットのパーツを並べてみました。

①【プリンス オブ ウェールズ または キングジョージ五世】

②【ネルソン】

③【フッド】

④【シャルンホルスト または グナイゼナウ】

⑤【 信濃(旧版)】

①②③はどれもイギリスの戦艦、④はドイツの戦艦です。

こうして並べて見比べる事でイギリス戦艦の「錨」が使われているのが分かりましたが、どのキットのパーツなのかはもう似ているレベルではなく皆同じ形をしていますので判断が付きません。笑

 

ところで今回、わざわざこうして大袈裟にパーツを並べた画像を掲載するのには理由があります。こんな小さくてよく似たパーツはもう肉眼では見分けが付かないのです。笑

ですのでこれらのパーツを画像データにしてPCのモニターに大きく映して見比べているのです。寄る年波には勝てません。哀

 

で、問題はこの2つの間に挟まれてある棒状のパーツでした。この穴メカのパーツ解析を見ていただくと分かるように、ここに流用されているのはどれもタミヤ 1/700 戦艦系のパーツばかりです。

なのでこれもきっとそうだろうと探してみたのですが見つけられません。それで仕方なく手持ちのキット全てを対象に探してみることにしました。

そしたらなんとこのパーツ。まさかの【ハセガワ 1/450 航空母艦 赤城】の物でした。やられたー!

 

因みにこの箇所のDeAGOファルコンのディテールは見ての通りです。パーツの付け替え甲斐があります。笑

「探照灯」のパーツは見落とされています。

で、更にこの奥にもう1つパーツが隠れているのをご存知ですか?

もうほとんど見えないので、付けても自己満足でしかないレベルのパーツです。笑

ただこれは形に特徴があるのですぐに分かりました。お馴染みの【プリンス オブ ウェールズ または キングジョージ五世】のパーツです。

これでこの穴メカのパーツも一通り揃いました。

続く。

上面左舷後方の穴メカ 解析と創作その1

ファルコン船体の上面。右舷の前方と後方の穴メカの、解析と創作が済みました。ですので順当に考えれば次はやはりここでしょう。

 

この穴メカに関してはありがたい事に大量の画像があります。

資料として使える解像度の高い画像だけでも、ざっと並べてみるとこれだけ見つける事が出来ました。

それに前回の右舷後方の穴メカに比べ流用パーツの数も少ないので、きっと楽勝? なのではないでしょうか。(いやいや、そんなに甘くない事は後で分かります)

またこの箇所は、穴のベースとそこに付くメカ群が別パーツになっていますので、手間のかかる「更地化」が楽に済みました。ありがたい!

 

ではまず初めに主だったパーツの解析をします。細かい箇所はまた後で別に行います。

①【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

②【ROCO 1/87 ゲパルト自走対空砲】

③【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】または【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車Sd.kfz222 】

④タミヤ 1/12 DFVエンジン 具体的には【タイレル フォードF-1】【J.P.S.MkⅢ ロータス78】【タイレルP34 シックスホイーラー】等のキットにこのパーツはあります。

⑤【ハセガワ 1/72 ドイツ 600ミリ自走臼砲「カール」貨車付】

 

①は別パーツであることが分かるように2色に分けて表示しています。

ライトグリーン①のすぐ下にある細長いイエロー①は、左の画像の形をしたパーツをピンクのラインで二等分にしています。

④のパーツは、裏面に大きな円筒形のモールド(成型時の反り・ヒケ防止?)が4つありますが、ピンクのラインでカットするとこの出っ張りが2つ無くなり、ネットの画像で見られるような八の字の傾斜が出来ます。

 

③のパーツは、ゲパルトの砲塔の両サイドに付く機銃の銃身です。画像の上が左側、下が右側の機銃です。

私は右側の機銃を画像の様にカットして使うことにしました。その理由はこの左側の機銃が左舷マンディブルの側面に使われているからです。

 

⑤のパーツには細かい加工がされています。

別角度から撮られた画像を見ると、四角いパーツの片側面は手の込んだカットがされていますし、上面の穴は貫通しているようです。

下部の段差も削られてフレットにされているのが分かりますので、それらは出来る限り忠実に再現する事にしました。

続く。

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その6

では穴メカから離れて次にこのパーツです。

これは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】のブラジル産キットのパーツです。

画像のパーツの左がそのブラジル産です。こんな言い方をすると怒られるかもしれませんが、意外にも右の国産キットより形のメリハリがしっかりしています。笑

このパーツは左舷マンディブル側面にも使われていますね。

このパーツから穴に繋がるパイプは手元にちょうどいい径のアルミ線があったのでそれを使いました。線の太さは1.2mmです。

ESBファルコンの船体には様々な太さのパイプが付いています。同じ太さの物だけにしていない所にILMスタッフの拘りとセンスを感じます。それによってそれぞれのパイプに意味があるのだと想像させてくれます。

それらを再現する為には1.2〜1.5mm径の金属線を揃えておく必要がありますね。私は今回アルミ線を使用しましたが模型店では一般的に真鍮線が多く売られています。銅線も含めどれが使い勝手がいいのか後日検証してみることにします。

それから上の画像を見ていただくと分かりますが、私はどうもこのDeAGOファルコンの補強装甲プレートの位置の違いが気になって仕方がありません。

全てを修正しようとするともうキリがないのですが。困ったものです。自分の性格が。笑

 

それからもう1箇所。

穴の上端から中央砲塔に繋がるパイプのこの部分。DeAGOファルコンの物は単なる筒状になっていますが、ESBファルコンの画像を見るとちゃんとディテールがあり何かの流用パーツであることが分かります。

これは【タミヤ 1/35 アメリカ軽戦車M14ウォーカーブルドック】の砲身のこの部分です。

ただしこれを取り付けるのはまだ船体を組み立てた後にしておきます。

 

さて、これでこの穴メカとその周囲の解析と創作が終了しました。ところで前の記事で保留にしていた棒状のパーツですが。

もうこれはお手上げです。解析のしようがないのでイメージ先行で【タミヤ1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】のアンテナの一部を取り付けておくいことにしてしまいました。汗

新しい情報待ちと言うことで、これで終わりとします。

で、久しぶりに「締め」の儀式としてサーフェイサー吹きをしました。

くーーーっ 気持ちいいーーーー!!