祝 150投稿!

気づけば前回の『船体下面 右舷の穴メカ 解析と創作その4』で、私のこのブログ『タトゥイーンの2つの太陽』も150回の投稿を達成する事が出来ました。

こんな重箱の隅をつつきながらのんびりと(ダラダラと)進む創作日記をいつも読んでくださいっている皆様に、ここで改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

本当に本当に、ありがとうございます!!!

特に前回の記事では複数のコメントを久しぶりにいただき、とても嬉しい気持ちになりました。

最近はスパムコンメントばかり(多い日は1日20件)で、やっとそれらのコメントを全てグロックしたばかりだったのですが、そのせいでついついコメント欄をチェックするのが疎かになっていました。

そんな理由で返事をお送りするのが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

 

さてさて。気は早いのですが150回の投稿の話をしながら、実は200回の投稿が達成できた際にはまたこのブログのトップ画像を新しいものにしようと考えている話を今日は書きます。笑

それで次回はこのイラストを基にしようと色々と案を練っているのところなのです。

巨匠ラルフ・マクォーリー氏のコンセプト画です。やっぱりいつ見ても格好いいですね!

ただこれをそのまま写実的に表現してもつまらないので、そこはオリジナルのイメージを作ろうとは考えているのですけれど。このまんまだと『タトゥイーンの2つの太陽』ではなく『2つの月』になってしまいますしね。笑

 

ところでこのイラストの後方にある岩山にはモデルになった山が実在する事をご存知ですか?

カルフォルニア州の海岸部にある「モロ・ロック」です。この岩山の名前が付いたモロ・ロック・ビーチは、初代ILMがあったロサンゼルスから北西約280kmの位置にあり、車でも3時間程で行ける距離ですから、マクォーリー氏にとっては馴染みの岩山だったのかも知れません。

上の画像はGoogle Mapで「モロ・ロック・ビーチ」と検索すると出てきました。

遥か彼方の銀河系のそのまた端っこにある辺境惑星タトゥイーンの岩山は、実は案外近くにあったと言う話でした。笑

 

前回の100回目の投稿がちょうど一年前の10月でしたので、200回の投稿は一年後でしょうか!?  いやー 気の長い話ですねぇーー。とは言ってもあっと言う間にやってくるのでしょうね。

その時もまた、今日の様にのんびりと記事を書いていたいものです。

短いですけれど今日はここまで。