上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その2

それでは次に、この穴メカの流用パーツの解析をしていきます。この穴には沢山のパーツがぎゅっと詰まっていますので2回に分けて解析します。

①【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦プリンス オブ ウェールズ】または【タミヤ 1/700  イギリス 戦艦キングジョージ五世】

②【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦グナイゼナウ】

③【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦フッド】

④【エアフィックス 1/76 (1/72)スコーピオン タンク】

⑤【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】

⑥【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】

⑦【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦グナイゼナウ】

⑧【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

 

タミヤの戦艦系キットのオンパレードですね。ご覧のように穴の右側はパーツがはみ出して付いています。

①の【プリンス オブ ウェールズ】と【キングジョージ五世】、②の【シャルンホルスト】と【グナイゼナウ】はそれぞれが姉妹艦なのでキットにも共通のランナーがあり、このパーツはその共通ランナーにあるパーツですが、⑦は【グナイゼナウ】固有のパーツです。

 

イエローの円で記したパーツは、私は【 信濃(旧版)】の機銃の銃身部分をカットした物と判断したのですがいかがでしょうか。

ここにこのパーツが付いているのは、1995年に竹書房から刊行された「スターウォーズ・クロニクル」に掲載されているこの写真のみです。その後にスターウォーズ展で撮影されたと思われるネット画像には写っていませんので、撮影後に紛失した物と思われます。

上のパーツ解析の画像では⑧【4連装高射機関砲38型】のパーツが分かりにくいと思いますが、このように組み合わさり、イエローのラインでカットされて取り付けられているようです。

「ようです」とあやふやな書き方をしているのは、このパーツの上に他のパーツが被さっているため解析に自信がないのです。

ちょっと短いですがキリがいいので今日はここまでにしておきます。

 

ところで、皆さん。「スターウォーズ・モデリングアーカイブⅡ」はもうご覧になられましたか?

欲を言えばもう少し制作過程の写真を大きくしていただき、PGファルコンとAT-ATに関してのページがあっても良かったのではないかと個人的には思ったのですが。それを差し引いても大変満足のいく内容だったのは間違いありません。

私もこの本のように、事細かな創作過程の画像をブログに掲載したいと思っているのですが、いつも作業に夢中になって写真を撮るのを忘れてしまうんですよねー。

続く。

上面右舷後方の穴メカ 解析と創作その1

久し振りの投稿となります。

今回はファルコンを後方から見た時に、マンダラの右手奥にある穴メカについて書きます。実はこの穴メカは、私が初めてこのブログを投稿した時に既にお目見えしています。

この状態のまま半年以上放置していました。

この穴メカを含むESBファルコンの右舷側面等は、スターウォーズ展での展示の角度が原因で、ネット画像が極端に少なく未開の箇所となっています。その為パーツ解析に自信がなく、なかなか創作が進んでいませんでした。

もし今回の解析が間違っていると今後判明すれば、その都度訂正していきたいと思いますので予めご了承くださいませ。

では過去に遡って創作の過程をご紹介します。

相変わらずベースは容赦無く切り落としています。残したフレームに1mm厚のプラ板を貼り付けることで更地化しています。穴の深さも2mm程増しています。

フレームの右側を切り落としている理由は、こうしないと流用するパーツが収まりきれないからです。

忠実に再現するつもりはなかったのですが、実際のESBファルコンもそうなっています。穴メカの左側には壁が有り、右側にはありません。

 

それではまずこの穴メカの中心的な存在の、大きなパーツの解析をします。ここには2つの戦車のキットが使われています。

上が【ROCO 1/87 レオパルド1A2】

下が【エアフィックス 1/76 シャーマンM4A2】

それぞれの車体をイエローのラインでカットし、その一部のみを組み合わせています。しかも【シャーマン】はキット2つが使われています。どちらも手に入れるのが困難なキットですので、私にはそんな贅沢なことはできません。

ですのでここは複製して、それをカットしました。

他の箇所でも多く流用されているキットですので、どちらも多めに複製しました。

簡単に「複製」と書いてはいますが、毎回手間と時間が掛かる苦労の多い作業です。

とは言っても、次々に出来上がるのはなかなかの快感ですけどね。笑

続く。

昇降ランプ上部プレート 解析の追記その3

たまたま、見つけられずにいたパーツを偶然見つけました。

余りにも特徴が無く目立たない形だったために解析し忘れていたこの小さなパーツ。

【エアフィックス 1/72(1/76)ドイツ 8輪装甲車 Sd.Kfz.234】のバイザーでした。

あースッキリした。おやすみなさい。

昇降ランプ上部プレート 創作その2

次に気になる箇所はこちらです。

この四角いパーツも引き続き【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】の物なのですが、ご覧のように実際の【フンクワーゲン】のパーツはESBファルコンの物とは違い下部が一回り小さくなっています。

前回の記事で【エアフィックス 1/76 スコーピオン】の車体の上にあるリングを採寸した時に、この四角いパーツのサイズも一緒に採寸していたのですが、大きさ的には【フンクワーゲン】のパーツの長い辺の日さし部分をカットし(点線)、短い辺の日さしの下にプラ板を貼り段差をなくした物に一致します。

実際にそう加工した物がこちらです。

これが正しいとすると逆に、なぜILMのスタッフはこのような手間の掛かる加工をしたのか不思議になります。

 

それからもう一つ。【タミヤ 1/700 信濃(旧版)】のお馴染みの四角いパーツですが

実際は左に添えたパーツのように勾配のある形をしているのですが、このプレートに付いている3つの【信濃】パーツはどれも上面が水平になるように加工されています。

なぜこのようなあまり意味のない加工をわざわざしたのでしょうか。そう考えるともしかしたら、前回の記事で取り上げた【スコーピオン】の上のリングも直径を小さくする加工をしたのではないかと疑ってしまいます。

 

次にこの個性的な形をしたパーツは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】の物ですが、このキットには「ブラジル産」の物があるのを最近教えていただきました。

自分が所有しているキットを確認してみたところ「ブラジル産」とそうでない物がありました。画像の手間にあるのが今でも模型店で購入できる現行のキットで、奥の2つが中古で買ったキットなのですが、これがどちらも「ブラジル産」でした。

ですので私の中では「旧キット」=「ブラジル産」と言う認識が出来上がってしまったのですが、この考え方は短略的ですかね。

 

ランナーを見てみると、旧キットのランナーにはしっかりと「MADE IN BRAZIL」と「TYRRELL」の文字があります。これは【タイレルP34】固有のランナーである事を意味していますね。

もう一方の現行キットのランナーには数字のみの表記で、これは私が持っている【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】のランナーと同じ物でした。

パーツを比較してみると確かに微妙に形が違いますね。右のパーツが「ブラジル産」で、ESBファルコンに使われているのはこちらのパーツです。

 

その他のパーツに関して書いておきますと、前のパーツ解析の記事では触れていませんでしたが白い半円の棒状の物は【エアフィックス 1/144 サターンV】のパーツを使用しました。コの字のパーツは流用の物なのか判断が付かなかったので、ここは太さの近いプラ棒を曲げて取り付けています。

 

このプレートに関してはまだ不明なパーツが幾つか残っていますので、サーフェイサーは吹かずにこのままの状態にしておきます。

昇降ランプ上部プレート 創作その1

ここ最近は右舷の昇降ランプ上部プレートを創作していました。

このプレートに流用されているパーツの解析は、マンダラの創作をするより前の昨年11月に済ませていました。ただその後の更地化に手間取り、つい後回しにしていました。

この状態のまましばらく放置されていた物を今回ここまで綺麗にしました。

「いやいや全然変わってないぞ!」と突っ込まれそうですが変わってますよ。笑

週間スターウォーズミレニアムファルコンの創刊間もない頃の物だった為か、プレート自体が無駄に2分割にされていたり、補強装甲プレートの凹のディテールが一部省略されていたりと、更地化するのに随分苦労しました。

いっその事補強装甲プレートまで全て削り落とした方が手っ取り早かったのかも知れません。

 

さて、その後楽しいパーツの取り付け作業を行っていたのですが、幾つか気になる箇所がありましたので、今日はそこを書いていきます。

まず、このプレートの中央に付く【エアフィクス 1/76 スコーピオン】の車体上面のリングについて。

私はこれを前の記事で【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】としていますが、アントマンさんから「このリングの直径は【フンクワーゲン】の物より小さい」とのご指摘をいただいていました。ですので今回もう一度しっかりと検証してみることにしました。

【スコーピオン】の砲台基部の円の直径は 20.8mmで、【フンクワーゲン】の直径はジャスト20mmです。確かにこの2つが並んでもネットの画像で確認できる程の大きな差は出来ません。

そこでよりリングの正確な大きさを知るために、このリングが写っている2枚のネット画像からそれぞれ採寸して照らし合わせてみることにしました。すると両方の数字に大きくな違いは出ず、リングの直径は19.6mmとなりました。

直径0.4mmの差は数字だけを見ると本当に僅かなものですが、裏を返せば明らかにこのリングは『【フンクワーゲン】の物とは違うパーツ』と言う事になりますね。

とは言っても。とは言っても!

オレンジで記した上渕の厚みや内孔の大きさ等はとても【フンクワーゲン】の物に近く「まぁあ、取り敢えずこれ付けとくか」と思わせる程の違いです。笑

外円を切り詰めて若干ですが径を小さくしてみました。それをESBファルコンに習い、わざと【スコーピオン】の砲台基部の円の中心からズラして取り付けてみました。

内孔の奥に見えるのはお馴染みの【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルです。

これだと確信できるパーツが見つかるまでは取り敢えずこれで良しとしておきましょう。