マンディブルの穴メカ 解析と創作その7


私が楽しみにしていた映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開の再延期が発表されました。正確に言うと、随分前に発表されていました。当初4月10日公開だったこの作品が、コロナ渦の影響で11月20日に延期になった事は以前にも書きました。それが更に2021年4月以降にと約1年の延期となってしまったのです。

ですがその情報を私は知らずに、しっかり休みを取って今日公開初日の鑑賞を企んでいたのに! つい先日「公開1週間前になるのにTVCMで予告が流れないなー」と思いネットで調べた所、今回の再延期を知ったのでした。

『TENET』を観に行った時には劇場に大きなライトパネルが掲示してあって、そこにはしっかりと「2020.11.20」の文字があったのに。で更に調べてみたら私が『TENET』を観に行ったのが10月2日で、再延期の発表がされたのが10月5日でした。ガックリ!

てことでもう1度、1作ごと月イチで見直しますか! そしたら4月になるぞ!

 

ではでは、本題に入りましょう。今回はマンディブルの上面最後の穴メカDです。

このD穴のメインはやはりピンクに色付けしたこの部分ですよね。私はこの部分は既存のパーツではなく棒状のパーツの集合体で、その棒の左端を加工した物だと判断しました。

理由はその加工したと思われる箇所の処理が少々雑で、棒ごとに不揃いに見えるからです。ではこの棒状の物は何なのか。まずはそのサイズから調べてみました。

これの右側にあるイエローに色付けしたパーツは【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン または 4輪装甲偵察車 Sd.kfz222】です。このパーツの両端にはダボ穴があり、その穴の中心点を結んだ長さを測るとほぼ21mmでした。

そしてピンクのラインで示した通り、この21mmの幅に棒がピッタリ8本収っています。と言う事は棒1本の直径は約2.5mmとなります。

そして別の角度からの画像を見ると、この棒のカット面が半円である事も分かります。で、その条件に合う物を探してみた所、ありました。【プラストラクト プラ材 半丸棒 MRH-100 直径2.5mm】です。これで私はこの集合体を自作する事にしました。

 

棒1本ずつの加工は物が小さくて作業の効率が悪いので、まずはこの棒状の集合体を先に作ります。

【プラストラクト MRH-100】を同じ長さにカットして、両面テープを貼ったプラ板に並べて固定します。そしてこれに多めのプラ用セメントを塗って、棒同士の隙間をくっ付けてしまいました。セメントが完全に乾くまでこのままにしておきます。

で、しっかり棒同士が繋がったら、後はもうひたすらネットの画像を参考にして削り続けました。そして出来上がったのがこれです。

先にこの箇所の加工は雑で不揃いと書いてしまいましたが、自分でこの作業をして初めて、この部分に凄く繊細な加工が施されていた事に気付かされました。

もしこの加工をILMスタッフが行なったのであれば、限られた時間の中で「よく頑張りましたね」と言う言葉と同時に、「他に何かの流用パーツで簡単に作れなかったのかよ」と言いたい。笑

 

この画像は自作したパーツのサイズを検証する為に、既存のパーツの上に乗せて撮ったものです。ダークブラウンの大きなパーツは「マンディブルの穴メカ 解析その6」の記事を書いた時には判明していなかった【タミヤ 1/25 ソビエト襲撃砲戦車 ジューコフ SU-100】でした。

そしてこの【ジューコフ SU-100】と桶の側面に付いている【タミヤ 1/35 ドイツ パンサー中戦車】の履帯の間にあるパーツは【エアフィックス 1/76 (1/72)パンター タンク】でした。

てことで、この【ジューコフ SU-100】【エアフィックス パンター】や、他にも幾つかのパーツに加工を施した後で、それぞれを取り付けて完成としました。

因みにこのピンクのラインで囲んだ四角い板状のパーツですが

マンディブルの穴メカ 解析と創作その5」で書いた【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】のパーツをカットした物がぴったりその物のサイズなのです! これはもうひょっとしたら妄想ではなく本当に…。笑

 

では、次回からはマンディブル下面の穴メカの創作となります。多分きっと。

“マンディブルの穴メカ 解析と創作その7” への2件の返信

  1. お世話さまです。

    そっかー!! 最初から半丸のプラストラクト製品を使用すれば良いのか~。砲弾等のプラモ流用に拘って、半分に加工するのに躊躇してました。
    仕上がりは見事ですね。雰囲気もバッチリじゃないですか!?

    映画の公開延期も散々ですね。いつも行く模型店の店長も「トップガン」の公開が延期になってぼやいてました。

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      そうなんです。学生時代に随分ハマった『トップガン』が来年の7月で、
      全然ハマらなかったけれど新作は気になる『デューン』が10月に延期になってしまいました。
      気が遠くなる話ですよねー。

      プラストラクトはあくまでも独創であって正解では有りませんので。
      まぁこんな方法もあるのかな程度に思っていただければ嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です