タイ・アドバンストX1 パーツ解析


こんにちは。ご無沙汰しています。皆さん元気にお過ごしですか?

『緊急事態宣言』が発令され、父と母に会う事を自粛せざるを得なくなった為に、皮肉にもこうしてブログを書く時間が出来ました。

ファルコンの創作は相変わらずサボっています。前回の記事でタイ・アドバンスト X1のパーツ解析をほんの少しだけ書きましたが、もう少し詳しく書きたいなと思っていましたので今回はその続きとします。

このブログをご観覧くださっている方々にとってタイ・アドバンストX1の流用パーツが、果たして知りたい情報なのかは定かではありませんが。笑 同じSWプロップのパーツネタとして、僅かながらでも関心を持って読んでいただければ幸いです。

あ、決してタイ・アドバンスト X1を創作しようなんて浅はかな考えは持っていませんから。今の所は。

 

さて、前回の記事にも書きましたが、とにかくESBファルコンとは流用されているキットが違い過ぎます。例えばタイ・ファイターやこのタイ・アドバンストX1には【バンダイ】の1/48スケールキットが大量に使われています。

この画像で示したパーツ達は【バンダイ 1/48 パンサーG】や【バンダイ 1/48 ヤークトパンサー】等の物です。【パンサーG】のパーツは、ESBファルコンでは今後記事にする予定の上下鼻部の内側に僅かに使われているだけです。

 

それは取り敢えず置いといて、上の画像のピンクの円で囲った部分のパーツがこれです。

上のシャフト部分のパーツは3つの切り分けられ中央の部分がこの箇所に使われています。そしてそれと下に並ぶ2つのパーツ、これら3種類のパーツは実は【パンサー】のキット1つにそれぞれ1つずつしかありません。

ですのでこれらのパーツはタイ・アドバンストX1の左右のウイングの上下の4箇所に必要となりますので、複製しない限り8つ分のキットを必要とします! なんて贅沢な!笑

因みに上の画像のシャフトのパーツで、切り分けられた残りの部分はここにちゃんと使われています。

 

次に紹介するパーツはこれです。正に「重箱の隅をつつく」よう話ですが、ここに微かに見えるパーツがあります。これはドイツのネコ科戦車のラジエターグリルだと思われます。

そこですぐに思い付くのはタミヤ 1/35 MMシリーズの【パンサー中戦車】あるいは【駆逐戦車ロンメル】等のキットですが、これはやはり「新たなる希望」時に製作された撮影用モデルですので、そんないつもの発想ではダメな様です。

と、回りくどい書き方をしましたが、答えはズバリこのキットです。

【ニチモ(日本模型)1/35 ヤークトタイガー】です。外箱には【ハンティングタイガー】と表記されています。カッコいい!笑 ESBファルコンのモデラーには全く馴染みのないキットで、もちろんこのブログ初登場のキットです。

ニチモのキットの特徴は見てお分かりの様に、タミヤのキットとは違いラジエターグリルの中が抜けてなく、金網のメッシュが一体成形で再現されています。

で、このキットを見ているとこのビーグルがすぐに頭に浮かびました。

Yウイングです。タイ・アドバンストX1と製作された時期が同じである事から、このパーツが両方の撮影用モデルに使われているのはとても自然な事です。

 

それから同じく【ニチモ 1/35 ヤークトタイガー】のサイドスカート(フェンダー)部分は、タイ・アドバンストX1のハイパードライブ熱放射孔の両サイドに使われています。

と、言い切ってみましたが、実は若干自信がありません。

キットとタイ・アドバンストX1の画像を並べて比較すると、フェンダーの重なっている箇所がスリットになっていたり、リベットの大きさや位置もこうして見ると若干違うように思えます。

まだまだタイ・アドバンストX1の流用パーツについては追求が必要な様ですが、果たしてそこまで今の私がするかどうか…  語り始めたら後半年くらいは語り続けられそうですから。笑

 

ところで、以前から気になっていたキットがあったのですが、今回安価で手に入れる事が出来ましたので最後にご紹介して今回の記事を終わりにしたいと思います。これです。

【タミヤ 1/35 アメリカ・M10駆逐戦車】です。

前回の記事で少々お高い値札の付いた同キットの画像を掲載いたしましたが、幸いにも一桁少ない金額で購入する事が出来ました。笑 で、なぜこのキットが気になっていたかと言うと、ただ単にこのパーツが欲しかったのです。

タイ・ファイターのコクピットの後頭部に付いている超有名なこのパーツです。ずっとお会いしたかったー。笑

 

但し、タイ・アドバンストX1に流用されているパーツを今後揃えようと考えると、【バンダイ 1/48 ヘッツァー】なんてキットは序の口で、それこそ【バンダイ1/48 エアロスバル FA-200】や【ハセガワ 1/450 大和(旧版)】等の、今まで見た事も聞いた事もないキットが必要になります。

ですので今はそんなダークサイドに足を踏み入れる事は辞めて、せめてAT-ATの創作くらいに留めておこうと思います。(いやいや、いい加減ファルコンの創作に戻らなくては)

“タイ・アドバンストX1 パーツ解析” への5件の返信

  1. お世話さまです。

    フェンダーはMG誌にタミヤのハンティングタイガーだという記事があったと思います。どこかに仕舞ったままのキットを発掘して形状を確認しますね。

    ついでに記事違いですが、ファルコンのコックピットのシートはモノグラムB-17Gの56番(中央)のような気がします。

    それでは!!

  2. お世話さまです。

    タミヤのハンティングタイガー(35058)を発掘してフェンダーのディテールを確認したところ、プロップと同じ形状でした。

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      私ごとではありますが、最近このブログのコメント欄へのスパム広告投稿が半端なくて、大事な方々のコメントを見付け出すのに苦労しています。
      色々対策はしているのですが、正にイタチごっこの状態です。それが理由で返信が遅れてしまうと言うのは、まぁ言い訳になってしまいますが… 苦笑

      さて、タイ・アドバンストX1にあるパーツは【ニチモ】ではなく【タミヤ】ですか! 情報の提供、ありがとうございます。
      新しいキットの登場ですね。気にはなりますがこのキットに手を出すのであれば、まだ持っていないESBファルコン用のキットが先ですね。

      ところでそのESBファルコンのコクピットのパーツは【エアフィックス 】ではなく【モノグラム】ですか!?
      こちらも新しいキットの登場ですね。もう訳が分からなくて頭がクラクラしてきました。笑
      こちらの情報もありがとうございます。ではまた。

  3. お世話さまです。

    スパム広告、迷惑ですね。当方も2018年にアメブロのページをもらってから、この手のことが面倒で放置していました。

    さて、B-17Gですが、koshi50さんの所有しているキットと当方の所有しているアメリカレベル(モノグラム)の金型は同じだと思いますよ。
    ハンティングティーガーの部品と一緒に当方のブログネタにさせてもらったので、ご参照いただければ幸甚です(4月21日07時13分投稿予定)。
    https://ameblo.jp/ymmt713

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      ブログ拝見させていただきました。確かに【タミヤ】のハンティングタイガーで間違いない様ですね。
      古いキットなのでネットを見てもどれも中々いい価格設定がされていますね。笑
      まぁいつか、巡り会えることを期待したいと思います。

      ところで私はB-17Gのキットを【エアフィックス 】だと、奇天烈な返信をしてしまいましたが、
      確かに私が持っているキットは【モノグラム】の物でした。
      ただこのキットは【レベル】【ハセガワ】のブランド名でも販売されていた様で、中々ややこしいキットですよね。
      この件に関してはまた近いうちに記事にしたいと思います。

      では。沢山の情報ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です