船体下面の創作とパーツ解析 その3


昨日の朝、テレビのスイッチを入れたらビッグニュースが飛び込んできました。「ブラックホールの撮影に成功」のニュースです。公開されたそのブラックホールの画像を目にした私は朝っぱらから軽い興奮に襲われました。

ぼんやりではありますが、その姿は正に私が大好きな映画「インター・ステラー」に登場するブラックホール「ガルガンチュア」にソックリだったからです!(「ソックリ」てのは言い過ぎかな)

上が今回公開されたブラックホールの画像で、下が「ガルガンチュア」です。

この「ガルガンチュア」の画像の角度を変え、Photoshopの「カラーバランス」でレッドとイエローの値を高くしてぼかし効果を掛けたら。

ほら!ソックリ!! と、ムキになるのも大人気ないですね。笑

今はまだこんなぼんやりとした姿しか目にする事は出来ませんが、この「イベント・ホライズン・テレスコープ」と呼ばれるプロジェクトがもっと多くの国々の協力を得る事で、近い将来もっと鮮明な画像を見られる事を、私は楽しみに待ちたいと思います。

 

さてさて、ランディングギアの収納ボックスの改修は、地味に日々少しづつ進んではいます。笑

当初考えていたのは装甲パネルの改修だけだったのですが、ご覧の通り収納ボックスのフォルム自体の改修にも手を出してしまい、多くの時間をこの作業に費やしてしまっています。もうこれは一種の病気みたいなものですね。笑

こんな小さな改修もしています。病気だから仕方がない。笑

また、こんな間違った箇所(装甲プレートの厚みが逆!)を見つけると、逆に嬉しくなって「絶対直してやる!」って思いますよね。

で、こうなりました。

装甲プレートのつなぎ目の間違っているラインも埋めて、正しい位置に引き直しいます。アップにすると作業の雑さが目立ちますね。

短いですが今日はここまで。続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です