コクピットチューブ パーツ解析その3


コクピットチューブのパーツ解析の続きです。今回の解析にはアントマンさんからいただいた情報も含まれています。

①【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】

②【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦キングジョージ五世】

③【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 グナイゼナウ】

④【タミヤ 1/35 ドイツ8輪装甲 Sd.kfz232】

⑤【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】

⑥【タミヤ 1/35 ドイツⅣ号駆逐戦車ラング】

⑦【タミヤ 1/700 アメリカ 航空母艦 エンタープライズ】

⑧【タミヤ 1/700 巡洋戦艦 フッド】

⑨【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】

⑩【タミヤ 1/700 アメリカ 航空母艦 ホーネット】

 

ここで使われているのはタミヤのキットばかりですね。①【ゲパルト】のパーツは、ピンクの丸で囲った『ゲート』と呼ばれる箇所までカットされずに使われています。

 

④の【8輪装甲232】のパーツは、一番上の画像の様にチューブの中央を横にまっすぐ付く物と、短くカットされて縦に付く物があります。現在スターウォーズ展等で見る事が出来るESBファルコンではこのパーツの両端だけが残り、棒状の部分は欠損していますが(下の画像左)、昔の撮影時の画像(下の画像右)にはちゃんとあるのが確認出来ますので、勿論私はこちらの状態を再現しました。

以前の記事で⑩のパーツは【ホーネット】のキットが2つ必要だと書きましたが、この④【8輪装甲232】のパーツも残念ながらキット1つにこのパーツが1つしかありませんので、この部分を再現するにはキットが2つ必要となります。このパーツを複製するのはかなり難しそうですからね。

 

続けて残りのパーツも解析します。

①【タミヤ 1/700 アメリカ 航空母艦 ホーネット】または【タミヤ 1/700 アメリカ 航空母艦 エンタープライズ】

②【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト】または【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 グナイゼナウ】

③【タミヤ 1/35 日本陸軍 一式砲戦車】または【タミヤ 1/35 日本陸軍 97式中戦車 チハ】

④【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm対空機関砲38型】

⑤【エアフィックス 1/76 スコーピオン タンク】

⑥【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】

 

上の画像のピンクの破線で記した箇所に付く丸いパーツを、私はまだ手に入れる事が出来ていません。ネットで【エアフィックス 1/76 センチュルオン】のパーツ画像に、これによく似た形の物を見つけたのですが正解でしょうか? ご存知の方は教えてください。

 

それからそれから。その丸いパーツの形状を調べていてふと見つけたのが、すぐ横にあるイエローで記したこの四角いパーツ! 恥ずかしながら今までこのパーツの存在に私は全然気付いていませんでした。笑

ネットで探してもこのパーツについて解析されているのを見つける事は出来ませんでした。

ですが私はこれを【タミヤ 1/700 アメリカ 航空母艦 エンタープライズ】と【ホーネット】の両キットにある、この画像のパーツではないかと思うのですがいかがでしょうか?

2つ上の画像の【ホーネット】のパーツの突起部分の幅から、イエローで記したパーツのサイズを3mmと割り出したのですが、このパーツの幅も同じ3mmです。

ご存知の方はこちらの回答もいただけたらとても嬉しいです。重ねてお願いいたします。

“コクピットチューブ パーツ解析その3” への5件の返信

  1. 遅まきながら明けましておめでとうございます!
    コクピット周辺のパーツ解析よろしくお願いします(^^)
    で、不明の円盤パーツですがセンチュリオンを見ましたが高さがありちと厳しいかなぁと。
    で、自信はないのですがスコーピオンの小さい方の転輪がちょうど合いそうなのですが如何でしょうか?(^_^;)

    1. BOBAさん あけましておめでとうございます!笑

      言われてみれば確かにスコーピオンのパーツのようですね。
      そして改めてネットの画像を見直すと、パーツのてっぺんは凸ではなく凹のようですね。
      最初に形を間違って解釈していたせいで、全然見つける事が出来ませんでしたー ガックリ。

      パーツ解析がんばります!

  2. こんにちは!

    !!こんなパーツがあったなんて知りませんでした・・・
    改めて手持ちの画像を見てもこれは気づかないです。
    影しかわかりませんでした。。。(^^;;

    一筋縄では済まないILM工房スタッフの恐ろしさを
    感じます。。。
    また、こんな場所にパーツがあったなんてことに
    気づいたkoshi50さんにも感服です!

    1. こんにちは アントマンさん。

      四角いパーツは多分これで間違いない様ですね。
      と言うか、明確な画像がこれしかないので、これが別のキットのパーツだと断定できません。笑

      それからスコーピオンのパーツ。確かにこれですよね。
      私はこのパーツを随分前に、ドッキングリングに付くパーツとしてランナーから切り外していましたので
      今回この部分のパーツを解析する際に見落としていました。

      あれ⁉️ って事は、ドッキングリング用のパーツが1つ足りなくなりますね! 汗

  3. 追記です。

    丸の破線ですが、私はエアフィックス スコーピオン
    のパーツ(37or52)を使いました。
    これはBOBAさんと同じ見解でして、大きさもちょうど
    よかったので使ったのですが、どうでしょうかね~??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です