マンディブルの穴メカ 解析その6


さあ今回はマンディブル上面の最後の穴メカ、D穴の解析です。最後にして最大に難解でした。メインを成すパーツの解明が出来ていませんので実に中途半端な内容になっています。

まずこの穴の底面にあるピンクに色付けしたパーツについて。

DeAGOファルコンでは省略されていますが、このカマボコ型のパーツには2つの「コ」の字の切れ込みがあります。これを見て私はすぐに【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】だ! と判断しました。これはAT-STの頭部ハッチに使われているパーツですので私には馴染みがあるのです。

で、それを立証するためにいつもの画像への書き込みをしてみた所、逆に自信を無くしてしまいました。大きさはピッタリです。但し綺麗に重なる部分もあれば、微妙に違っている部分もあります。

ですのでこのパーツに関しての判断は保留とします。と、ここまで結論のない話を長々と書いてしまいましたね。ごめんなさい。

 

では解明できているパーツです。

①【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】

②【エッシー 1/35 SD. KFZ. 10/4】または【エッシー 1/35 1トン ハーフトラック デマーク D7】

③【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車 Sd.kfz222

④【タミヤ 1/35 ドイツ パンサー中戦車】

⑤【ハセガワ 1/450 空母 赤城】

⑥【タミヤ 1/700 日本軽巡洋艦 阿賀野 あがの

⑦【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

⑧【タミヤ 1/700 巡洋戦艦 フッド

⑨【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】

⑩【タミヤ 1/12 タイレル フォードF-1】

 

パーツ数は決して多くないのですが、珍しい事にこのD穴ではそれぞれが違うキットのパーツです。

相変わらず⑥のパーツは【タミヤ 1/700 ドイツ 巡洋戦艦 シャルンホルスト(またはグナイゼナウ)】のパーツと見分けが付きません。面倒なのでもうこのマンディブルの穴メカに関しては全て【阿賀野】でいいんじゃないかと思っています。笑

⑩のパーツはラジエターで、タミヤの1/12スケールの他のF1キットにも同じモールドの物があるのですが、この大きさがあるパーツは【フォードF-1】のみですので、D穴に使われているのはこのキットと判断しました。

 

と、本来ならここで記事は終わってもいいのですが、どうにもスッキリしません。このD穴のメインを成すこのパーツが何なのかが解明出来ずにいますから。

黄色のパーツはアントマンさんから【エアフィックス 1/600 R.M.S モーリタニア】のパーではないかとの情報をいただいています。ネットで買ったキットが間もなく届きますので、現物を見て結果をまたアップしたいと思います。

問題はこのピンクのパーツです。私の判断ではこの棒状のパーツ1本1本が別のパーツで、それを11本並べて貼り付けてある様に思えるのですが、いかがでしょうか。

その1本が既成のパーツなのか、それとも加工された物なのかも判断できません。左端の細くなっている部分の形状がそれぞれ微妙に揃っていない様にも見えますが、こんなに小さなパーツですから同じ形状の物でも貼り付け方で違って見えているだけかもしれません。んーーー

と、結局最後も結論のない話を長々としてしまいましたね。ごめんなさい。笑

“マンディブルの穴メカ 解析その6” への5件の返信

  1. 解析お疲れ様です!

    この穴は私の方でも解析が進んでおりますので
    またアップしたいと思います。パーツ数が少なくて
    助かりますね(^^)
    二つまだ判らないパーツがありますが・・・
    一つは赤城パーツの下の板状のもの、もう一つは
    マイナスモールドのような先端部を持つパーツ・・・
    これが判りそうで見つかりません。。。
    板状パーツの方はもう何でもいいような気もします。

    あと、⑦のパーツですが、これはsd.kfz 222のC17が
    正解です。フンクワーゲンも同じ番号かは確認して
    おりませんが。。。
    ピンクのパーツの長さと符合するので、まず間違い
    ないです。
    そのピンクのパーツですが、(おそらく)これに
    違いないと思われるパーツですので、アップを
    ご期待ください。(^^)

    1. こんにちは アントマンさん。

      間違いのご指摘ありがとうございます。
      ネットの画像ばかりを見ているせいでスケール感を意識する事を忘れていました。
      訂正記事をアップしようと考えています。

      ピンクのパーツの解析、楽しみにしています!

  2. お世話さまです。

    早速ですが、パンサーの履板の手前にある円柱は、【エアフィックス1/76 PANTHER TANK】のクリーニング・ロッド・ケースだと思います。
    円柱の途中からムニュッと出てる突起は取付ステーを表現したもので、中心からオフセットしているのが特徴です。
    よろしければ、お手元のキットを確認してみてください。

    マイナス・ドライバー状の部品は【タミヤ1/35 88mm砲Flak36/37】の砲弾だと考えていたのですが、上記円柱部品の太さと比べると間違いだったと気付きました。
    【バンダイ1/48 駆逐戦車ヤクト・パンサー】の砲弾の方が正解に近いと考えています。

    マイナス・ドライバー状の部品の下は、曲率を最優先で考えるとパンサーのフェンダーも近いように思います。が、タミヤ1/35では全体の幅が小さく、リブも阿賀野の砲身と比べて太いように思います。それでもリブの間にマイナス・ドライバー状部品が2個半入るのは捨てがたい。
    やはりモーリタニアの部品の方が適当でしょうかね?

    円柱以外はつまらないコメントで申し訳ありません。それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん

      【エアフィックス パンサー】のクリーニングロッドケースとは。有力な情報をありがとうございます。

      ただこれらのパーツは、私は自身のブログでは言及してはいません。
      ですので、いただいたコメントに対しての返答はこれ以上は控えさせていただきます。
      このコメントは是非とも、これらのパーツを解析されているアントマンさんのブログに投稿されてください。

  3. お世話さまです。

    大変申し訳ありません。次回以降、注意します。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です