フォルム検証 マンディブル2mm問題


梅雨の晴れ間。気持ちいい風が部屋を抜けていきます。

暑くもなく寒くもなく、引きこもるには丁度いい季節です。笑

 

以前、マンディブルの上下幅を2mm増やす作業について書きましたが、今回の船体の組み立ての際にやはり問題が発生しました。

左右のマンディブルの間に付くこの外殻フレームは、船体の前方部分をマンディブルに密着させる役目を持つとても大事な物です。ですので出来る限り残しておきたいと考えているのですが、あいにくこのままではネジ穴が揃いません。案の定その差約2mm。笑

てことで、前の記事でも書いたように辻褄合わせが必要になったのですが、よく見るとこの出っ張りを無くせばいい事に気付きました。このピンクの部分です。

「えっ、そんな安易な考えでいいの!?」と思いつつも削り取ってしまいました。笑

この出っ張りはマンディブルと円盤状の本体が接する左右上下4箇所ありますが、Pカッターを沿わせて削れば簡単に無くす事が出来ました。

はい、これで今度はちゃんとネジ穴が揃いました。

 

そうすると今度は円盤の縁がマンディブルに必要以上に当たるのです。この部分です。密着し過ぎて若干無理しています。

まぁそう簡単に問題が解決するとは思ってはいませんでしたが、私にとってこれは好都合な状態です。

私はこの縁の補強装甲プレートの厚みが前から気に入らなかったので、これを薄くすることで問題が解決するので逆にありがたい事です。

で、1箇所だけですが薄くした結果がこれです。すごく見栄えが良くなりました!

正に「雨降って地固まる」です。梅雨の時期だけに。笑笑

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です