マンダラ 解析と創作その11


前回の記事で数字が密集し過ぎて見づらかったので、パーツの解析を分けてみました。

① 【エッシー 1/35 SD. KFZ. 10/4】または【エッシー 1/35 1トン ハーフトラック デマーク D7】

②【ハセガワ 1/72 ドイツ 600ミリ自走臼砲「カール」貨車付】

③【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

④【タミヤ 1/700 イギリス 戦艦プリンス オブ ウェールズ】または【タミヤ 1/700  イギリス 戦艦キングジョージ五世】

⑤【タミヤ 1/35 イギリス戦車マークⅡマチルダ】

⑥【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】

 

それから話は変わります。前の記事でも書きましたが、このマンダラを固定しているボルトの位置のですが

画像に正しい位置を書き込んで比べてみるとこんなにズレがあります。実際のボルトの中心はマンダラの面の境のライン上にあります。

私の計画では、最終的には今あるボルトごとパテで埋めて更地化し、その後に【六角穴付皿ボルト】の皿の部分だけをダミーで付けようと考えています。

“マンダラ 解析と創作その11” への2件の返信

    1. こんにちはnagatama51さん。
      創作に時間が掛かり過ぎる為、それを記事にするのに更に時間が掛かっています。
      コンスタントに投稿できないかといつも考えているのですが無理のようです。

      今日中に記事を投稿しようと考えていても結局夜遅くまで創作に没頭してしまい、
      投稿が次の日になってしまうことばかりです。
      そんな私のこだわりの部分を楽しんでいただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です