上面右舷前方の穴メカ 解析と創作


また新しい箇所のパーツ解析をします。相変わらず堅苦しいタイトルになっていますが、つまりはコクピット横の穴メカのことです。

この箇所のパーツ解析はもう既にキャベツひろしさんのブログ「初めの第1歩」で詳しく紹介されていらっしゃるので、私のブログではもう割愛してもいいかなと考えたこともありました。

でも考え直しました。私には私なりの伝え方が有るはずだと思いますから。

とか言っておきながらもう既に付け替え作業はここまで済んでいます。笑

 

①【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm対空機関砲38型】

②【タミヤ 1/35 ドイツ 4輪装甲偵察車Sd.kfz222】

③【タミヤ 1/700 イギリス海軍戦艦 キングジョージ五世】

④【ハセガワ 1/72 ドイツ 600ミリ自走臼砲「カール」貨車付】

⑤【ハセガワ 1/450 空母 赤城】

⑥【タミヤ 1/25 ソビエト 襲撃砲戦車 SU-100 ジューコフ】

⑦【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

⑧【タミヤ 1/12 フェラーリ312T】

⑨【エアフィックス 1/76 パンサー タンク】

⑩【エアフィックス 1/76 スコーピオン タンク】

⑪【タミヤ 1/35 ドイツ パンサー中戦車】

⑫【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【タミヤ 1/20 J.P.S.ロータス78】

そしてこのピンクに色付けした2つがまだ不明なパーツです。どなたかご存知ないですか?

 

さて、②のパーツの殆どは【4輪装甲偵察車Sd.kfz222】と【無線指揮車フンクワーゲンSd.kfz223】の共通のパーツです。

2つのキットの箱絵を見ると分かるように両車はほぼ同じ車体をしています。僅かな違いは車体上部にアンテナがあるか20mm機関砲があるかです。

⑥【SU-100 ジューコフ】のパーツの上に付いている十字形のパーツはこの20mm機関砲の機銃台で【4輪装甲偵察車Sd.kfz222】にだけある物です。それ以外の3つが【フンクワーゲンSd.kfz223】との共通パーツです。

 

同じように、③のパーツの殆どが同型艦【 キングジョージ五世】と【プリンス・オブ・ウェールズ】の共通パーツなのですが、この箇所の右上に付いている艦橋のパーツだけが2艦微妙に形が違います。ほんの僅かな違いです。

左が【 キングジョージ五世】で、右が【プリンス・オブ・ウェールズ】です。

ネットのESBファルコンの画像を見ると確かにこの箇所には【 キングジョージ五世】のパーツが付いているのですが、はっきり言ってどっちのパーツでもいいと思います。両サイドをカットすれば同じ形になりますから。

 

⑨【パンサー】の左脇にある⑦【4連装高射機関砲38型】のパーツは他の箇所にも流用されているのですが、そのどのパーツも同じ部分がカットされています。

画像の真ん中のパーツがカットされた部分で、それを裏返したのが右の物です。このカットされた地味な四角い部分が実は超人気パーツで、ESBファルコンに大量に使われています。

このパーツは1つのキットから僅か2つしかとれない希少部位です。まるで高級肉です。笑

上の画像の左の板バネ部分の方がよっぽどメカっぽくてカッコいいのですが、ESBファルコンにはほんの数個しか使われていないのですから、とんでもなくコスパが悪いです!

 

と、今日はここまでにしておきます。

あれ? 順番だと今回は「昇降ランプ上部プレート」のパーツの付け替え作業ではないかと思いませんでしたか?

忘れていません。頑張って削っています!笑

 

“上面右舷前方の穴メカ 解析と創作” への11件の返信

  1. ピンクのパーツ
    61式だか97式あるいはM60A2
    を見ている時に「これかも?」
    というのを観ました。
    自宅に戻ったら、確認してみます。

    SU-100,今アマゾンでポチりました(笑)。

  2. ピンク部分、ロボットの手みたいなパーツ
    やはり、タミヤ1/35 陸上自衛隊61式戦車
    パーツナンバー「A-32」が近いかと思われます。
    (海外サイトでも61式はリストアップされてましたので)

    ところで、部位の話ですが
    マチルダのお尻は使われてて、
    スコーピオンのお尻の出番は…ナシ?

    やはり、
    猛毒だから…?

    面白いこと書こうとしてスベッてます(笑)。

  3. 追記
    ホビーサーチ
    写真一覧の4枚目右下、ランナーのコーナーに
    重なってますが、かろうじて見えてます。

    組立て説明3番にもA-32があります。

    押し出しピン跡、プロップは凸に見えてますが
    私の買ったものは
    すべて、凹になってます。
    きゃべつさんの書いてた口ばし部
    8輪重装甲車Sdkfz232の板パーツも
    押し出しピン跡凹になってます。

    1. ありがとうございます! 確かにこれです! 海外のHPで確認することができました。
      https://www.mojehobby.pl/products/JGSDF-TYPE-61-TANK-3413623.html

      キャベツひろしさんも見つけられていなかったので、海外のマイナーなキットだろうと思い込んでいたら、まさかのタミヤでしたね。笑
      更に、ファルコン右舷後方穴メカの右下にある2つ並んだドーム状のパーツを以前から探していたのですが、今回の件でこれが91式のヘッドライトであることが分かりました。
      本当にありがとうございます。

      ところで、右舷マンディブル側壁の一番先端にある8輪重装甲車の板パーツの押し出しピン跡は凹ですよ。
      キャベツひろしさんがこれをブログに掲載される際に画像を逆さまにされたことで凸に見えているのです。これは錯覚の一種で「クレーター錯視」と言います。

      ESBファルコンは下の押し出しピン跡はそのままで、上のピン跡にはわざわざ丸い物を貼り付けて凸にしています。
      そしてMRファルコンはこれを間違えて上下とも凸にして、そしてそれをDeAGOファルコンは…
      と、言うのが真相でしょう。これはいつかブログで書こうと考えていました。笑

      1. こちらこそ、ありがとうございます。
        あそこまでして頂いて、何も出来なかったら、
        単なるクレクレ族になってしまいます(笑)。
        お役に立てたのならば幸いです。
        日本の戦車は他に97式もリストにあるのですが、
        キャベツさんの一式、Dejaさんのダスター等は、リスト
        に無いので、どこまで正確なのかはわかりません、
        エアフィックスではロッキード・シューティングスター
        モーレタニア等もそのリストを頼りに購入したのですが
        使われるのかどうかも???です。

        1. 一式と九七式は共通パーツが多く、2つのキットには同じランナーが入っていますので、キャベツひろしさんの解析は間違っていません。
          私も一式は2つ持っています。九七式は持っていません。
          また、Deja素粒子さんが書かれているように、コクピット前のゴチャメカには確かにダスターのマシンガンが流用されています。

          パーツ解析はまるで考古学ですよね。過去の物語をひも解くのは大変ですけが、とても楽しいです。

          1. 言葉はむずかしいですね。
            海外リストの不確実さを
            表そうとしたのですが。
            「(私の参照した海外リストは)どこまで正確なのかはわかりません」…と書くべきでしたね。

            キャベツさん、Deja素粒子さんは
            私の中では神様なので、低めてしまう様な
            表現になってしまったならば、お詫び申し上げます。

          2. 海外リストと言うのはきっと箱絵の画像とそのパーツが流用されている箇所を記したやつですよね。
            このリストは若干信用できないキットが掲載されていて悩ましいですよね。
            明らかに「帝国の逆襲」製作時期の後に発売されたキットがあります。笑

  4. nagatama51さん
    ご安心下さい。
    モーレタニアは左舷マンディブルの横メカで使われていますよ。
    ついさっき、見付けました。
    それにしても、よくこんなキットを購入されましたね。

    koshi50さん
    モーレタニアの件、ネタとして温存していたとしたら申し訳ありません。

    1. いえいえ。
      nagatama51さんの書かれている海外リストを見て「本当かな〜」と疑っているところで終わっていました。
      ちゃんと流用されているんですね。貴重な情報をありがとうございます!

      このブログを始めたのを基に本腰を入れてキット調べも始めてみたら、まだ知らないキットが次々と出てきて驚いています。
      奥が深いと言うか闇が深いと言うか。笑

    2. tara様
      有難うございました。
      これで一安心です。
      「モーレタニアには無いな」と思い
      ダンボールに詰めてしまったので、
      引っ張りだして、参照してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です