ミレニアム ファルコン愛が止まらない

もう一週間も経ちますが風邪が治りません。熱はほとんど無く比較的元気なので仕事に支障を来すことは無いのですが、咳が止まりません。

今日の休みにもう一度「ブレードランナー 2049」を見に行こうと以前から考えていたのですが断念しました。例えマスクをしていても咳をしながら観るのは他のお客さんの迷惑にもなりますし、第一自分が集中できませんから。

(迷惑掛ける程、もうそんなにお客さんは居ないでしょうけど)笑

なので今日は、近くの病院に行って薬を貰った後は自宅で大人しくしています。

DeAGOファルコンの創作が全然進んでいないので、代わりに今日は投稿タイトルにしています私のミレニアム ファルコン愛について書いてみます。

この2冊の本をご存知ですか?かつて多くのSW少年達をダークサイドに陥れた悪魔の書です。笑

取り分け右のホビージャパン「そしてまたSTAR WARS」特集の中で書かれているmpcミレニアムファルコンの改造記事は今見てもかなりエグいですね。

この雑誌の発刊は1982年。当時高校に入学したばかりの素直な私にこの本は「mpcのミレニアムファルコンを手に入れたなら必ずしなければいけないこと。その1 側面の厚みを細くする。その2 アンテナを小さくする。その3 コクピットの位置を上げる」と言う悪魔のささやきをしています。笑

「必ず」とは一言も書いてはないのですが、当時の少年達はみんなこの言葉に洗脳されてしまいましたね。(とんだ被害妄想です。記事を書かれた斥新一さん、ごめんなさい)。

 

そして大学生になった私はとうとうこのキットを手に入れます! 確か吉祥寺パルコにあったプラモデル屋さんで買ったと思います。シルバーのベースに「リターン オブ ジェダイ」の赤いロゴ。そしてESBファルコンのプロップ写真がドカーンと載っている超カッコいいパッケージでした。

但し、そのキットを手に入れたその後の記憶がありません。微かに覚えているのはPカッターを使ってクチバシを円盤状の本体から切り離したことくらい…

当時、プラモデルを改造するスキルも無ければ道具も無い。それに先に書いた3つの教えを実行するにも、そもそもファルコンのプロップが実際どのような形をしているのか知りもしなかった訳ですから。そんな状況の中で外国製の高価なキットを闇雲に切り刻むなんて。そんな記憶は忘れたくもなりますよね。

その証拠に今、私の手元にはその時のファルコンのキットの残骸すら何1つ残っていません。このキットへの思い入れは遠い昔にスッパリ切り捨ててしまったのでしょう。自分の犯した罪と一緒に。笑

それから10数年後ー

「SWクロニクル」が発刊されたこと。ネット環境が整い、それまで見たこともなかったファルコンのプロップ画像が大量に手に入るようになったこと。そして当時開催されていた「アート オブ スター・ウォーズ展」を観たことで、私のSWのプロップ愛、取り分けミレニアムファルコンへの愛が溢れ出し、遂には「どうしても欲しい物でこの世に無い物は自分で作るしかない!」と言う1つの結論に辿り着きます。

いやー馬鹿ですよねぇ、発想が。

でもこれ結構マジでした。結局そのミレニアムファルコン愛は途中で息絶えてしまうのですが、当時の本気度は今見てもなかなかのものです。

これがその愛の形です。

大きさは全長46cm。mpcキットとほぼ同サイズです。1/72スケールなのかな?

下部のゴチャメカ穴の資料を見つけられなかったことも挫折の1つの要因となりました。

この箇所がどうなっているのかは「SWクロニクル ビークル編」が発刊されるまで待たなくてはいけませんでした。

ファルコンのこの本体の膨らみもなかなか拘って作っています。

排気ダクトやパンサー、その他のゴチャメカも全てフルスクラッチです。

プレートのコの字の位置や大きさも忠実に再現しています。但し外れて紛失したり破損している箇所もありますね。

自分で言うのもなんですが、マチルダのパーツはエアフィックスの物より出来がいい!

「いつかは完成させなければ」と言う後ろめたい気持ちがずっとありましたが、バンダイから発売された「PG 1/72 ミレニアムファルコン」をネットで見た時にその思いはすっかり消え失せました。

これぞ私の目指していた物でしたから。今からどんなに頑張ってももう自分の納得する物は作れません。過去の遺産として、処分せずに大事に持っておきます。

今、その愛はDeAGOファルコンに注がれていますからね。がんばろー!

昇降ランプ上部プレート 解析の追記その2

ご無沙汰しています。風邪を引いてしまいブログの更新が止まっていました。毎年季節の変わり目にはいつも、家族の誰よりも先に風邪を引いてしまいます。

さて、昇降ランプ上部プレートの流用パーツに関して、このブログのコメントとは別ルートでこんな質問を受けました。

「⑪のパーツは【タミヤ 1/35 ドイツⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント】にもありますが、それとは違うのですか?」とのことです。

百聞は一見に如かず。両方のキットを見比べてみます。上の画像が【ラング】、下が【ヴィルベルヴィント】です。

どこが違うのか敢えて書きますと、四角で囲った箇所の、細い縦横のバーが交差している部分。【ラング】は縦のバーが優先されていて【ヴィルベルヴィント】は横が優先されていますよ。四角で囲っていない他の箇所も全てそうなっています。

ESBファルコンのそれは縦が優先しています。なのでこれは【ラング】の物です。

それにタミヤの公式ページを見てみると、この【ヴィルベルヴィント】のキットの発売は1999年とありますので「帝国の逆襲」の製作時になかった物です。

では、質問の「それとは違うのですか?」の答えを述べますと「違いますけど同じ物と考えて差し支えないと思います」です。笑

昇降ランプ上部プレート 解析の訂正とお詫び

追記したり訂正したり、内容がブレてしまいまして申し訳ありませんが、「昇降ランプ上部プレート その1」の内容に間違いがありましてので訂正させていただきます!

⑤の四角いパーツにつきまして「タミヤ 1/700スケールの戦艦【グナイゼナウ】と【シャルンホルスト】どちらにも共通のパーツです」と記載していましたが大ウソでした。汗

上が【グナイゼナウ】、下が【シャルンホルスト】です。百聞は一見に如かず。ご覧の通り違います!

頑張って【グナイゼナウ】のパーツを【シャルンホルスト】にすることは出来そうですが逆は無理ですね。従って、ディテールの交換をされる方は必ず【グナイゼナウ】のキットを手に入れられてください!!

もう既に間違って【シャルンホルスト】をご購入された方がいらっしゃいましたらごめんなさい。但しその【シャルンホルスト】は決して無駄な買い物ではございませんので何とぞご容赦ください!

「昇降ランプ上部プレート その1」の内容も訂正しています。

今後このようなことが決して(あ、いや出来るだけ…)ないよう精進してまいります。汗汗

昇降ランプ上部プレート 解析の追記

 

「追記」と偉そうに書く程のことではないのですが、一言書き加えておきます。

先程たまたまこのキットのパーツが目に入りすごく焦ってしまったのです。それが左の【タミヤ 1/35 マルダー1A2ミラン】のパーツです。

先日「昇降ランプ上部プレート」のパーツ解析で、②のパーツを右の【M41ウォーカーブルドック】の物と紹介しましたが、もしかしたら間違えたかなと思ったのです。

それでもう一度詳しく調べ直したところ間違いではないことが分かりました。矢印の所にちゃんとくびれがありますよね。

この2つのパーツですが、【1A2ミラン】は西ドイツ、【M41ウォーカーブルドック】はアメリカの戦車です。同じ機能を求めると同じ形に行き着くのでしょうが、ここまで同じですとこれはもう「他人の空似」と言うしかないですね。笑

因みに【1A2ミラン】のこのパーツは、上面後方のマンダラ部分にちゃんと流用されています。その箇所のパーツ解析はまたいつかご紹介します。

訂正:マンダラに流用されているのも【タミヤ 1/35 M41ウォーカーブルドック】のパーツであることが後の解析で判明しました。

モデルグラフィックスのコラム「だってプロもん!」 追記

掲載号をまとめることだけに集中してしまいました。あっけなく終わらせてしまいましたので、ここで少し書き足しておきます。

もう一度お断りしておきますが、このコラムに書かれている情報は10年前のものですので、今ではどれもネット等で目にすることができます。

逆を言えば、10年目にこれだけの情報を惜しげも無く公開してくださった高橋清二さんには頭が下がります。私も高橋さんにように、自分の持っている情報を沢山の方に知っていただければと考えています。

 

おまけに1冊、モデルグラフィックスのSW特集号を紹介しておきます。

まだスターウォーズのエピソード1が公開される前、旧3部作「特別篇」の公開に合わせて組まれた1997年秋の特集号です。上に紹介したコラムより更に10年前。今からちょうど20年前の物です。

表紙の左上には、アイドル広末涼子のフィギュアが発売!とあります。笑

これはスターウォーズの「マーチャンダイジング」に関する内容で、特に「模型」にスポットを当てた特集となっています。

当時私たちを大いに悩ませダークサイドに引きずり込んだmpcの全キットの紹介や、高橋清二さんによるWウイングTIEファイターのプロップ解析がもう既にここでされていて、今読んでもとても興味深い内容となっています。

だからと言って今では簡単に手に入る物ではありませんが、もし万が一にも古本屋やネットで見つけられたなら、是非ご一読されてみてください。