AT-AT パーツ解析リスト その1


前回の記事の最後で予告した通り、今回からAT-ATに流用されているパーツの解析リストを投稿していきます。

とは言っても、前回の記事にも書きましたが、まだ解明出来ていないパーツも沢山あります。それでも敢えて自分が知っているだけのパーツリストを配信することで、不明のパーツを知ってられる方々から、逆にそのパーツについて教えていただけないかなと。そんなズルいことも考えています。笑

そしてそんな思いが、前回の投稿に対する皆さんからのコメントで叶いました。本当に沢山のご意見をいただき、検証を重ねていく時間が、私にはこの上ない喜びでした。

コメントをくださった皆さん。本当にありがとうございました!今後とも何卒よろしくお願いいたします。もみもみ(手を揉んでいます。笑)

 

さてさて、これから解析リストを投稿する際に自分なりに決めたルールとして、ネットにある画像と、パーツの再現が素晴らしい【バンダイ 1/144 AT-AT】のキットの画像を併せて掲載します。そして実際のキットのパーツも載せていこうと思っています。

また、実はこのAT-ATのパーツリスト投稿は海外の方からも要望があったのですが、パーツ名の記載は日本語のみとさせていただきます。(面倒なので。笑)海外の方にはこの記事にある文字データを翻訳していただければと思っています。

そして勿論私のブログですから、パーツのキット名をただ箇条書きに掲載するだけでなく、多少のうんちくを挟み込んでいきます。笑

 

ではでは、前置きは以上にして早速(早速じゃないか)パーツの解析をしていきます。

最初に解析するのは勝手な思い付きで決めましたが、胴体下部に付く「後方モータードライブ」からにします。

①「モータードライブ」の本体【エアフィックス 1/24 シーハリアー FRS.1】

②【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】

こうして画像を並べて見ると【バンダイ 1/144 AT-AT】のパーツの再現度の高さがよく分かります。

③【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】または【M3A2 パーソナルキャリヤー】

④【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

ただそんな【バンダイ 1/144 AT-AT】にも、パーツが省略されている箇所があります。一番上の画像のブルーとオレンジのラインで囲んだ箇所です。この上の画像は書籍『スター・ウォーズ・クロニクル』のものですが、ここには省略されているパーツが写っています。

また、この画像を見ると④のパーツの下に何か別のパーツがあるようにも見えますが、これは解明出来ていません。

⑤【タミヤ 1/35 アメリカ M551 シェリダン空挺戦車】

また、複数作られたAT-ATのモデルには個体差があり、モデルによって細部のディテールが異なる場合があるようです。ネットで見つけたモデルには③のパーツではなく、違うパーツ⑤が貼付されています。

⑥【タミヤ 1/35 アメリカ M577 コマンドポスト】または【M113ACAV バトルワゴン】など

⑦【エアフィックス 1/24 ユンカース Ju87B スツーカ】

⑧【エアフィックス 1/144 アポロ サターンV】

「モータードライブ」本体の左右に付くパーツは、これまで同じ物だと思い込んでいたのですが、実際は②⑥の違うパーツでした。

AT-ATの胴体下部には【アポロ サターンV】のパーツが使われています。と言うよりも、AT-ATの胴体下部は、ほぼこの【アポロ サターンV】と【シーハリアー】によって構成されています。その際【アポロ サターンV】はピンクのラインでカットされて使われています。

そしてこのイエローで色付けした箇所が【シーハリアー】の端に付いています。

②【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】

書籍『スター・オォーズ・クロニクル』の画像を見ていただくと、【シーハリアー】のパーツを胴体に固定するための長いボルトが、丁度このパーツに突き刺さっていますね。

 

かなりの長文になってきましたが、もう少し頑張ります。

「後方モータードライブ」で、私が今のところ把握しているだけで9種類ものキットのパーツが使われています。これがその最後のパーツです。

⑨【タミヤ 1/35 イギリス戦車 チーフテンMk.5】

この車体にあるイエローラインで囲んだ箇所。【チーフテンMk.5】のエンジングリルです。

このグリルのラインで記した箇所が使われています。何なのでしょうね、この何とも言えない微妙と言うか中途半端な位置は。笑 あまり目立つ箇所ではないの、深く考えもしないでパパッとカットして使っちゃったって感じでしょうか。

 

以上。てことで、これが今回のリストに挙げた実際のパーツ達です。

ほとんど見えない箇所に【スツーカ】のパーツが使われていたり、【シーハリアー】のエンジンパーツがAT-ATにはもう1つ必要だったり。何しろコストパフォーマンスが高くて仕方がないです。笑 まぁAT-ATに限ったことではないのですけれど。

次にどの箇所の解析をするかはまだ決めていませんが、次回はいよいよ200回目の投稿となります!

では。

追記:今回解析したAT-ATの部位を「棒状核燃料タンク」と書き称しましたが、どうやらそれは間違いで、「モータードライブ」が正しいようです。とは言っても架空世界の設定ではあるのですけれどもね。

てことで、本記事の表記を修正いたします。因みにこの「モータードライブ」は前後脚に2つありますので「後方モータードライブ」とします。

 

“AT-AT パーツ解析リスト その1” への10件の返信

  1. お世話さまです。

    AT-ATは序盤の主役メカらしく気合の入った造りだということが、ブログから改めて判りました。
    ハリアーのエンジンを2個も使用するなんて贅沢なメカですね。
    しかもデカい。

    サターンⅤも様々なメカで使われてますね。
    TIEボマーで微妙な位置で切断されていたのは、AT-AT(⑧)で使用した後の再利用だったからですね。

    今回の記事もとても楽しめました。これからも期待してます。

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      TIEボマーの画像を確認しました。確かにAT-ATに使われている箇所とカブっていないですね。
      両者は同時期に制作されていましたからね。

      サターンVのキットは新旧あり、私は新版のキットを持っています。
      本体のロケット部分のパーツは新版共通のようですが、ESBファルコンのレクテナを再現するためには旧版のキットが必要で、私はずっとそれを探しいます。
      金額に糸目を付けなければすぐに手に入るんですけどね。笑

      シーアリヤーはさすがに再購入は諦めて、複製することを考えています。

      1. お世話さまです。

        ハリアー(AV-8A)のペガサス・エンジンをお譲りしますよ。
        ファルコンとXウィングで付属部品を使用するためエンジンは完成させられないし、無くてもハリアー本体は完成させられるので、全然問題ありません。
        勿論、AT-ATやスレーブⅠにチャレンジする予定もありません。

        コメント時にメール・アドレスを記入しているので、ご確認できれば、当方宛てにメールをください。
        メールで受け渡しの詳細を決めましょう。

        それでは!!

  2. こんばんは。お疲れ様です。

    AT-ATの砲ですが、ちょっと面白く
    なってきたので、これだけ作ってみようと
    思います。(^^)
    本ブログで頭部下面の黄色い部分が不明と
    ありましたが、ひとつわかったので画像を
    貼ります。
    20mm4連のパーツ E20です。これを
    加工して使われていると思います。
    幅、パーツの厚みが符合します。
    この部分は一つのパーツではないようですね。
    そのもう一つも目星がついているのですが、
    自信がありませんので、実際に加工して
    間違いないと確信できたらお伝えしようと思います。

    で、ひとつお願いがあるのですが、本ページ
    のゲパルトのパーツ、マンディブルC穴の
    ゲパルトパーツの蓋になるパーツ(D9)の
    画像を定規を添えて貼っていただけますで
    しょうか?
    パーツを持ってなくて、ちょっと気になりまして・・・

    1. こんにちは アントマンさん。

      やはり20mm4連のパーツですかね。このパーツはチェックをしてはいたのですが、
      加工ではなくその物ズバリのパーツが何処かに存在するのではないかと思っていました。

      もう1つの目星が付いているとおっしゃるパーツが非常に気になります。笑
      結果を是非教えていただきたいです。ご連絡をお待ちしております!

  3. こんばんは。
    ⑨はチーフテンなのですね。RPFなんかではKoolshadeで再現しているのを見たことがあったので、てっきりそう思っていました。
    ある意味助かりました。
    それと、ゲパルトD-9パーツの写真貼っておきます。

    1. 健太のパパ さま
      こんばんは。お疲れ様でございます。
      画像ありがとうございます。
      すみません、ゲパルトパーツ、裏側も
      お願いできますでしょうか?
      よろしくお願いいたします。

    2. こんにちは 健太のパパさん。

      バンダイAT-ATのパーツは、エンジングリルの縦のラインが途切れている箇所や、
      グリル横にある蝶番を呆れるほど忠実に再現しています。そのおかげでチーフテンを見つけることが出来ました。

  4. アントマンさん

    お疲れ様です。
    ゲパルトパーツ D-9裏側の画像です。

  5. 皆さん、コメント欄に画像を添付できるプラグインを活用していただけてとても嬉しいです。
    インストールした甲斐がありました。てか、もっと早くこのプラグインに気づけば良かったです。

健太のパパ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。