マンディブルの穴メカ 解析と創作その1

大変ご無沙汰しています!

前回投稿したのは丁度あの豪雨の日だったのですが、今はもうすっかり猛暑の続く本格的な夏日に変わってしまいました。

この暑い中、先日立て続けに映画を2本観てきました。場所は私の行きつけの「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」です。

私はこの映画館の最上階から見えるこの景色が大好きです。この商業施設の名前の由来の通り、人工のグランドキャニオンそのものです。あ、本物のグランドキャニオンは見た事ありませんけど。笑

 

まず観た映画はやはり「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」です。素直な感想を書けば、確かに楽しめる作品でした。でも、1回観ればいいかな。笑

ミレニアムファルコンの例のシャトルですが、私はもっと劇的な演出があるのだとばかり思っていました。

ヒロインのキーラがその後のスター・ウォーズ作品に登場しない事から私は、彼女がシャトルに乗り込み自分の身を犠牲にしてハン・ソロ達を助ける… なんてストーリーがあるのではと勝手に想像していました。笑

もう一本は「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観ました。こちらの感想は「恐竜が人を襲う映画はもういいかなー」です。笑

 

と、久しぶりに前書きが長くなってしてしまいました。最近は船体円周の奥行きを修正する作業をひたすら続けていました。

右舷と左舷の前後、そしてその上下の補強装甲プレートの縁の加工と、同じ事をずっと続けていたらさずがに飽きてしまいました。笑

それで次の創作として、ドッキングベイ辺りにボディの上下を固定するフレームの様な物を自作して取り付けようと考えていたのですが、何だか久しぶりにパーツ解析がしたくなりましたので、作業の手を休めマンディブルの穴メカのパーツ解析をすることに決めました。

 

今後このマンディブルの穴メカについて記事を書き進める上で、まず自分なりのルール付をすることにしました。なにしろ左右上下8箇所もありますから、自分でも今どの穴のパーツを見ているのか分からなくなることが頻繁にありますから。

まず、それぞれの穴にアルファベットの名前を付けました。これで今後、例えば私が「A穴」と書けば、それは「左舷マンディブル上面前方の穴」を指します。笑

 

それで只今、絶賛パーツ集め中です!

DeAGOファルコンのパーツのディテールが実物と違い過ぎていて辛い!笑

まるで昆虫採集をして標本を作っているようです。夏休みっぽくていいかな。

例えが「昭和の少年」過ぎて伝わりませんね。笑