「ブレードランナー2049」観てきました。

今日はスターウォーズを離れ、ブレードランナーのお話をします。

 

早速観てきました。「ブレードランナー2049」。

「初日の初回に足を運ぶなんてオトナゲない」と思っていたのですが、予想外に館内はオトナの人達でいっぱいでした。

音楽は今回残念ながらヴァンゲリスではなかったのですが、ヴァンゲリスを感じさせるエンドタイトルを聞きながらエンドロールを眺めていたら涙が出てきました。(あー恥ずかしい)

いい作品に出会えた満足感と余韻と、そして大学生時代を懐かしむ感情が混ざった涙だったような気がします。

 

「ブレードランナー」の日本公開は1982年夏。当時の私はまだ高校生で、この作品より「E.T.」を観に行った側の一人です。笑

ただ、私が東京の大学に在籍していた80年代後半頃には、この作品はカルト化し「絶対観ておくべき映画のひとつ」になっていました。

吉祥寺の名画座で遅ればせながらこの作品を初めて観た私は、その洗練されたビジュアルに感動しこの作品に深くのめり込んだことを覚えています。

今思い返すと、スクリーンの中の未来のロサンゼルスのビジュアルと、自分が当時住んでいた東京(特に歌舞伎町や秋葉原の電気街)のビジュアルとを重ねて観ていたような気がします。それ故に受けるショックも大きかったです。

「ブレードランナー2049」では更に「汚れた未来都市」が加速していましたが、それに反して現実の秋葉原はすっかりあの当時より小綺麗になってしまいましたね。笑

当時買った本は今でも大切に持っています。

 

そして話は変わりますが、今作品のエンドロールの中にまた「Syd Mead」の名前を見つけることができて大変嬉しくなりました。

1990年1月、大学生だった私は神宮球場近くにある青山TEPIAで開催された「シド・ミードの世界」展に友人と二人で来館し、そこで敬愛していたご本人にお会いすることができました。当時既にいいオジさんだった彼が今でも現役で活躍されていることはとても素晴らしいことだと思います。

彼は主に未来を設定にした映画のビジュアルに多く関わってられて「フューチャリスト・デザイナー」と名乗られているようですが、彼が描き出すデザインに説得力があるのは元々彼が「工業デザイナー」であることが大きく影響しているからだと思います。

大切に持ってる本 その2

ここにある画集の中に、スターウォーズ「帝国の逆襲」のAT-ATの発想の元になったイラストがあるのは有名な話です。

私はシド・ミードや、そしてジョー・ジョンストンのような「理に適ったデザイン」「本当に機能するデザイン」を描ける人、それも上手に描ける人が大好きです。

 

あれ?感情のままに書いていたら何が言いたいのか分からなくなってしまいました。笑

結論、私は「ブレードランナー」と「ブレードランナー2049」が好き。そしてシド・ミードとジョー・ジョンストンが好き。

て、ことで今日は終わりにします。

左舷通路上部プレート 創作その3

お久しぶりです! 早速ですがー
ここにある2つのハッチのリングの中に見えるスリット状のディテールは、本体後方のマンダラ(マンダラの様にゴチャメカが配されている扇型のエンジン部分をそう呼ぶそうです)にある6つの排気口に使われている物と同じです。

では、これらは何を流用した物かと調べてみても今のところ正しい情報は手に入れられていません。

それで自作する方法を当初考えていたのですが、思いも寄らない所で中々いい物を見つけました。【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルです!

なぜこれを使う発想に辿り着いたかをお話ししますと

そもそも変なところに話が飛びますが、「新たなる希望」に登場する主要戦闘機のモデルは同スケールで製作されたそうですね。そしてそのタイファイターのソーラパネルに使われている黒いスリット状の物と、ANH ファルコンの排気口に使われている物は同じ「クールシェード」と呼ばれる市販の遮光資材だそうです。

なので無理矢理こじつければ、1/45のESB(DeAGO )ファルコンとほぼ同スケールの【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルが使えるのでは… と冗談半分に考えてみたのです。

このキット、今ネットで調べてみましたら、なかなかいい値段になっていました。でももう遅い!笑

こうしてはめ込んでみるとかなりいい感じではないですか!

「本物の流用パーツに付け替える」と言うこのブログの趣旨とは外れますけど、実際に使われている物が判明するまではここはこれで行こうと思います。6つの排気口もです。

 

ここまでパーツを貼り付けた段階で、DeAGO ファルコンの造形の間違いを見つけてしまいました。

これはどの箇所でも頻繁にあることなので注意をしておくべきでしたが、この画像の様にパーツを仮配置してみたら明らかにこの幅が広過ぎます。

こんな些細なことを気にしてしまう自分に嫌気がさしてしまうのですが、一度気になったらもう修正しないと気が済みません!

で、どうすればいいんだ?

 

「その4」に続きます。