昇降ランプ上部プレート 解析の追記その3

たまたま、見つけられずにいたパーツを偶然見つけました。

余りにも特徴が無く目立たない形だったために解析し忘れていたこの小さなパーツ。

【エアフィックス 1/72(1/76)ドイツ 8輪装甲車 Sd.Kfz.234】のバイザーでした。

あースッキリした。おやすみなさい。

昇降ランプ上部プレート 創作その2

次に気になる箇所はこちらです。

この四角いパーツも引き続き【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】の物なのですが、ご覧のように実際の【フンクワーゲン】のパーツはESBファルコンの物とは違い下部が一回り小さくなっています。

前回の記事で【エアフィックス 1/76 スコーピオン】の車体の上にあるリングを採寸した時に、この四角いパーツのサイズも一緒に採寸していたのですが、大きさ的には【フンクワーゲン】のパーツの長い辺の日さし部分をカットし(点線)、短い辺の日さしの下にプラ板を貼り段差をなくした物に一致します。

実際にそう加工した物がこちらです。

これが正しいとすると逆に、なぜILMのスタッフはこのような手間の掛かる加工をしたのか不思議になります。

 

それからもう一つ。【タミヤ 1/700 信濃(旧版)】のお馴染みの四角いパーツですが

実際は左に添えたパーツのように勾配のある形をしているのですが、このプレートに付いている3つの【信濃】パーツはどれも上面が水平になるように加工されています。

なぜこのようなあまり意味のない加工をわざわざしたのでしょうか。そう考えるともしかしたら、前回の記事で取り上げた【スコーピオン】の上のリングも直径を小さくする加工をしたのではないかと疑ってしまいます。

 

次にこの個性的な形をしたパーツは【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】の物ですが、このキットには「ブラジル産」の物があるのを最近教えていただきました。

自分が所有しているキットを確認してみたところ「ブラジル産」とそうでない物がありました。画像の手間にあるのが今でも模型店で購入できる現行のキットで、奥の2つが中古で買ったキットなのですが、これがどちらも「ブラジル産」でした。

ですので私の中では「旧キット」=「ブラジル産」と言う認識が出来上がってしまったのですが、この考え方は短略的ですかね。

 

ランナーを見てみると、旧キットのランナーにはしっかりと「MADE IN BRAZIL」と「TYRRELL」の文字があります。これは【タイレルP34】固有のランナーである事を意味していますね。

もう一方の現行キットのランナーには数字のみの表記で、これは私が持っている【タミヤ 1/20 J.P.S.MkⅢ ロータス78】のランナーと同じ物でした。

パーツを比較してみると確かに微妙に形が違いますね。右のパーツが「ブラジル産」で、ESBファルコンに使われているのはこちらのパーツです。

 

その他のパーツに関して書いておきますと、前のパーツ解析の記事では触れていませんでしたが白い半円の棒状の物は【エアフィックス 1/144 サターンV】のパーツを使用しました。コの字のパーツは流用の物なのか判断が付かなかったので、ここは太さの近いプラ棒を曲げて取り付けています。

 

このプレートに関してはまだ不明なパーツが幾つか残っていますので、サーフェイサーは吹かずにこのままの状態にしておきます。

昇降ランプ上部プレート 創作その1

ここ最近は右舷の昇降ランプ上部プレートを創作していました。

このプレートに流用されているパーツの解析は、マンダラの創作をするより前の昨年11月に済ませていました。ただその後の更地化に手間取り、つい後回しにしていました。

この状態のまましばらく放置されていた物を今回ここまで綺麗にしました。

「いやいや全然変わってないぞ!」と突っ込まれそうですが変わってますよ。笑

週間スターウォーズミレニアムファルコンの創刊間もない頃の物だった為か、プレート自体が無駄に2分割にされていたり、補強装甲プレートの凹のディテールが一部省略されていたりと、更地化するのに随分苦労しました。

いっその事補強装甲プレートまで全て削り落とした方が手っ取り早かったのかも知れません。

 

さて、その後楽しいパーツの取り付け作業を行っていたのですが、幾つか気になる箇所がありましたので、今日はそこを書いていきます。

まず、このプレートの中央に付く【エアフィクス 1/76 スコーピオン】の車体上面のリングについて。

私はこれを前の記事で【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】としていますが、アントマンさんから「このリングの直径は【フンクワーゲン】の物より小さい」とのご指摘をいただいていました。ですので今回もう一度しっかりと検証してみることにしました。

【スコーピオン】の砲台基部の円の直径は 20.8mmで、【フンクワーゲン】の直径はジャスト20mmです。確かにこの2つが並んでもネットの画像で確認できる程の大きな差は出来ません。

そこでよりリングの正確な大きさを知るために、このリングが写っている2枚のネット画像からそれぞれ採寸して照らし合わせてみることにしました。すると両方の数字に大きくな違いは出ず、リングの直径は19.6mmとなりました。

直径0.4mmの差は数字だけを見ると本当に僅かなものですが、裏を返せば明らかにこのリングは『【フンクワーゲン】の物とは違うパーツ』と言う事になりますね。

とは言っても。とは言っても!

オレンジで記した上渕の厚みや内孔の大きさ等はとても【フンクワーゲン】の物に近く「まぁあ、取り敢えずこれ付けとくか」と思わせる程の違いです。笑

外円を切り詰めて若干ですが径を小さくしてみました。それをESBファルコンに習い、わざと【スコーピオン】の砲台基部の円の中心からズラして取り付けてみました。

内孔の奥に見えるのはお馴染みの【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルです。

これだと確信できるパーツが見つかるまでは取り敢えずこれで良しとしておきましょう。

昇降ランプ上部プレート 解析の追記その2

ご無沙汰しています。風邪を引いてしまいブログの更新が止まっていました。毎年季節の変わり目にはいつも、家族の誰よりも先に風邪を引いてしまいます。

さて、昇降ランプ上部プレートの流用パーツに関して、このブログのコメントとは別ルートでこんな質問を受けました。

「⑪のパーツは【タミヤ 1/35 ドイツⅣ号対空戦車ヴィルベルヴィント】にもありますが、それとは違うのですか?」とのことです。

百聞は一見に如かず。両方のキットを見比べてみます。上の画像が【ラング】、下が【ヴィルベルヴィント】です。

どこが違うのか敢えて書きますと、四角で囲った箇所の、細い縦横のバーが交差している部分。【ラング】は縦のバーが優先されていて【ヴィルベルヴィント】は横が優先されていますよ。四角で囲っていない他の箇所も全てそうなっています。

ESBファルコンのそれは縦が優先しています。なのでこれは【ラング】の物です。

それにタミヤの公式ページを見てみると、この【ヴィルベルヴィント】のキットの発売は1999年とありますので「帝国の逆襲」の製作時になかった物です。

では、質問の「それとは違うのですか?」の答えを述べますと「違いますけど同じ物と考えて差し支えないと思います」です。笑

昇降ランプ上部プレート 解析の訂正とお詫び

追記したり訂正したり、内容がブレてしまいまして申し訳ありませんが、「昇降ランプ上部プレート その1」の内容に間違いがありましてので訂正させていただきます!

⑤の四角いパーツにつきまして「タミヤ 1/700スケールの戦艦【グナイゼナウ】と【シャルンホルスト】どちらにも共通のパーツです」と記載していましたが大ウソでした。汗

上が【グナイゼナウ】、下が【シャルンホルスト】です。百聞は一見に如かず。ご覧の通り違います!

頑張って【グナイゼナウ】のパーツを【シャルンホルスト】にすることは出来そうですが逆は無理ですね。従って、ディテールの交換をされる方は必ず【グナイゼナウ】のキットを手に入れられてください!!

もう既に間違って【シャルンホルスト】をご購入された方がいらっしゃいましたらごめんなさい。但しその【シャルンホルスト】は決して無駄な買い物ではございませんので何とぞご容赦ください!

「昇降ランプ上部プレート その1」の内容も訂正しています。

今後このようなことが決して(あ、いや出来るだけ…)ないよう精進してまいります。汗汗