パーツの追加が出来ました。

ヨドバシカードのポイントが貯まっていたので、先日仕事帰りにそのポイントで【タミヤ 1/700 航空母艦ホーネット】と【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】を手に入れてきました。

いやーポイントっていいですよね。これじゃあ町の小さな模型屋さんは勝てないですよね。厳しい事を書きますが。

 

で、前の記事で不十分だったパーツが追加できました。嬉しい!

【タミヤ 1/35 陸上自衛隊61式戦車】の「ガンダムの手」のパーツと

【タミヤ 1/700 航空母艦ホーネット】の「洗濯板」のパーツ。

この箇所の洗濯板(若い人知ってますか?)のような四角いパーツが【ホーネット】の物である明確な情報は見つけられていないのですが、下の画像やキャベツひろしさんのブログに掲載されているMRファルコンの画像を拝見すると、これに間違いないでしょう。このパーツの上部の微妙なハミ出し具合とかも。笑

 

次にどの箇所のパーツを解析しようかと色々考えていたのですが、実は最近、片付けなければいけない頼まれ事がいくつかあって記事を書く時間が取れていません。

今後しばらく投稿できない日が続くかと思いますが、どうか宜しくお願いいたします。

次はここにしようかと準備を少しずつ進めているところでした。次回をお楽しみに。

 

左舷通路上部プレート 創作その4

やってしまいました!

もうこれって正にダークサイドに堕ちてますよね。片足。

試行錯誤して悪戦苦闘した結果、斜めのスリット部分まで掘り直してしまいました。この調子で行くとこのDeAGOファルコンはいつ完成するのやら。

まぁ急いで完成させれるつもりは更々ないのですが。笑

で、パーツを全て付け終わりいつものようにサフェーサーを吹いてみたら、ひとまずこの箇所は完成です!

両側面のプラストラクトのT型鋼は付けていたのですが、これが付いているとT型鋼の下端が当たって組み立てられないことが分かったので外しました。

あっ、厳密に言うとまだ完成ではありませんでした。

この箇所にあるパーツが何か、どうしても解明できずにいます。汗

どなたかご存知の方いらっしゃいますか?

左舷通路上部プレート 創作その3

お久しぶりです! 早速ですがー
ここにある2つのハッチのリングの中に見えるスリット状のディテールは、本体後方のマンダラ(マンダラの様にゴチャメカが配されている扇型のエンジン部分をそう呼ぶそうです)にある6つの排気口に使われている物と同じです。

では、これらは何を流用した物かと調べてみても今のところ正しい情報は手に入れられていません。

それで自作する方法を当初考えていたのですが、思いも寄らない所で中々いい物を見つけました。【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルです!

なぜこれを使う発想に辿り着いたかをお話ししますと

そもそも変なところに話が飛びますが、「新たなる希望」に登場する主要戦闘機のモデルは同スケールで製作されたそうですね。そしてそのタイファイターのソーラパネルに使われている黒いスリット状の物と、ANH ファルコンの排気口に使われている物は同じ「クールシェード」と呼ばれる市販の遮光資材だそうです。

なので無理矢理こじつければ、1/45のESB(DeAGO )ファルコンとほぼ同スケールの【ファインモールド 1/48 タイファイター】のソーラーパネルが使えるのでは… と冗談半分に考えてみたのです。

このキット、今ネットで調べてみましたら、なかなかいい値段になっていました。でももう遅い!笑

こうしてはめ込んでみるとかなりいい感じではないですか!

「本物の流用パーツに付け替える」と言うこのブログの趣旨とは外れますけど、実際に使われている物が判明するまではここはこれで行こうと思います。6つの排気口もです。

 

ここまでパーツを貼り付けた段階で、DeAGO ファルコンの造形の間違いを見つけてしまいました。

これはどの箇所でも頻繁にあることなので注意をしておくべきでしたが、この画像の様にパーツを仮配置してみたら明らかにこの幅が広過ぎます。

こんな些細なことを気にしてしまう自分に嫌気がさしてしまうのですが、一度気になったらもう修正しないと気が済みません!

で、どうすればいいんだ?

 

「その4」に続きます。

左舷通路上部プレート 創作その2

「創作その1」で行った補強装甲プレートの修正を続け、ひとまずディテールの何もないツルッツルンの状態にしました。

側面の補強装甲プレートのコの字部分は金型からの抜きの都合で斜めになっていますので、これも1つ1つノミで綺麗に凹の状態にしました。

ここまでのマイナスの作業だけで休日1日が終わってしまいました。汗

ここからは楽しいプラスの作業です。

 

それぞれのパーツ位置を確認するために、参考としてネットの画像の歪みを修正してみたところ、かなり適当な配置であることが分かりました。笑

一番気になるのは中心線が揃っていないこと… ですがパーツ付けはILMスタッフの手作業によるものですので、これは仕方がないことです。この雑さを忠実に再現するのはナンセンスなことですが、かと言って正解に配置しても逆に面白味が無くなってしまいますので程々適当にします。

 

この箇所の上面に鉄道模型のレールの様に付いてる2本のパーツは、前にも紹介しましたプラストラクトの商品で、T型鋼  TFS-2です。長さ250mmで3本入りです。

これはESBファルコンのあらゆる箇所に使われていますので、最低でも5つは購入する必要があるのではないかと考えています。

そう言えば搭乗ランプ基部の投稿でこのパーツを自作していましたが、これもこのプラストラクトの商品でした。今度付け替えます。

 

オリジナルパーツの貼り付けをします。

中央に大きく付いている【エアフィックス 1/76 スコーピオン タンク】のパーツは複製した物を使っています。

この両サイドについている【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー(またはJ.P.S.Mk Ⅲ ロータス78】のエンジンパーツは、他の箇所ではほとんど裏面の突起部分を切り落として使っています。

一番上が突起を切り落としていない状態のパーツの裏側で、真ん中が切り落とした物です。

ですがこの箇所のパーツは、この突起を残しディテールに立体感を持たせています。

このパーツを流用される方はお気を付けください。

 

パーツの取り付け作業はまだまだですが今日はここまで。

「その3」に続きます。

左舷通路上部プレート 創作その1

ではいつものように既存のディテールを模型用ノコとヤスリを使って削り落としていきます。一番地味な作業です。

凸のディテールの周辺には、成形の際に必ずヒケ(窪み)が.発生するため、このヒケにタミヤパテを盛ってフラットな面を作ります。

作業がかなり雑! てか、かなり適当です!

ヤスリがけをした後の画像です。

グレーの部分がタミヤパテで、つまりここがヒケで窪んでいた部分です。画像を見ると上面全体が大きく窪んでいたことが分かります。

補強装甲プレートの修正を行います。ノミを使い一度大きく削り落とし、改めてエバーグリーンの平棒で装甲プレートのコの字部分を再生します。

段差をなくし、隙間を埋め、ひとまずサーフェイサーで表面を整えました。

こうして拡大して見るとまだまだ粗が目立ちますが、肉眼で見る限りはなかなか綺麗に仕上がっています。

補強装甲プレート全体を削り落として、丸々自作する方が効率がいいのかも知れませんが、それをしてしまうと他の全部の装甲もそうしないと気が済まなくなる恐れがありますから(よく言う「ダークサイドに堕ちる」ってやつです)無茶をせず、気になる箇所のみの修正に留めておきます。

 

「その2」に続きます。