右舷投光照明 パーツ解析と創作その2

エンジンパーツを組み上げただけではサイドが空いたままですのでESBファルコンの画像を見て同じように創作しました。

ライティング機能は残すつもりでいましたのでDeAGOファルコンのベースをそのまま使用してLEDの回路基板が固定できるようしています。

雑な仕事ですが、光漏れを防ぐためにタミヤパテを盛ってシルバーのラッカーを塗り付けています。上下の増幅もしています。

 

ライティングのテストをしてみました。いい感じです。

これは遮光の処理を行う前の画像ですので、LEDの漏れた光でサイドが薄っすらと明るくなっています。

ここは豆球の方が当時の雰囲気が出ていいのかも知れませんが、メンテナンス等を考えればそれは野暮な発想と言えます。

 

右舷の投光照明が完成しましたので前回創作したトラクタービーム投射装置と組み合わせサーフェイサーを吹いてみました。

実はサーフェイサーを吹くのが大好きで、今後も創作の締めはサーフェイサー吹きにします。これをすると一体感が出て一気に完成した気分になるからです。

クチバシ クチバシと書き続けましたが正確には「右舷マンディブル」の先端部分がこれで完成しました。

尚、【タミヤ 1/12 フェラーリ312T】の2つのパーツはこの段階ではまだ取り付けません。

画像を大きくして見ると表面処理がまだまだ雑ですね。

右舷投光照明 パーツ解析と創作その1

ここも前回のトラクタービーム投射装置と同様に市販キットのパーツのみで構成されています。

【タミヤ 1/20 タイレルP34】または【タミヤ 1/20 J.P.S.ロータス78】のキットを1つ手に入れればこの箇所のパーツが一式揃います。

逆を言えば、左舷のもう1つの投光照明を完成させるには、このどちらかのキットがもう1つ必要になる訳です。

既存のキットのパーツだけを組み合わせてそれらしいディテールを作り上げるセンスの良さには感動します。流用しているパーツがF1エンジンの物なので、いかにも「高性能っぽいけどレトロな感じ」が溢れていて堪りません。

 

横に2つ付くパーツは【タミヤ 1/12 フェラーリ312T】の物で、1つのキットに3つ入っています。但しこのパーツは他の箇所にも複数個流用されていますので私は複製しました。

こんなには必要ないと思いますが…

そして【312T】のパーツの間にひっそり隠れて流用されているこのパーツは解析が難しくて自信がないのですが、スリットのピッチや幅から【タミヤ 1/20 タイレルP34】または【タミヤ 1/20 J.P.S.ロータス78】(画像はタイレル)のオイルクーラーをカットした物で多分間違いないかと思います。