マンダラ 解析と創作その4

マンダラのパーツ解析と創作をすると予告してから随分日にちが経ちましたね。早く本腰を入れてスタートしないとそろそろ皆さんから『マンダラヤルヤル詐欺』と言われてしまいそうです。汗

ですのでここで少し「ちゃんと準備は進めてますよ」と言う証拠の画像をお見せしておきます。

これは「週刊ミレニアムファルコン」のパッケージを加工して作った簡単なパーツ収集トレーです。これに「週刊ミレニアムファルコン」の創刊号に付いていた平面図(スキャナーで一度取り込み色変換した後プリントアウトしています)を置き、その上から弱粘両面テープを貼ってパーツの付け外しが出来るようにしています。

このトレーに見つけたパーツをペタペタと貼っている時が堪らなく楽しい!(あっいや、大丈夫です。変なオジさんでは決してないですよ。)

 

他にもこんなにあります。普段は場所を取らない様に重ねています。

見た目が随分悪いトレーですが、いずれパーツの付け替え作業が進めば不要になって捨てるだけの物なのでお金を掛けずに作りました。見た目に反して中身はとても高価なものですよ。笑

 

さてさてそれでは次に、昨年末にコメントをいただいてましたこの四角いパーツについてお話します。

見れば見るほどただの四角ですね。笑

こんな特徴のない単純な形の物が逆に見つけ難いんですよね。ですのでせめてサイズだけでも把握しようと少し回りくどいことをしてみました。

この四角いパーツのすぐ横にある【タミヤ 1/35 ゲパルト 西ドイツ対空戦車】の起動輪のサイズを測ります。尚、このパーツは外周にあった歯を全て切り落としています。

この起動輪のサイズを基に四角いパーツのサイズを測ってみました。

これで四角いパーツのサイズが分かりました。2つの画像でパーツの一辺のサイズが違いますが、これはあくまでおおよそのサイズですので気にしません。

それよりもこちらの方が気になります。ただの立方体だと思っていたら上面の形が僅かに台形になっています。ですがこれで逆にこのパーツに特徴が見つかりました。

それと海外のモデラーの方がフルスクラッチされている画像を見ると、このパーツの成形色が薄いグレーであることも分かりました。これはタミヤのウォーターラインシリーズのキットによくある色です。これらの特徴とサイズを考慮してパーツ探しをしてみました。

そして見つけたのがこのパーツです。

【タミヤ 1/700 航空母艦 信濃(旧版)】のパーツ27と28です。サイズ形はぴったりです。そしてこのパーツには大きな凹みがありことが分かります。それでもう一度、別角度からの画像を探して確認してみました。

するとありました。凹みが。起動輪とフンクワーゲンのメッシュ枠の陰になってこの凹みに今まで気付きませんでした。

 

このパーツは私にとっても最後まで解析できていない物でしたので、これでスッキリしました。多分これでマンダラのパーツは全て分かったのかな?きっと。

ただ、解析が済んでもまだ手に入れることができていないパーツがいくつかあります。まぁそれを踏えまして、そろそろスタートいたします。今しばらくお待ちください。

2018年 あけましておめでとうございます。

2018年が明けて既に1週間が過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

きっと多くの方が、年末年始の休み明けからのこの3連休をゆっくりと過ごされているのでしょうね。

なんだかんだと忙しい日々を送っている私としては羨ましい限りです。いやいや、本当は忙しいことに感謝しなくてはいけないのですが。

と、新年からグチっぽい書き出しになってしまいました。ごめんなさい。

私の年末年始は年賀状を書く暇も無い程に慌ただしい毎日でした。と言いたいところですが、よくよく考えれば「最後のジェダイ」を2回も観に行く暇があったのですからそれは単なる勘違いでしかありません。

相変わらず前書きが長くて申し訳ありません。

 

では今年最初の投稿は、唐突ですがこのキットの紹介をします。じゃーん!

【エアフィックス 1/144 アポロ サターンV】です!

実はこのキットはまだ手に入れていなかったので、昨年末に自分自身へのクリスマスプレゼントとして近所の模型屋さんで購入しました。

「ネットで買った方がお得では」と考える方も多いと思いますが、送料やキットの状態、そしてプレミア価格等を考えれば、店頭で定価で購入することは決して損な買い物ではありません。

それにそもそも私は考えが古いのか、ネットショッピングがどうにも好きではありません。

購入ボタンを押してからその商品が届くまでのあのタイムラグが嫌いです。その商品を手に入れた喜びをどの時点で感じていいのかがはっきりしません。

更にカード決済の場合は、商品は手に入れているのにまだお金を支払っていない状況がなんとも気持ち悪くて嫌いです。

 

と、いつまでこの無駄話は続くのかと思われていますね。ごめんなさい。本題に戻ります。

同じアイテムで【モノグラム】からリリースされているキットがありますが、こちらはまた違う造形のようで、比較すると面白そうなのですがあいにく私は持っていません。

ネットの画像を拾って掲載させていただくと、細部の処理は【エアフィックス】のキットの方がいいようですね。

左が【モノグラム】、右が【エアフィックス】です。ロケット本体の形状に関しては違いが分かりません。

【モノグラム】のキットは「新たなる希望」のYウイングに使われていると、以前に紹介した82年6月号のホビージャパン「そしてまたSTAR WARS」特集の中で書かれいますので、私の頭の中には「新たなる希望」は【モノグラム】、「帝国の逆襲」は【エアフィックス】と言う考えがずっと昔からあります。

撮影用モデルの製作時期が違うので、その時にILMスタッフが揃えた市販模型の種類も違っていたのでしょう。と!思っていたのですが、今回この記事を書く為に軽く検証してみるとそうとも言えなくなりました。

Yウイングの画像が掲載されている『スター・ウォーズ・クロニクル ビークル編』のページに直接【エアフィックス】のパーツを置いて見比べてもみても、これが【モノグラム】の物なのかその違いが分かりません。

パーツ上部にあるスリットのモールドの向きが、ロケット本体の中心から変わっている様子は完全に【エアフィックス】の物と一致するのですが。

 

話が初めから脱線していますね。これ以上の検証は辞めにしてこのキットのパーツがESBファルコンのどこに使われているかを書いていきます。(私のブログでキットを主体にしたパーツ解析は初めてですね)。

マンダラではこの2つ。

バーニアのこの部分は、他の方のブログで既に紹介されているようにシンメトリーではなく、同じ向きの物が使われています。

このパンサーのキットのお尻に付くサターンVの先端部分は複製をしないとキットのままでは足りません。

 

マンダラの他にもレクテナ・ディッシュの中央部に使われています。

ただ下の2つの画像を見比べるとダボ穴の形状が微妙に違って見えるのですが… 皆さんのご意見はいかがですか?

金型が改修されたとの情報もありますが、これは旧版のキットを確認しないと答えが出せません。

そして最後はこちら。あまり目立ちませんが下面後方のこの部分に小さいバーニアが使われているようです。

 

正直な話、これらのパーツであればどれも複製するのはそんなに難しい作業ではありませんので、シリコンで型取りをした後にキット自体は転売することも考えられるのですが私はそれはしません。

その理由は以前にも少し書きましたが、撮影用モデルサイズのAT-ATを創作するためにこのサターンVの胴体が必要なのです。

この計画はまだまだ先の話ですが、いつか叶えるために大事に持っておくことにします。(デカくて邪魔ですけど)。

 

因みに画像はAT-ATの腹部のパーツで、【サターンV】の白いドーム型のパーツの上に【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のホイルが付き、更にその上に【タミヤ 1/700 イギリス 巡洋戦艦 フッド】の煙突パーツが付くと、この様に簡単にこの箇所のディテールが完成します。

 

AT-ATとESBファルコンは製作時期が同じである為、使われているキットの多くが同じで、且つパーツのかぶりは少ないのです。

ですのでAT-ATの創作は、DeAGOファルコン用に購入したキットの残ったパーツの再利用にもなり、とてもエコだと言えます。笑

 

と、新年最初の投稿なのに読み返してみるとファルコンに関して何も新しいことを語っていないですねー。

こんな調子で今年もやっていきます。どうぞよろしくお願いします。それでは最後に締めの一言を申し上げて終わりにしたいと思います。

「このファルコン。今年中には完成しません‼︎」笑笑

マンダラ 解析と創作その3(追記)

昨日のブログが今年最後の更新だと判断し、年末の挨拶をさせていただきましたが、まだまだ続きます。笑

私の問い掛けに沢山の方々が応えてこださり、とても嬉しく思います。

ありがとうございました。

一人でパーツとにらめっこをしていた時とは全く違う今のを状況が嬉しくて嬉しくて。もっと早くブログを始めていればよかったと思っています。

 

皆さんからいただいた答えは【タミヤ 1/35 アメリカ陸軍M551シェリダン空挺戦車】でした。キットの正式名称が長いので【M551シェリダン】としましょう。

いやー持っていました。【M551シェリダン】のキット。それなのに全く気付いていませんでした。私の目は節穴でした。

こうして並べてみると【4連装高射機関砲38型】のパーツとは大きさが随分違いますね。ネットの接写画像ばかりを見ているとスケール感が分からなくなりますよね。実際のパーツを目にした時「小っさ!!」と驚いたことが幾度もあります。

 

すっきりしました〜。これで年が越せます。(とは大袈裟過ぎますね)。

ではまた!

 

あ、サーバーの調子がおかしくて、コメントをくださった皆さんにご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした。

それから【タイレル フォード F-1】の記事がtaraさんとアントマンさんのブログの内容とそれぞれカブってしまい、こちらも申し訳ありませんでした。

【タイレル フォード F-1】のキットとパーツについて

もしかしたら今年最後の投稿になるかも知れませんので、まだまだ書いていきましょう!(でも時間的にこれが最後の投稿でしょうか)。

先日、taraさんのブログ「taraの憩いの部屋」で【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のキットについて書かれた記事を拝見し、私の持っているキットも見ていただきたいと思いました。

taraさんがブログで掲載されている画像とほぼ同じで笑ってしまいますが、これが私の持っている【タイレル フォード F-1】のキットです。昨年近所の模型屋さんで見つけて購入しました。

右の画像にある「©︎1973」の年号が何を表しているのか私は知りません。住所は「恩田原」。本体価格は7,000円でした。(10%値引きされていました)。

お店のご主人が「エッチングパーツが付いていない分お得だよ〜。この金額じゃあもう買えないよ〜。」とおっしゃられていて、「ネットでは買えるよ〜」と心の中でツッコミを入れた覚えがあります。笑

デカール裏面の数字は「1994年11月製」ってことですか?英語表記の住所はまだ「OSHIKA」のままなんですけどね。そして説明書のイラストには四角いモールドは描かれていません。

以上が私の持っているキットですが、いかがでしょうか?

 

それではついでに、このパーツが流用されているESBファルコンの画像を見てみましょう。

この画像のパーツは、ピンクの矢印で示した四角いモールドが小さく、ブルーの矢印の凸の横ラインがキットの端まであります。これは【タミヤ 1/12 タイレル フォード F-1】のパーツの特徴です。

 

で、反対側も同じ【タイレル フォード F-1】のパーツが使われているのかと思いきや…

違いました。

四角いモールドが大きく、横のラインが途中で終わっています。

これはフォードエンジンを使用しているタミヤ 1/12スケールのF1キットにある共通のパーツです。多分この画像のパーツは「タイレルP34シックスホイーラー」か「J.P.S.Mk.Ⅲ ロータス78」の物だと思います。

 

て、ことで。もうこんな時間!

明日も仕事ですので、これで終わりにしたいと思います。

それでは皆さま良いお年を!

マンダラ 解析と創作その3

次に「マンダラ 解析と創作その2」で紹介しましたパーツの上に付くのがこの3つのパーツです。

①の2つは【エッシー 1/35 SD. KFZ. 10/4】のパーツです。海外のモデラーの方がこれを【タミヤ 1/35 20mm対空機関砲38型】のパーツと間違えられているのをよく目にします。

確かに似てはいますけど。

 

そして問題は②のパーツです。残念ながら私はこれが何のキットの物か未だ判明できていません。

海外の掲示板を拝見するとこれを【タミヤ 1/35 20mm4連装高射機関砲38型】のパーツとしている記事が多くあるのですが、私にはこれがどうしても同じ物に見えません

中央上部の丸いダボ穴らきし部分の形状の違いですとか、2本の足の部分が【4連装高射機関砲】は僅かにテーパーになっている所など。また、上の画像のピンクの円で囲った部分のディテールもこのパーツにはありません。

ご存知の方は是非ご一報くださいませ。

 

蛇足ですが、今回の記事で記載した【対空機関砲】と【4連装高射機関砲】は画数の多い漢字ばかりで、更にどちらも20mm38型なのが非常に紛らわしく、書いてる私もたまにどっちがどっちか分からなくなる時があります。

因みに【タミヤ 1/35 20mm対空機関砲38型】のキットは只今販売を休止しています。