AT-AT パーツ解析リスト その8


東京2020オリンピックがとうとう始まりました。

私はどちらかと言うとオリンピック開催には反対でした。それは今の政権に対する不満の代償などでは決してなくて、素直にオリンピックを楽しめない今の状況での開催が、とても残念でならないからです。

とは言ってもやっぱり昨晩の開会式は見ましたよ。仕事の都合で、途中の選手団の入場からしか見れませんでしたが。

ドローンとピクトグラムを表現するパフォーマンスはすごく良かったですよね。それと聖火台のデザインも素晴らしいと私は感じました。

まぁ不満な点も有りはしましたが、それらに対してただ「しょぼい」とか「安っぽい」としか言えない人達って、私は凄く残念で悲しい人達だなぁと思ってしまいます。

あれれ、話が変な方向に進み始めましたので、ここはいつものブログの内容に戻したいと思います。今回はボディの上面にあるパーツの解析をします。

 

Cの画像は、雪?の塗装で隠れていてよく判別できないので、【バンダイ 1/144 AT-AT】の画像を添えてみました。

①【タミヤ 1/35 ソビエト SU-122 襲撃砲戦車】または【ソビエト T34系戦車】など

②【タミヤ 1/35 ドイツ 20mm4連装高射機関砲38型】

③【タミヤ 1/700 戦艦 大和(旧版)】

④【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】

 

①のパーツは、車体にあるこの一体成型のエンジングリル部分をわざわざ切り出しています。

いつもこのブログにコメントをくださるymmt3bikeさんの「ILMのスタッフにはグリル・マニアがいたのかもしれない」って言葉に凄く共感してしまいます。これってもう疑う余地がありませんよね!笑

このグリル部分を切り出した物がイエローのラインで囲ったパーツなのですが、わざわざそんなことをしなくてもこのキットにはエンジングリル単体のパーツがあります。パーツナンバーA3とA4です。

こうして並べて見るとこれらのパーツはよく似ています。正直私は当初AT-ATのこのA部分のパーツはA3・A4だと思っていました。

で、そう思っていた方が私の他にもいらっしゃいました。バンダイさんです。笑

画像の上段が【バンダイ 1/144 AT-AT】です。こうしてサイズを合わせて比較してみると、明らかにパーツA3・A4を再現してることが分かります。「バンダイさんやっちゃいましたね」としか言いようがありません。笑

いや、笑ってはいけませんが、珍しい間違いではありますよねぇ。では一旦ここで実際のパーツを並べてみました。

 

では次にD部分のパーツ解析をします。ここもパーツの判別が難しいので【バンダイ 1/144 AT-AT】の画像を添えてみました。

残念ながらここにも不明のパーツがあります。どうにも見つけるのが難しいです。

⑤【タミヤ 1/35 アメリカ 自走対空機銃M16 スカイクリーナー】または【M3A2 パーソナルキャリヤー】

⑥【タミヤ 1/35 ドイツ Sd.kfz223 無線指揮車フンクワーゲン】または【4輪装甲偵察車 Sd.kfz222】

⑦【タミヤ 1/25 ソビエト襲撃砲戦車 ジューコフ SU-100】

⑧【タミヤ 1/700 戦艦 大和(旧版)】または【航空母艦 信濃(旧版)】

⑨【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】または【J.P.S.MkⅢ ロータス78】

⑩【タミヤ 1/20 タイレルP34 シックスホイーラー】

⑪【レベル 1/540 U.S.S. コーラルシー】または【ミッドウェイ】など

⑫【タミヤ 1/35 ドイツ Ⅲ号戦車】

⑤ ⑧ ⑨のパーツは、他の箇所に使われているパーツのことを考えると、それぞれ【M16 スカイクリーナー】【 大和(旧版)】【シックスホイーラー】だと言い切ってもいいと思うのですが、同じパーツが他のキットにもあるので、このような回りくどい解析の仕方をしています。

この部分にも実に多くのパーツが使われていて、そのどれもが細かくカットされ組み合わされています。AT-AT制作に対するILMスタッフの拘りを強く感じます。

私は実は随分前にこの部分の創作には取り掛かっていました。ただ、どうしても不明のパーツがるためにここで手が止まってしまっています。

皆様方からの情報をお持ちしております!

“AT-AT パーツ解析リスト その8” への6件の返信

  1. お世話さまです。

    T-34のグリルとⅢ号戦車のワイヤー・カッターは流石の観察眼ですね。

    不明部品ですが、突出部の丸いディテールは押出しピン跡みたいですね。タミヤ製品であれば「20mmFlak38のシールド(J12)」のようにブリッジ状の押出しピン受けを設けるはずなので、エアフィックスやバンダイかな?と考えています。
    幸運にも見つけたらお知らせしますね。

    それでは!!

    1. こんにちは ymmt3bikeさん。

      私もあの丸いディテールは押出しピン跡だと考えています。だとするとあの無骨なピン跡は、きっと海外のキットの物だろうと私は考えています。
      今は地道に、「新たなる希望」時に制作されたモデルに流用されていたキットまで、調べる範囲を広げています。

      ymmt3bikeさんに幸運が訪れますことを祈っております。笑

  2. お疲れ様です。

    例の耳付状のパーツですが、これは
    こういう形状ではなく、創作じゃないか?
    と思うようになってきました。

    プロップ画像をよく見ると添付画像の矢印の
    ところに線らしきものがみえます。
    そして、白で囲った部分ですが、全部同じ
    大きさです。耳部にあるのははピン痕では
    ない気がします。
    場所も不自然な気がします。

    いくつかのパーツの組み合わせだとは
    思いますが、ベース部分に関しては
    そうじゃないかな~??と思うのですが
    どうでしょうかね??(;^_^A

    1. こんにちは アントマンさん。お返事が遅くなって申し訳ありません。

      私はこの部分は、いくつかのパーツを流用し、それに創作を加えているのではないかと考えています。
      矢印の線に関しては、私はこの耳付状のパーツの成型時にできたヒケではないかと思います。
      ただ私が示したピンクのリベットはあまりにも並びが不揃いなので、これは後で付け加えられた物ではないかと思います。

      それとアントマンさんが指摘されている4つの丸は確かに全て同じ大きさのようですね。
      グリーンで示した丸はイエローで記したパーツの中心から随分外れた位置にありますので、これらも後で付け加えられた物なのでしょうね。

      少なくともブルーとイエローで記したパーツは流用された物だと思いますので、これらをそれぞれ探してみようと考えています。
      もしかしたらブルーとイエローのパーツは1つのパーツかも知れませんが。

  3. お疲れ様です。

    ヒケですか・・・AMTの1/43キットの
    ウィンドウパーツに似たようなものが
    あって調べていたのですが、
    (リベットは無いですが)
    画像情報が少なすぎて調べきれないです。
    動画情報も少ないです。。。

    ROCOも見ていたのですが、やはり情報が
    少ない。。。動画では結構あるのですが、
    詳細まで観られないです。

    消去法でとりあえず艦船模型は外しています。

    この部分はマジで見つかる気がしない
    です~(;^_^A
    せめて貼っていただいた画像の青い部分
    くらいは見つけたところですが。。。

    1. こんにちは アントマンさん。

      アントマンさんのコメントを読ませていただいていたら、もうベースとなる耳付状のパーツ部分は自作するしかないのかなと思えてきました。
      せめて私がコメントで挙げたイエローとブルーのパーツは見つけられたならと私も思いますが。
      RPFを見るとこの部分を丸々3Dプリンターで創作されていて、やはりパーツが見つけられなかったんだなぁって思います。

アントマン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。