AT-AT 頭部の解析と創作 その6


皆さん、本当にお久しぶりです! 大変ご無沙汰しております!

と、元気に書き出しても、もはやこのブログをどれだけの方が読んでくださっているのか大いに疑問に感じます。笑 それ程本当にご無沙汰しておりました!

最初に至極プライベートな話からしますと、新年の挨拶をさせていただいた時に書きました私の両親についてですが、幸運にも二人共に同じグループホームに入所する事が出来ました。

以前の様にまた実家で2人で過ごす事は正直この先とても難しいのですが、住む場所は違っても夫婦一緒に居られる事を今は素直に「良かった」と思う事にしています。ちょっと肩の荷が下りた今日この頃であります。以上。

 

て事でここ最近は、少々気が抜けたせいかブログを書く気力も出ず、休日はYouTubeを流し見ながらAT-ATの頭部(相変わらずファルコンではなく。笑)をちょこちょこといじり続けていましたら、ここまでいい感じに仕上がってきました。

以前紹介したAT-ATがこれで

これがこうなりました!

以前創作していた頭部底面のパーツも取り付けてみました。

ビューポートの長方形のプレームの厚みがどれも均等で無い所も正確に再現しています。拘ってるでしょ。笑

そしてこれに、まだ仮止めではありますが重レーザー砲のサイドガードも付けてみました。

かなり出来上がってきました。楽しい流用パーツの貼り付け作業までもう少しです。画像を見ていただくと分かる通り、各所に施されたスジ彫りもこのAT-ATの特徴の一つなのですが、この作業には使用する『道具』によってその完成度が大きく違ってきます。

私は昔から【Pカッター】しか使った事がなかったのですが、今や最寄りのヨドバシカメラの模型コーナーにはもう【Pカッター】って置いて無いんですよね。笑

で、これを機会に新しい『道具』を手に入れてみました。

ネットで下調べをした所、モデラーから圧倒的に支持されていのは【スジボリ堂 BMCタガネ】だったのですが、私が必要としていた幅0.2mmの物は生産を中止していて(8月に再販予定だそうですね)手に入れ事が困難でしたので、次に評価が高かったこの【バローベ HSS彫刻刀(0.2mm)】をヨドバシカメラで購入しました。評価ってよりもこのデザインが格好良くて。それが一番の購入理由なのですが。笑

ネットではハンドル部分にイエローの樹脂が塗ってある物を多く目にしたのですが、実際に私が購入した物にはそれはありませんでした。

で、初めて使う『道具』なので使いこなす為に何度も何度もスジ彫りの練習をしました。それはもう何度も何度も…

そしていざ本番で私が使ったのは結局これです。

【Pカッター】!  やっぱりここに戻ってきてしまいました。50を越えたオヤジの手にはやっぱりこれがしっくりくるのでした。笑

あ、いや 【バローベ HSS彫刻刀(0.2mm)】を否定している訳では決してありません。使いこなせなっかた私の力量不足です。そもそもオリジナルのスジ彫りのクオリティがこれですから。

あまり綺麗に仕上げても、逆にそれらしく見えないって事ですよ。笑

でも、まぁ新しい『道具』を手に入れるのは楽しい事です。【スジボリ堂 BMCタガネ】も非常に気になるアイテムですので、再販されたら是非使ってみたいと思っています。

で、実はここまでが前書きで、この後に本題に入るつもりにしていたのですが、予定外に長文になってしまいましたので続きは次回の記事にしたいと思います。

では。

“AT-AT 頭部の解析と創作 その6” への5件の返信

  1. お世話さまです。

    大雨は大丈夫でしたか?ネオワイズ彗星が見られる日が早くきて欲しいですね。

    ご両親が同じグループホームに入れて良かったですね。二人なら相談しあえるから、預ける方も安心ですよね。本当、よかった。

    前回までの投稿は時機を逸してしまい、コメントしませんでした。すみません。

    今回の投稿では、かなり捗っているし、端正な工作じゃないですか!?いや、もっとヤレてた方がそれらしいかもしれませんが、それは塗装で何とかなるでしょう。

    スジボリにBMCタガネはイイですよね。刃先の形状が良く、端まで届くのがとてもグッドだと思います。当方はクレオスのラインチゼルを使用していますが、テンプレートで四角形を彫ろうとすると四隅に刃先が届かないんですよね。なので、ファンテックのラインブレードに手を出してしまいました。

    天王洲アイルで見たシャトル・タイディリアムはスジボリかと思ったら、四角にくり抜いて、同寸の板をはめ込んで継ぎ目を表現してましたね。

    それでは!!

    1. こんにちはymmt3bikeさん。早速記事を読んでいただきありがとうござます!

      先の大雨では姉の住む家の床下ギリギリまで一時水が来ましたがその後すぐに引いたようです。事前に車を別の場所に移動させていたりもした事から、それ程の深刻な被害にはなりませんでした。
      ただ、JRなどの交通網が被害を受けて、私は数日間通勤に難儀しました。

      天王洲アイルのエキシビションは行けずに本当に残念でした。僅かにあった上京の夢も父の大病で吹っ飛んでしまいました。
      と、父のせいにしてはいけませんね。やはり私にとって東京は遠かったです。
      コロナ渦もまだまだ長引きしそうですよね。まぁ、今はささやかに、またこうしてブログを再開できた事を幸せに思わないといけないです。

      そうでした、ネオワイズ彗星。是非見たいですね。次に見られるチャンスは5千年後ですからね。

  2. お世話さまです。

    すみません。ファンテックのラインブレードは間違いです。
    正しくは、「スジ彫りカーバイト」でした。

    タイディリアムのスジボリの一部が捲れあがっている画像を見付けたので、当方のブログに投稿しますね。
    7月29日の予定です。

    それでは!!

  3. 初めまして
    多分こちらのブログでは初めての書き込みだと思います。
    こちらのブログは1年くらい前に「自分と同じようなことをされている!」と思いすかさずブックマークして後からゆっくり見ようと思い忘れていて、本日思い出しまして見させていただいておりました。
    ふとドメインを見てみるとkoshi50とありました。
    そして一番最初のエントリーでもkoshiさんと名乗っておりますよね。
    もしかしたら10年以上まえにプロップ解析の掲示板に投稿されていたコシさんではありませんか?遠い昔なのでハンドル名もコシさんであったかどうか自信がありませんがkoshi50.comをみて引っかかる物があったので書き込みさせていただきました。
    私はコシさんと同じくAT-STの解析をしていたかめいです。
    確かあのときは透明アクリルで足を作ったオリジナル?のAT-STを作られ始めていて程なく掲示板を離脱されましたよね。
    このブログにおかれましても過去記事に同じAT-STの作例がありましたので間違いないのではないでしょうか。
    当時の書き込みされていた人たちはキャベツさんこと鷲見さん以外はネットでお見かけしなくなっていて寂しく思っていました。
    それにしても内容の濃いブログですねぇ。
    これからもじっくり見させていただきます。

    1. こんにちは かめいさん。お久しぶりです!
      まずは、ご返事が大変遅くなってしまいました事をお詫びいたします。申し訳ありませんでした!
      まさか新しいコメントがいただけているとは思ってもいませんでしたので完全に油断しておりました。笑
      かめいさんのおっしゃる通り、あの時の私です。笑

      AT-STを創作していた時も随分拘っていましたが、あの時よりも年を取ったせいか、より一層頑固になり拘りが強くなったようです。
      おかげで濃いー濃いーブログを永遠に続けてしまっています。
      自分で言っちゃいますが、このファルコンは一生完成しない気がします。笑
      それに最近はめっきりAT-ATの創作に力が入っていますし…

      何にせよ自分のブログですので、自分の好きな様に自由に投稿を続けさせていただいております。
      こんな内容でも見てくださる方がいるのはとても励みになります。これからもどうぞよろしくお願いします。

      追伸
      当時私が書き込みをさせていただいていた掲示板は、途中で何か問題が発生し管理者の方がアドレスを変更されたのではなかったでしょうか。
      私はその後も掲示板に招待され、AT-STの書き込みを最後まで続け完成させたと記憶しています。ただその後管理者の方と気まずい関係になり離脱してしまいました。
      随分昔の事で、詳細はすっかり忘れてしまいましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です